寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

パーライトモルタルで作るロケットストーブ  


今シーズンの河川敷では、断熱材としてパーライトモルタルを使ったロケットストーブを使用しています。主たる意図は、将来的にステンレス煙突が溶けても断熱材が崩れ落ちてこないように、つまり耐久性の強化です。



材料は以下の通り(全部で約3000円)、工程は穴を開けて煙突を通してパーライトを混ぜたモルタルを流し込むだけです。



パーライト5リットル(278円)×2、モルタル20kg(498円)を丸々使いました。調合比は以下を参考にしました。
三井金属鉱業パーライト事業部

上記リンク先によれば、パーライトモルタルは通常のモルタルに比べ、軽量で、断熱性に優れ、耐熱性においては通常モルタルの約8倍を誇るそうです。

ロケストの問題点の一つに耐久性とコストの天秤があると思います。レンガや耐火モルタルを用いると値段が跳ね上がるので、パーライトモルタルが折衷案になればと思っています。

さらに言うなら、穴が開くことが前提であれば何もステンレス煙突を用いなくても良いのではと思うのですが、今回は代替物が見つからず(ダンボールで筒を作っておいて最初の燃焼時に燃やしてしまうとか色々考えましたが)、妥協しました。こうしたローテクツールに3000円もかかるというのは、やはり少し気持ち悪いです。



燃料として火力の強い笹を用いようと思ったのが、耐久性の問題を再考した理由です。



笹は刈り取ってもワンシーズン経つと2~3メートル生えてきます。地上部分を何度も刈り取っているとやや弱体化するらしいですが、ほぼ無尽蔵の燃料があると言えそうです。



なお、実験段階ですので類似の物を作成して爆発しても知りません。念のため。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ロケットストーブ
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

カセットコンロが必要になる瞬間  


前世代的な道具を使って遂行される小屋暮らしでも、イザというときにそれらの上位互換ツールに頼れるかどうかで、難易度が全く変わってくる。たとえば、薪ストーブの上位互換ツールは石油ストーブだし、ソーラー(これは次世代か)の上位互換ツールは市販電流だし、沢水や井戸の上位互換ツールは水道だし、バイクの上位互換ツールは車(下位互換ツールは自転車)。

外出するとわかっている朝は薪ストーブを稼働させるより石油ストーブで済ませたい。常日頃はバイクで良くても、雨の日にバイクで出かけるのは面倒くさいし、雪や強風だと使えなくなるし、屋根がある車があったらなぁと思うこともしばしば。一年のうち350日をバイクで生活するのと、365日をバイクで生活するのとでは、難易度としては何倍も違う。

また、小屋自体の上位互換ツールとして実家やアパートがあれば、イザというときにリセットすることができる。やはり、一年のうち350日を小屋で暮らしてイザというときに安全な場所でリセットするのと、365日全てを小屋で暮らすのとでは、雲泥の差である。(これに関しては僕のように、ネカフェや旅行などを上位互換ツールの代替とする方法もある。するとどんなボロ宿でも天国のように感じる)

365日毎日三食必ず抜かりなく家族に食事を提供する主婦が如何にすごいかということである(?)。

僕は持っている上位互換ツールもあるし、無いものもあるし、別に上位互換ツールを持った方がいいと言いたいわけでもないし、逆に上位互換ツールを持つのがズルいと言いたいわけでもない。ただ、事実として、保険なしで全体性を考えようとすると、途端にいろいろなことを緻密に確実に考えたり計画したりしなければならなくなって、精神的にもしんどい。

ロケットストーブの上位互換ツールはカセットコンロで、日常的にロケットストーブを使っているとカセットコンロがいかに便利かということが身に沁みてわかる。

P1070641.jpg

一日のスパンで言っても、全部ロケットストーブでまわすことも不可能ではないが、カセットコンロを組み入れていった方がずっと楽である。例えば、夕方ご飯を炊いたりしてロケットストーブで一通り炊飯を行った後、残った火の上にヤカンを置いておくと、食事が終わる頃にはそこそこ熱いお湯ができている。しかし、そのお湯を沸騰させるためにそこからまたロケットストーブを稼働するとなると一苦労である。だから最後の沸騰はカセットコンロのあの青い火に任せる。すると一瞬でおいしいコーヒーが飲める。これは一例だが、こういう瞬間がいくつもある。

P1070634.jpg

このアナグマ、ずっと向こうの方から律儀に林道を歩いてきて、写真を撮ってもこちらをチラチラ見るだけで逃げる素振りを見せないし、この後も道なりに歩いて行って、後ろから付いていくとたまに止まって振り返って待っていてくれる。付いておいで、と言ってるかのよう。小屋が見えなくなるくらいまでついて行ったところで突然姿を消してしまった。きっとそのあたりに金か銀かあるはずなのだが、点在するこごみばかり。日本昔話は作り話だったのか?

P1070631.jpg

昨日採取したゼンマイ、一晩漬けておいたらこんな毒々しい色に・・・。

P1070645.jpg

ゼンマイ炊き込みご飯を作ってみたが、まだ少し苦い。苦いだけじゃなくて、昨日煮沸しすぎたのか、歯ごたえが全く無い。こごみは適当な大きさの皿が無かったフレンチスタイルで盛り付け。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ロケットストーブ
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ