寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

コンポストトイレに変な虫  


我が家のコンポストトイレに、蛆虫でもフンコロガシでもない、親指ほどの大きさの虫が大発生。

写真 (気持ち悪いので見ないほうがいいです)

蓋を開けると空間の広がりを察知してか羽をモゴモゴ、飛翔の準備をはじめ、しまいにはブーンと舞い上がってくる。最悪である。

トイレに関しては、汚物を狭所に閉じ込めるとロクなことがないので、ただ単に外の環境に放り出すような仕組みが最も良いのではないか。つまり、野ぐそを屋内からできるような仕組みである。そうすれば夏なら諸々の分解部隊がやってきて一日で跡形もなくなるのであるから、都市ならともかく、土や森がある環境ではそれが最も自然かつ清潔であるように思う。ただ単に自然の循環の中に戻す。

法律はさておき、他に代替可能な有機物がたくさんあるので、わざわざ人糞を堆肥化する必要もないだろう。

僕はこういうのにかなり耐性があって、つまり見た目の美醜と実害の有無とをきちんと区別できるのだが、さすがに気持ち悪くなってコンポストを一回空にしてリセットした。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: コンポスト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コンポストトイレが報せる春  


日中の気温が15度程度になってくると、コンポストトイレが息を吹き返す。南向きに開けた通気口のせいで、おそらく温室のように暖かくなるのだろう。

我が家で真っ先に春の訪れを報せるのはコンポストトイレに出現する小バエである。詳しい種類は知らないが、いわゆる銀バエなんかよりもずっと小さい、飛んでも音すらしないような、薄色の小バエ。

それが、コンポストトイレに投げ込まれた諸々の諸々の諸々のものが創り出す、おそらく彼らの目には奇跡の楽園と映っているであろう箱庭の中を、のそのそと這いずり回るようになる。

それと前後して、これまたコンポストトイレに放り込まれたキャベツの芯やらエノキの石づきやらが、コンポスト内の諸々の諸々の諸々の養分を吸って、新しい芽をニョキニョキと生やすようになる(摘み取って食べられそうである)。

前に書いたように(参考:コンポストトイレの蛆について)、生ゴミや汚物の処理のプロセスとしては、このコンポストトイレという中間プロセス自体が何か余計なもののように感じていて、もう少し直接的に自然の循環の中に戻せないものかと思うのだが、この奇跡の楽園を一日10分程度上からじっと眺めるのも心が洗われるところがあるので、むしろ瞑想に代わる新しい「コンポストトイレ観察による心の浄化法」のような癒し系セミナーを立ち上げたらどうかと、そんなことを考えている。

さてこうしてコンポストトイレに春が訪れた後に、少しずつ室内でハサミムシを見かけるようになったり、玄関先でカメムシを踏みつぶすようになったりして、やがて、木々が緑めいてきて、堂々たる春が訪れるといった具合である。

もう少しすると、この楽園は、ハエ・アブ類の子孫によって「大地蠢く」ようになる。

今日は少し下品な話になった。お口直しに、諸々の諸々の諸々のものをまぶして作った芳香漂うフレンチトーストの画像をお楽しみください。

P1050088.jpg




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: コンポスト
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ