寝太郎ブログ

2018年12月6日雑誌発売→『kotoba(コトバ) 2019年 冬号』特集・孤独のレッスン

いくら稼ぐべきか(平成27年版)  


年収と税金・社会保険料の関係、最新版を作りました。

tax26s.jpg

詳しいバージョンはこちらです。

tax26ll.jpg

・平成27年現在(前年の所得に基づく)、山梨県、独身での計算。各値には地域差あります。

・表内の「収入(給与)」とは、給与収入のみで給与所得控除を適用した場合、表内の「収入(事業)」とは、事業収入のみで青色申告控除65万円を適用した場合です。事業収入の値は経費がゼロだった場合なのであくまで参考値です。

・表内の「収入(給与と事業)」とは、給与収入と事業収入を同時に得た場合で、給与所得控除と青色申告控除65万円を同時に適用した場合です。ただし、値は給与収入と事業収入をうまく配分した場合で、たとえば給与10万円と事業140万円で合計収入150万円などの不均等な場合は、この限りではありません。

・所得控除については、社会保険料控除のみ計算に入れました。

・国民健康保険の減免は勝手に計算されますが、年金の減免は毎年7月までに自分で申請しなければ適用されません。(※全額免除のみ自動更新が可能です)

・年金は40年間中25年間以上保険料を払ってないと、1円ももらえません(平成27年から10年間に短縮)。学生特例や全額免除や納付猶予は支払わなくても受給資格期間に算定されます。

---------------------------------------------------------------------------------------------

Bライフ的に重要な一つ目のラインが、市県民税が完全に非課税になる所得28万円、あるいは健康保険の7割免除が適用される所得33万円です。給与所得者の年収で言うと93万円あるいは98万円です。このとき、税金や社会保険料を全て合わせて月額2000円前後。

それが無理なら、年金の全額免除と健康保険の5割免除が適用される所得57万円、給与所得者の年収で言うと122万円が二つ目のラインです。


以下、具体的な減免の条件---------------------------------------------------

・所得税・・・基礎控除が38万円なので、所得38万円以下で税額0円。それ以上は累進課税(詳しくは国税庁HP参照)。

・復興特別所得税・・・所得税(基準所得税額)の2.1%。

・市県民税・・・均等割(5500円)の非課税基準が28万円、所得割の非課税基準が35万円。所得割は(所得金額―所得控除額)×10%-税額控除額。(詳しくは各自治体のHP参照)

・国民健康保険・・・所得割((所得-基礎控除33万円)×8.8%)、資産割(固定資産税により計算)、均等割、平等割の合計が保険料。このうち、所得33万円以下で均等割と平等割りが7割軽減、33万円~57.5万円で5割軽減、57.5万円~78万円で2割軽減。(詳しくは各自治体のHP参照)

・国民年金・・・月額15250円(ただし、H26年度の実際の保険料額)。所得57万円以下で全額免除(1/2納めたことになる)、所得が<78万円+社会保険料控除額>以下で3/4免除(5/8納めたことになる)、所得が<118万円+社会保険料控除額>以下で1/2免除(6/8納めたことになる)、所得が<158万円+社会保険料控除額>以下で1/4免除(7/8納めたことになる)。(詳しくは日本年金機構のHP参照)




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 法律概要
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

土地の探し方  


Bライフに適した土地の探し方です。

1.不動産屋経由
これが一番手っ取り早く、一番お金がかかります。インターネットでも、田舎暮らし系不動産屋のホームページや、物件情報のポータルサイトがたくさんあります。田舎暮らし関係の雑誌にもかならず物件情報が載っています。かなり良心的な不動産屋もありますが、一般に値段は高くて、評価額の何倍~何十倍と思われる値段で売られていたりします。
田舎の土地の値段に通じている人は、売値を見たら目ン球が飛び出るかもしれませんが、地道に探す手間を考えたら、このようなサービス経由で思い切って買ってしまうのも一つの選択肢です。

2.行政の支援
行政の後押しには大きく二種類、過疎地の就農・定住支援という積極的な支援と、空き家バンクという消極的な支援があります。空き家バンクは、おそらくその信頼性も手伝ってか、非常に人気が高く、あっという間に成約してしまうようです。田舎暮らしの本にはよく、「空き家+畑で月10000円である」などと書かれてますが、相当、運&タイミングがよくないと見つからないと考えておいたほうがいいです(と、物件に問い合わせたときに、市の担当員の人が言ってました)。売り物件も然りです。ちなみに、空き家バンクなどを利用しても、契約時に強制的に不動産屋の仲介を挟まれ、従って仲介手数料も取られることが多いようです。

3.森林組合
各自治体に森林組合という組織があり、山林売買の仲介を行っています。基本的には資源として使うことを想定した山林売買で、林道すら繋がっていないような山が坪100円くらいから売られています。
ただし、小規模の物件は少なく、ヘクタール単位での取引が多いです。また、物件数自体が少なく、売り物件がたくさんあって自由に選べるといった状況ではなく、条件を提示しておいて、適当なものが出てくれば紹介してもらえます。意外と広く快適に住める掘り出し物があるのかもしれませんが、山を管理できない人は組合には敬遠されるでしょう。

4.競売・公売
競売を用いて格安の初期投資で生活を始めたという人の話はよく聞きます。特に、山林などであれば、債務者を追い出したり、債務者が居座ったりということも無いようです。また、競売価格は市場価格の7~8割と言われていますが、田舎物件の場合は市場価格自体が不適切に高いので、競売の存在意義は大きいと思います。

5.自分の足で探して直接取引
闇雲に探すのは無理。法務局に行って土地の持ち主を調べるのにも一件500円かかります。まずは賃貸で生活しながら、地元の人に空き家や空き地が無いか聞いてまわるというのが常套手段らしいです。うまくいけば評価額相当で譲ってもらえます。

6.インターネットの個人売買サイトや、官公庁オークションなど
あまりよく知りませんが、物件の絶対数が少ないと感じます。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ■概要
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

テント暮らし概要  


神奈川の相模川沿いに土地を買って、拠点としています。市街地に近く、数百メートルの場所にコンビニと牛丼屋がある他、100均やホームセンターやスーパーや図書館など、必要なものはだいたい揃っています。羽田空港まで1時間、1000円弱です。

P1050602n.jpg

小屋が自宅という扱いであるのに対して、この土地は別荘のようなつもりで使っています。メンテナンスが必要なものは何も置かずに、テントをパッと張って好きなだけ滞在できる、逆に言えば好きなだけ留守にできる、つまり何もないただの野営地です。

P1040175n.jpg

この生活を始めるために掛かった費用は137,818円です。ほとんどが土地の値段です。土地は公売で見つけました。下見後に大手町で期日入札に参加し、最低入札価額90,000円のところを、余裕を持って111,111円で入札、無事落札しました。公図上は堤防と川の中までずっと当該土地が広がっています。

P1040755n.jpg

何もありませんが景色だけはいいです。富士山も見えます。

P1040178n.jpg
P1040158n.jpg
P1040205n.jpg
P1050541n.jpg
P1040435n.jpg
P1040729n.jpg
P1040473n.jpg

河川敷の土地を買う際に注意すべき法律は以下にまとめました。
→河川法について




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 生活概要
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Living in a $1,000 hut -for English readers  


This blog is for introducing you to my lifestyle, that makes the building cost ($1,000) and living cost ($150/month including everything) very low, and that enables me to just lie around as long as I like. I call it B-Life.

B-Life is Babyish life; it is executable for everyone through trial and error.
B-Life is Basic life; it is minimum necessary.
B-Life is Beginning life; it starts everything. One's starting point must be made by own.

Keywords: minimulism, nomad, tiny house, downsizing, simple, deposession, hut, shed, DIY, early retirement, semi retirement, barrack, small house.

P1030321nn.jpg

Name: Netaro (handle name), Tomoya Takamura (real name)
Birthday: May 6th, 1982. Japanese, male.
No fixed job
E-mail: mainen_netaro[atmark]yahoo.co.jp
Lisenced real estate broker (not my job)
Finished doctor course in philosophy
No DIY skills, completely amateur in carpentry.
The house is built by myself alone.
Using only hand tools, without making blueprints
Utilities: no electricity supplying (only photovoltaic power generation), no water supplying (drawing by myself near the house), bathroom (handmade), no shower room (a public bathhouse and bathing in nature), internet (smart phone and it's tethering), drainage (handmade)
Living cost: $150/month ($100 for food expense, $50 for others)
Realestate tax free

I have also a small riverside land. I use it as a tent site, the second house of mine.

P1040729n.jpg

I live in the hut during the winter and spring season, the riverside the summer season, and traveling inside and outside of Japan the rainy and typhoon season.

Tumblr: Small House Notes
I have a blog,
twitter, two books reporting small house movement, but they are written in Japanese.
Notes: this choice has nothing directly to do with Tsunami disaster on Mar 2011. In 2009 built I the house.




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 生活概要
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

寄稿など

カレンダー

カテゴリ