寝太郎ブログ

2018年12月6日雑誌発売→『kotoba(コトバ) 2019年 冬号』特集・孤独のレッスン

中古歩き旅お譲りします  


歩き旅を無料でお譲りします。2016年7月18日に新宿にて購入したものです。規格はだいたい300kmほどで、まだまだ成長すると思います。美品ですが、細かな傷などありますので、神経質な方はご遠慮ください。短い期間でも構いませんので、かわいがってやってください。再譲渡の際はお手伝いいたします。ツイッターDMまたはメールにてご連絡ください。

ssr.jpg

次は長岡市来迎寺駅からです。

小千谷~長岡
十日町~小千谷
南魚沼~十日町
越後湯沢~南魚沼
苗場~越後湯沢
みなかみ~苗場
沼田~みなかみ
昭和~沼田
渋川~昭和
前橋~渋川
桐生~前橋
足利~桐生
大泉~足利
熊谷~大泉
東松山~熊谷
鶴ヶ島~東松山
富士見~鶴ヶ島
志木~富士見
板橋~志木
新宿~板橋



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歩き旅
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

歩いているときは何も考えなくていい  


オリンピックを見ていても、日本人選手がんばれとはあまり思わない。しかし、愛国心は人一倍ある。僕は、日本が好きである。それは日本が安全だからではないし、便利だからでもないし、食べ物が美味しいからでもないし、お金を稼ぎやすいからでもないし、他国に対して何か誇れるものを持っているからでもない。僕が日本を好きなのは、端的に僕が日本で生まれ育ったからであり、歴史を共有しているからである。歴史というのは事実起こったことであり、事実というのは代替不可能であり、場所との出会いも、人との出会いも、一度起こったことは永遠に他のものには代えられない。「事実」の重みが僕を愛国せしめている。

僕が昨今日本に回帰しつつあるのは、死よりも生の事実への回帰と関係している気がする。究極の事実とは生そのものである。自分が自分として生まれ、生きつつあり、そしていつかは「生きた」と変化するであろうところの事実。

存在した者が、いまになって、存在しなかったということはもはやできない。生きたというこの深い闇に包まれた神秘の事実は、その者にとって尽きることのない永遠の路銀なのである。- V. Jankelevitch

僕はずっとこの事実を軽視ないしは敵視し続けてきた。自分が「生きている」ということすら何か物事を見るうえでの色眼鏡になるような気がしていた。だから生の事実よりも死の観念に引き寄せられ続けてきた。しかし、生によって死が見えなくなってしまうことがおそろしいのと同様に、死によって生が見えなくなってしまうのもまたおそろしいことである。


さて、今いるゲストハウスももう今日まで。自転車に乗りすぎて膝を痛めたり、扇風機当てて寝ていて喉を痛めたり、当初二日の予定だったところが一週間になり、二週間になり、なんだかんだで長居してしまった。

ちなみに自転車というのは、ギークハウス新潟の人が競売で買ったという旅館を、タイヤの擦り切れたレンタル自転車で往復60km、見させてもらってきた。

P1000922.jpg

P1000931.jpg

P1000945.jpg

P1000936.jpg

思いのほかデカくて、調度品も綺麗だった。何が始まるんだろ。


歩くこと自体は、楽しいわけではないが、難しいことではないし嫌いというわけでもない。歩いているときは何も考えなくていい。調子がいい時は多少足が痛かろうとズンズン歩けるし、服が汗でぐしゃぐしゃになって少し息が上がるのが心地よい。調子悪いときは、あーつらい、はやく歩くのやめたい、休みたい、シャワー浴びたい、などということで頭がいっぱいになって、これはこれで別に嫌いではない。「それ以外のことを何も考えなくてもいい」という意味では、好調のときも不調のときも、どちらも同じことである。

大変なのは歩くことではなく、野営地を探すことである。ゲストハウスで一週間ほど一緒になった日本縦断中のリヤカーマン(御年75歳)もおっしゃっていたが、「歩くなんていくらでもできる。問題は今日どこに泊まるか。旅の苦労はそれに尽きる」と。一日歩いた後の寝場所探しほどつらいものはない。ようやく良さげな場所を見つけてテントを張っても、テントではそこまで回復しない。気温と湿度が完璧で、人目を気にする必要のない場所で、相当厚いアルミマットを敷いて、初めてテントは宿の代替として機能する。

P1000959.jpg

さてどうしたものか。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歩き旅
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

無題 小千谷~長岡  


寝ても覚めても体の熱が抜けない。熱が抜けないとまともな休息にならない。もうしょうがない、猛暑だけに。

P1000910.jpg

長岡に日陰はないらしい。

ss88_20160809095500596.jpg

さてどうするか・・・。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歩き旅
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

暗夜行路 十日町~小千谷  


今日も一段と歩きたくない。徒歩旅行の悪いところは歩かなければならないところである。

P1000856.jpg

ギルドハウス十日町、お世話になりました。朝一番に抜け出してきたつもりが、マスターの西村さんは既に近所で草刈りをしておられた・・・。

P1000859.jpg

しかし暑い。もう九時くらいになるとヤバくなってくる。語彙貧困の世代と言われてもかまわない、とにかくヤバくなってくるのである。旅程で最も目を引くものは佳景絶景でも傾国の美女でもなく、日陰である。生活必需品とは何か。衣食住日陰である。8月8日は何の日か。日陰に感謝する日陰の日である。

P1000865.jpg

僕も暑い、オニヤンマも暑い。

P1000880.jpg

十日町の神明水辺公園。もう今日はここでいいや。

P1000879.jpg

川が流れていたので、さっそく水浴び。

P1000881.jpg

石に干しておくと一瞬で乾く。

P1000884.jpg

ここはきれいな洗面所もあるし。

P1000883.jpg

カッパもいるし。

何時間いただろうか、午後五時くらいにハタと思い立って、再び歩き出す。

P1000890.jpg

暑くない。歩ける。けど、新潟の夜って暗いのね・・・。

P1000896.jpg

足元が見えないほどの暗闇が続く117号線上で一瞬迷ったが、一泊4500円は出せない。

ss88.jpg

結局、今日も30km歩いてしまった。しかしいくら涼しくとも交通量のある道での暗夜行路はやめた方がよかった。反省している。

P1000900.jpg

AirsCafeかなりよかった。僕がよく使う快活クラブにはないシャワーが無料。マッサージ機も無料。他にも随所にネットカフェとしての気概が感じられた。料金は快活クラブと同じで一番安い料金が自動計算される後払い方式。

P1000901.jpg

P1000903.jpg

暗夜行路の末に足の裏を労る、これすなわちアンヨ行路。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歩き旅
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

寄稿など

カレンダー

カテゴリ