寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

HATAKE その11 借りた  


畑を借りた。


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ


800平米、賃借料は無料、自治体経由(農業委員会の遊休農地斡旋)




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 家庭菜園
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

本が出ました & モバイルハウスのこととか  


本が出ました。→『Bライフ 10万円で家を建てて生活する』

ブログやホームページの内容をベースに、基本的には一から書き下ろしました。

ブログやホームページやってて一番違和感を感じていたのは、何の計画性も無い行き当たりばったりの生活であるのに、何か緻密な計算の元で行われたライフスタイルとして肯定的に捉えてくださる方が多かったこと。

後からいろいろ知識や情報や考え方を付け足して書いているので、そういう誤解が生まれるのかもしれない。その辺の「ちがうんだよなぁ」っていうところはちゃんと本に書いたつもり。こんなに適当でも普通に生きられますよってこと。で、最低限生きていれば、それ以上何に幸せや満足を感じるか、何を求めるかは本当に人それぞれだし、金があるないっていうのはほとんど誤差の範囲でしか効いてこない。


以下、前の記事のコメントの返信が長くなりそうだったのでここに書きます。


>じじぃさん


「生活を売ってしまって残念」というコメントでした。

確かに、ブログをやり始めてからは、何かやりながら「これはどう他人に説明できるか」と考える、つまり他人の視点に移る瞬間が多くなった(私は何かし始めると周りが見えなくなってしまう性質なので、そのくらいがちょうどいいのかもしれない)。それに本を書いて金をもらう以上、「生活を売っている」というのはあながち否定もしきれない。

他人に関することを書いたり、小説の登場人物に考えを語らせたりすれば、何の責めも受けず、自分の生活を表現すると「生活を売った」と言われるのは不公平だと思うけどね。


>保さん


坂口恭平さんのモバイル号に関しての情報提供をいただきました。

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201108160151.html


半年前も書いたけど、モバイル号そのものはいいとして、それをどこに置くのか、本当に市民農園にモバイル号を置けるのか、この肝の部分が、法律上も実際上も怪しいように思う。「畑を借りて、車を置いて、晴耕雨読」は考えたことがあるけど、そのときは無理だと判断してやめた。

建築基準法は建物に関する法律だけど、農地法は農耕「以外」の使用目的を制限する法律。農地に車や資材は置けないから、モバイル号を置けるとは思えない。市民農園の地目は農地だと思うけど、違うのかな。

また市民農園だと実際上、畑を区画して分けているものの一つにモバイル号を置いて生活することを管理者がこころよく思うとは思えない。

坂口さんが、普通の畑ではなく、「市民農園」と言っているのは何か理由があるのかな?市街地で暮らすことができるということだろうか。それとも、なかなか手に入りにくい極小区画の土地を手に入れる方法ということだろうか。あるいはトイレなどが使えるということ?・・・と挙げていたら、確かに市民農園にはいろいろ利があるのかもしれない。


もし、市民農園にモバイル号やそれに類似する小型住居を置くことができるなら、非常に魅力的であることは間違いない。畑やトイレはもちろん、シャワーがついてる市民農園もある。本当に可能なら、自分が試しにやってみたい。地方の市民農園なら、10坪で年10000円とかそのくらい。でもたぶん、無理なんじゃないかなぁ。


あるいは、普通の畑にモバイル号を置けるなら、もっと広い畑をもっと安く借りて、気楽に生活を楽しめる。トイレやシャワーはないけどね。


日本で最もセレブな市民農園。

http://www.agris-seijo.jp/

シャワールーム、ロッカー、農具から無料肥料まで完備。

たった6平米で年10万円だけど、年10万で都心に拠点ができるとしたらすごい。

まぁここにモバイル号を置くのはさすがに無理だね・・・


-----

8/20 追記

秀和システムさんのページに本に関する紹介文や目次などが載ってます。

http://www.shuwasystem.co.jp/products/7980html/3061.html

Amazonなどに反映されるまで時間がかかるみたいです。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 出版
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ