寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

『脱資本主義宣言』(鶴見済 著)  


本日発売の、『脱資本主義宣言』(鶴見済 著)


脱資本主義宣言: グローバル経済が蝕む暮らし
鶴見 済
新潮社
売り上げランキング: 1208
日本(あるいは「北」の国々)に住む我々には、「大量生産⇒大量消費」としか見えないプロセスでも、本当は「(資源の)大量採取⇒大量生産⇒大量消費⇒(ゴミの)大量廃棄」という一連の流れなのだ。

(中略)

またこの始まりと終わりは、「南」の国々に押しつけられることが多く、そこで環境破壊や健康被害や搾取が起きているが、それも同時に見えなくなっている(最近では「大量生産」の過程までもが「南」の国々に輸出されて、我々に見えているのは「大量販売⇒大量消費」のみになりつつある)。(p.41)

細かいことですが、気になったのは、1章の章題が「身近にあるグローバル化の被害」になっているんですが、要は、身近と言うのは日本人の身近だとすれば、被害というか、加害?


後半は、資本主義の入門のようなことと、人間が、自然の循環と、宇宙全体から見て、どういう位置付けにあるのか、というようなことが載っていました。「自然界とのつながり」は若干浮いてるような気もしました。


内容はオーソドックスで、鶴見氏でなくとも誰かが類書を書いた(あるいは私は知りませんが類書が既にある)であろうと思われます。
でも、みんなが思っていることを、ネームバリューのある人がわかりやすく書いてくれることに価値があるんだと思います。


以下の点は、不同意でした。

この先はカネや経済により依存しない、他の生き物に近い生き方を目指すべきなのだ。

私は、お金を使ってもうまいことやっていけるくらい、人間が賢く進化することを信じています。


個人的に一番気になったのは、「おわりに」で書かれていた、執筆の動機です。

「生きづらさ」「どうすれば楽に生きられるのか」ということを考えてきて、ある時期から、楽に生きるためにはこの「経済の仕組み」を何とかしないとダメだろうと思い始めた、らしいです。


「生きづらさ」ということは私もよく感じるのだが、鶴見氏の言う「生きづらさ」とは、氏のwikiに


>自分たちを苦しめてきた生きにくい社会(人間界)のしくみへの批判(とくに競争社会、格差社会、新自由主義、右傾化、改憲論などへの批判)


とあるように(ソースがwikiですみません)、社会的なものだそうで、そういう生きづらさって私は感じたことが無い。


私の感じる生きづらさは、イデオロギーや経済状況以前の問題で、全面的に共感・賛成しているわけではないけれど、敢えて名前を挙げるとすれば中島義道的な生きづらさです。


この本が述べてくれたグローバルの危機を一切無視して勝手なことを言うならば、「高消費かつ自由経済」というのは、ちょっと見栄や外聞を捨てるとエアポケットができて、私のような生きづらさを感じている人にとっては、かなり生きやすい。

エアポケットというのは、金銭的な意味でもあるのだが、何と言うか、それこそ「空気」のエアポケット?

イデオロギーや経済云々以前に、ワタクシ的な生きづらさを感じている人は、むしろ進んで空気のエアポケットに入ったほうが安心できる。

これは、低消費でも、計画経済でもうまくいかない。

高消費かつ自由経済だからこそ、理想的なエアポケットができる。


云千万円するマイホームなんて、「南」の犠牲の上に成り立ってる頂点みたいなものだから、小屋という偏差値の低い(高い?)暮らしをしていると、いろいろ経済やイデオロギーについても関心は湧いてくるのだが、ただ、一番根底のところでは、それらは自分の関心に繋がってないな、というのはいつも感じています。


鶴見氏の「生きづらさ」が、最初から社会的なものだったのかどうか、どこかで社会に対する批判に変わったのか、氏の「生きづらさ歴」に興味があります。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 社会・経済
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

梅雨入り。  


最近、なかなかゆっくり山梨で生活できてません。

まあでも、東京と行ったり来たりする生活は自分には合ってます。もうちょっとだけ近いと楽なんですが。

こういうことができるのも、固定費のかからない家&生活ならではだと思います。


二作目の本が進んでいます。原稿は上梓(仮)したので、近いうちに本屋に並ぶのではないかと思います。

本には、Bライフ、というか、私の生活自体はあまり出てきませんが(特に何もしていないので出てくるわけがない。いろいろ出てくるのはBライフじゃない)、今の生活に至った動機などは少し書かせていただきました。


自分の書いた本によって、「やっぱりおまえにゃBライフが一番だよ」と教えてもらっているようで、不思議な感じです。


詳しいことが決まったらまた書きます。


鬱陶しいですね、雨。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 小屋の日常
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ