寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

vs冬将軍  


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

試運転のときの薪ストーブ。
焚きつけは、新聞紙、ダンボール、松ぼっくり、枯葉などで、特に松ぼっくりは林に行けば無限に落ちている。

まだ全然うまく燃やせなくて、特にチョロチョロ長時間燃やすのは本当に難しい。
太い薪が無いのも苦戦する理由のひとつだと思う。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

これが、適当に薪を放り込んでおいても自然に火がつくくらいまでストーブ内の温度を高めた状態で、これをやると、一瞬で室温25度以上になる。
正直、これが一番楽で、一度高温状態になったら、あとはちょこちょこ薪を加えればいいんだけど、ただ、これをやると本体がピシピシいってちょっと恐い。

薪の量や大きさからして、長時間の運転はきつい。
夕方つけて、一気に室温上げて、あとは寝るまで惰性で薪をくべ続けるんだけど、その間に消えてしまうときもある。
まぁ、室温は15度あれば快適に過ごせるので、余熱でごまかすこともできる。

アップにすると迫力あるけど、実際はこんなもん↓

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

そう、薪ストーブ導入に伴って、部屋の模様替えをした。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

机に向かってるときに火が見えるようにしたんだけど、気になって仕方がない・・・。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

関係ないけど、冬のロフト。狭くて暖かい。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

リヤカー本来の使い方。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

まだ薪置き場を確保してないので、波板とダンボールを被せて放ってある。

毎日、夕方になって冷えてくるのが楽しみ。
今夜はこの冬一番の冷え込みらしい。
かかってこいや!



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 薪ストーブ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

薪ストーブを設置  


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

以下、プロセスと費用。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

ビフォー。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

炉台はこんな感じ。
いただきものの耐火レンガと、よくわからん合板(モバイル号の残骸)。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

挽きまわし鋸で穴を開ける。
こんにちは、グラスウール。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

外側も穴開けて、SPF材で台をつくる。
こんなのは、建築の段階でやったほうが20倍くらい楽だけど、しょうがない。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

めがね石をはめて、よくわからん角材(モバイル号の残骸)で細工する。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

100均のキッチン用油跳ね防止アルミで壁を保護。
このくらいで大丈夫だろう?

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

こちらは外の煙突。
フタをパカっとやると掃除ができるようになってるナマケモノ仕様。

薪ストーブが6500円。
煙突まわりが9000円。
めがね石が1500円。
送料が2000円。

ガラス窓なしのストーブにしたり、曲がりをえび曲がりにしたりすればもっと安く納まる。

まだ未使用。
今夜は冷え込むそうですよ、ふふふ・・・




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 薪ストーブ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ