寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

ホッとできる場所があればずっとそこにいたい  


洗面所で鏡見たら、死相が漂っておる。ガタイもない英語ペラペラでもない僕は、このくらいのほうが超常的な威圧感を与えられて旅にはよいかもしれない。ピンチのときは手を合わせてブツブツ・・・

呪い攻撃はともかく、元々体力気力がない人間が病気でそこからさらに諸々吸い取られると、本人の身体感覚としてもとても辛い。自分の頭と体の中何も入ってないような、風船の気持ちが良くわかるようになる。

それで、ビョーキ治ったらどうしようかなと。

マイナーで危険な場所へ行ったり、バックパッカーの技術を磨いたりして達成感を得る年齢ではない。冒険心なんて一欠けらもない。

美しい景色?そんなもん日本の日常にいくらでもあるわい。面白い人?会ってどうすんだよ。珍しい動物?日本の半径1メートルの石ころどかしたほうがよい。見聞を広める?異国の文化知ってどうすんだよ。

とまあ自分の場合は、考えていくと一歩も動けなくなって本当に石像みたいに停止してしまうので、むりやりダイビングをしたいかのような感じにさせているのだが、突然ズボンに穴が開くくらいの大大殺界にいるらしく、ダイビングなんてしに行って大丈夫なのかという懸念がある。

P1050817.jpg

なるべく安全で、静かで、お金がかからなくて、人が少なくて、地域全体が旅行者慣れしていなくて、宿がちゃんとあって、ご飯の美味しい場所で、、、あとちょっとこう、なんか、理由はよくわからないけどホッとできるみたいなところがあれば、もうずっとそこにいたい。


* * *

・ごはーん

P1050820.jpg

バッチョイ55ペソ(≒127円)。はー、まずかったこれ。断じて自分の舌のせいではない。ボソボソの蕎麦みたいな麺。もう薬もやめて熱もかなり下がった(37度)のだが、食欲ぜんぜん戻らない。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: フィリピン
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

おかゆ食べたい・・・  


あぁついにマンゴーも・・・まずい・・・。食べすぎて飽きたという可能性もあるが・・・。

昔、何度もこういう事態、つまり味覚や食欲を犠牲にして抗生剤や解熱剤を摂取しなければならない事態があったはずだが、はて、一体どうやって回復まで体力保ってたんだっけ?点滴とか打ってたんじゃないっけ?食べ物を食べないで点滴も打たないとどうやら人は死ぬらしいですよ・・・。

はぁ、おかゆ食べたい・・・。真っ白なとろとろのお粥に梅干を添えて、鰹節を散らし、醤油を垂らして、スプゥンで一口ずつ食べたい。

Google先生、和の国より遠く離れたこのような地において、わがままは百も承知なのですが、わたくしめの近くにおかゆやさんはありませんでしょうか。

P1050813.jpg

あった。

P1050814.jpg

あったぞ。

P1050815.jpg

SMショッピングモールのフードコートの中にあった。トッピングにより、30~40ペソ(69~92円)也。

P1050816.jpg

なんか少ししょっぱい???本当にしょっぱいのか、自分の舌がおかしいのか、もはやわからない。サラダもしょっぱく感じたので、もしかしたらそういうことかもしれない。まあ、ちょっと期待外れだったものの、完食。ごちそうさまでした。

ぼけなすfuckingATM野郎に盗られたクレジットカードを奪回してからも、暗証番号を勘違いしていたりして、タクシーも乗れないくらいの現金不足まで追い込まれたものの、なんやかんやで本当にギリギリ滑り込みセーフで「開通」した。ひと安心。滑り込みアウトだったらどうしてたのかはよくわからない。体調悪くてそれどころじゃなかった。

まあ、食欲無いだけで戻しちゃうわけじゃないんで、適当に栄養は送るんで、あとは僕の体、特にマクロファージとか、ヘルパー・キラーT細胞とか、がんばれー。僕はキンドル無料本とか読んで待ってるんで、フレーフレー。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: フィリピン
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ