寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

訪れた唯一の春の朝を逃さないように  


今日は僕が好きなフランスの哲学者、ヴラジミール・ジャンケレヴィッチについて。

Vladimir-Jankelevitch.jpg

ジャンケレヴィッチは決してメジャーな哲学者ではなく、日本の大学の講義やゼミなんかではあまり扱われないし、哲学科の学生ですら知らない人が多い。確かにジャンケレヴィッチの著作は哲学らしい論理的な思想体系とは言いにくい部分がある。フランス系の哲学者に多いのだが、体系を作り上げるというよりも、自分の確信した真理を何度も何度も詩や音楽のように言葉を変えて繰り返すのである。

その真理というのは、「死の虚無」と「生の神秘」である。どちらか一方ではない。その両方を誤魔化さずに直視する。ジャンケレヴィッチの対談集『死とはなにか』の編者曰く、

ジャンケレヴィッチは・・・「死の虚無」から目を逸らさず、また「存在と生の神秘の扉」を閉ざすこともしない。『死とはなにか』p.10

たとえば、「死の不安」の出どころを的確に表現して曰く、

自分の人生の内部にいながら、自分で自分を見渡す、つまりその外に立つという矛盾から、死の不安が生まれるのです。この不安は、内側から生きるとき永遠として思われる生と、外から見るとき有限であらざるをえない生との衝突から生まれます。『死とはなにか』p.21

「生の無意味さ」も言い表すところ明快にして、

生の内部で生に関する限り、物事は目的を持っています。生には内在的な目的があるのです。私の一日、私の仕事には意味があります。意味がないのは、その全体なのです。私の人生は、たぶん、他の人生に対しては意味を持つかもしれません。だが、死によって閉ざされた私の人生全体には意味がない。『死とはなにか』p.28

「逃げ道」も躊躇なく塞ぐ。

たとえば、来世とは未来の人類のことだと言うひとがいます。そういうひとは、子孫に、未来の人間に自己の再生を夢見るのでしょう。かくして、人類は永遠であるというわけです。しかし、私には駄目です。『死とはなにか』p.45

宗教的解決も一刀両断する。

往々にして、信者は来世に対して容易に信仰を抱き、死を死後の生の入口として、彼岸を此岸の続きとして、より心地よい此岸として考えています。・・・私に言わせれば、これはとうてい真剣な態度とは言えません。『死とはなにか』p.49

こうして「死の虚無」を見つめはじめ、時空の無限性に意識を持っていかれると、いま目の前にしている生活のディテールが霞み、たった一瞬の「生」は限りなく収縮し押しつぶされそうになる。ジャンケレヴィッチも曰く、

私たちは自分がいずれ死ぬことを頭では知っているのですが、それを腹の底からは納得しないのです。もしそんなふうに納得したら、私はもう生きていけません。『死とはなにか』p.27

「死の虚無」を執拗に説き、そちらにばかり真理を見る哲学者はいる。たとえば中島義道がそうである。中島の場合は「死」を軸に自分自身のアイデンティティを確立してきた向きがあるので、実は彼が死を説くその裏側には大きな生が隠れているのであって、安易に中島を「死の哲学者」と取ることはできないのだが、いずれにせよ著されている内容は偏っている。「死の虚無」を誤魔化すことが欺瞞であるように、「生の神秘」を誤魔化すこともまた欺瞞である、つまり真理からは遠ざかるはずなのに。

また「生の神秘=実存」にばかり目を向け、それを称揚する芸術、宗教、哲学も多い。僕は仏教はこの部類なのではないかと思う。「自我」が何であれ、安易に「自我」の消去・解放を謳う仏教は、「生=実存」の消失・対極としての死、その虚無や恐怖というものに全く思い至らない、まともに考えられてすらいない、問題の俎上に上ってすらいないように思える(参照:仏教は何も教えてくれない)。

実存と死とは表裏一体であり、実存に気付くことは死に気付くことであり、死に気付くことは実存に気付くことである。ジャンケレヴィッチは「死」を「実存のおそるべき子供」と表現している。

「実存のおそるべき子供ともいえる死が嗤うと、優雅な仮象の世界に大いなる混乱が起こる」のだ。そのとき、もはや仮面や扮装は役に立たず、誤解の余地なき大いなる単純化が訪れて、一切の虚栄が拭い去られ、私たちはただもう慰安を求めるしかない。『死とはなにか』p.8

しかし逆に言えば、死に思い至った者は実存に気付くこともできる。今この瞬間にここにいる神秘、すなわち生の神秘、存在の神秘に気づくことができる。

私の言うのは、私の人生やあなたの人生、私たちがいま、この瞬間にここにいるということが、よくよく考えてみれば、とても不思議なことだということです。『死とはなにか』p.50

そしてその神秘は、物事の内部にいるだけでなく、それを外部から思考することのできる、つまり理性ある人間だけが知ることができる。

神秘とは、理性をそなえた人間、理性的な人間に対してのみ存在する何かです。死の内部にいると同時に、その外部にいる人間、死を考え、その限りで死の外へ脱け出す人間にとってのみ存在する何かです。『死とはなにか』p.57

つまり、「生の外部」に出るからこそ生でないものとしての「死の虚無」に思い至るのとまったく同様に、「死の外へ脱け出す」からこそ死ではないものとしての「生の神秘」に思い至ることできる、というわけである。

かくしてジャンケレヴィッチは「どうせ死んでしまう」的な諦めを嫌い、「死の虚無」に浸りすぎて「生の神秘」を見失ってしまうことに対して警告を発している。

「訪れた唯一の春の朝を逃さないように!」と忠告するジャンケレヴィッチが、諦観の哲学者たちを相手に挑む弁舌の試合は見ものだった。『哲学教師ジャンケレヴィッチ』p.116

「訪れた唯一の春の朝」とはなにか。もちろん人生の内部のあれこれの「春」ではない。生そのもののことである。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 哲学
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ