寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

結局苗を作る  


なぜ育苗が必要なのか。作物にもよるが、

1.収穫したいタイミングから逆算した播種すべき時期がまだ寒い。
2.水やりが大変(←今回実感した。直播きだと発芽まで畑中をまわって水をやらないといけない)。
3.室内にしまうなどして温度管理するため。
4.野菜は弱い。特に若い芽は虫、病気、雑草に負けやすい。
5.発芽率が100パーセントではないのでちゃんと育った苗だけを植え、畑に無駄なスペースを作らない。

このうち、どれが最も重要なのかよくわからないので、完璧な育苗からどの部分の手を抜いていいのかもよくわからないでいた。(Bライフ的な暮らしにとって必要なのは「最も良いやり方」ではなく「手の抜き方」のようなマニュアルである。)つまり、外界から隔絶する、室内に置く、地温を上げる、市販の育苗土を使う、水を十分やる、などのうち、どれを省略したら育苗をする意味が無いのか???

答えはよくわからないのだが、現実的には5の発芽率の問題が結構シビアだと感じた。ナスやピーマンをはじめ、現時点での発芽が半数に満たないものがあるので、やはりそのあたりの夏野菜は苗を育ててみることにした。

P1020785.jpg

土なんて腐るほどあるのに。「地球」って地の球なのに。と思いつつ、安さに負けて培養土も購入。198円でポット100個分足りるのだから、相対的に言うとほとんどタダみたいなもの。しかし、土を買わされるなんて悔しい。

P1020812.jpg

ここ数日、寒の戻りがあるものの、もうすぐ梅雨入りということで、もう温度に関しては気にする必要が無いのかもしれないが、半地下の育苗床を作ってみた。

P1020815.jpg

トマト、ナス、ピーマン、とうもろこし。入りきらなかったので比較実験のため、半分は普通に土の上に置いた。

もっとも、ちゃんと発芽して大きくなりさえすれば、移植しない直播きのほうが強く育つとも聞く。つまり、育苗をすっ飛ばして楽をしたようで、実はジョウロを抱えて歩き回って最もハードな(だができた野菜に限って言えば品質は良くなるはずの)道を行っていたということか。

ここ数日で新たに人参、冬瓜、ネギ、とうもろこし、なす、ピーマン、ミニトマト、アルギュラ、のらぼう菜の発芽を確認。

〇ミズナ
〇カブ
〇オクラ
〇ジャガイモ(苗)
〇ビーツ(苗)
〇サツマイモ(苗)
〇里芋(苗)
〇トマト
〇ほうれん草
〇枝豆
〇チンゲン菜
〇シュンギク
〇小松菜
〇インゲン
〇ラディッシュ
〇大根
〇ゴボウ
〇メロン(種&苗)
〇レタス
〇チマサンチュ
〇ブロッコリー
〇キュウリ(種&苗)
〇ゴーヤ
〇ニンジン
〇冬瓜
〇ねぎ
〇とうもろこし
〇ナス(種&苗)
〇ピーマン(種&苗)
〇ミニトマト(種&苗)
〇アルギュラ
〇のらぼう菜
〇カボチャ
青シソ
赤シソ
わさび菜
葉ねぎ
パセリ
パクチー
ニンニク
とうがらし(苗)
スイカ(苗)

香草類は強いというイメージがあったのだが、音沙汰無し。それ以外はだいたい芽が出た。芽出たい、芽出たい。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ