寝太郎ブログ

2018年4月11日文庫本発売→『スモールハウス 3坪で手に入れるシンプルで自由な生き方 (ちくま文庫)』

小屋暮らしの日常(夏)とFAQ  


このあいだ小屋に帰ったのが6月の梅雨入り直後だったので、約一か月ぶり。


・小屋暮らしの日常をダイジェスト動画で

小屋暮らしって、こんな感じ。



どっぷり小屋で暮らしている最中には、作ったものを写真に撮ったり一日の終わりにブログを書くくらいのことはできても、リアルタイムで何かを記録する気にはならない。逆に東京に居を構えて少し小屋暮らしと距離ができた今、動画を撮った。また冬に撮りたいと思う。


・非日常の昂揚

月一でたまに帰る小屋は、もはや「暮らし」ではない。小屋に帰るとフッと体の調子が良くなったり頭が冴えてきたりするが、これには非日常の昂揚感や緊張感・精神集中が混じっており、それはたとえば山登りの昂揚感や緊張感・精神集中と同じであり、日常としてのそれではない。ただ、こうした大小の環境の変化による昂揚感をうまく積み重ねながら生きてゆくのが普通なのかもしれない、と思ったりもする。


・恋人結婚どうする問題

これは、よく聞かれる&話題になるのだが、自分の小屋暮らしは、伴侶を得て子を産み育てるといった「家族物語」とは関係ないところに浮遊しているので、小屋暮らしがそうした物語の中のどこに位置付けられるかと問われても、何も答えがない。


・「虚しい」問題

よく聞かれる&話題になる問題をもう一つ。全てが虚しい・無価値ならば、生きることも無価値であり、したがって死や自死に直結するのではないか、というような種類の質問がよく来る。論理的には正しいが、論理に従って生きているわけではない、というのが簡単な答え。

少し踏み込んだ答えとしては、価値が有る無いという視点は生の内部でのみ意味を為す視点であるから、「全てのものは無価値である」と言ったときに、その全てのものに「生そのもの」は含まれない(このことは単純な一階の論理構造からはわからない)。だから、無価値でもとりあえず気にすることはない。


・アニメ映画に書影が映るとか映らないとか

近日公開の『未来のミライ』(細田守監督)というアニメ映画に、拙著『スモールハウス』の書影が映るとか映らないとか(たぶん本棚の一冊とかじゃないかな)。映画見る人いたら探してみてください。


・畑

ジャガイモは失敗かもしれない。芽かきはしたが、草取りが不十分で、イモが大きくならないままに葉が枯れて収穫時期になってしまった。自分で食べる分にはいいが、売り物にはならないだろう。やはり東京から通うのは無理があったか。

P1040418.jpg

枝豆は順調。枯草が倒れたままのところへ食用大豆をワーッと撒いて、覆土すらしなかったが、雑草にも負けず大きくなって花も咲いた。

P1040430.jpg

畑も含めて、何がどうなってゆくのか、全然わからん。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 小屋の日常
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ