寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

徒然2  


昨晩、アンテナが緩んでて方向が変わってたのを直して、無事テレビを見られることに。

初回より人生番組になっちゃってて残念だった


印象に残ってるのは、ご主人が


「(息子に)本の世界にこもって欲しくない」


だったか、一字一句覚えてないけど、そんなようなことをおっしゃってた。実体験から学んで欲しいとかそういうことらしい。
気持ちはわかるんだけど、言葉や文字、記号に書き表して受け継がれてきた知識の恩恵をどれだけ受けているか、あるいは過去の人が、自然や直観をあるがままに放っておけば楽なのにそれを記号化するためにどれだけ苦労してきたか、ご主人は考えたことがないんじゃないかな、とそんなことを思いながら見てた。


コンクリの上、ビルの中で、文字だらけの生活を送りながらも、生態系の一部であることを忘れてはいけないように、どれだけ山暮らしや自給自足の生活をしていても、ともすれば軽視されがちな人間の非直観的な部分を忘れてはいけないと思う。


直観や感情を完全に優先して行動できれば楽だろうし、逆に、全て記号的・論理的・情報処理的・機械的に動ければそれはそれで楽だろうし、でもその狭間にあるから悩み・不安・後悔・迷いなんてものもあるわけで。


-----------------------------------


ひきこもれ―ひとりの時間をもつということ (だいわ文庫)
吉本 隆明
大和書房
売り上げランキング: 38384



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ■未分類
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


8 ■無題

直観で生きるにしろ、非直観でいきるにしろ
どちらも脳を使いますからね。

浮雲 #79D/WHSg | URL
2011/07/08 23:54 | edit



7 ■Re:Re:バランスの問題だろうね

>毎年寝太郎さん

教えるヤツの一方的な教え方になるだけだしね。先輩風というなね。

それならもっと同じ事を習うなら、感情なしのスタンダードなやり方を、本だけで勉強したいとは、僕も思う。

ケイ #79D/WHSg | URL
2011/07/08 21:22 | edit



6 ■Re:バランスの問題だろうね

>ししゃもさん
>ケイさん
>yoiyoiさん

現代の、頭より体で、知識より経験で、という風潮は、とんでもない勘違いだと思うんです。

まぁこんなところで反論の余地も与えないままに批判するのはよろしくないですね・・

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/07/08 21:14 | edit



5 ■Re:山の生活

>タイの田舎大好きさん
惣菜買ったほうが安いのかー。
なんちゃって田舎生活いいですよね、タイにしろ日本にしろ
前にタイの南のほうの島にいたときは、一ヶ月800バーツで部屋を貸してもらってました。ご飯は何食ってもうまいし、天国かと思いました。飛行機代なんて簡単にペイしちゃう感じです。そこそこいいアパートとか借りるとどのくらいするんですか?

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/07/08 21:07 | edit



4 ■バランスの問題だろうね

日本的認識論を打ち立てた西田幾多郎の哲学の純粋経験を思い出しましたね。フッサール現象学のように記号の意味を追求することも大切だし、哲学を極めると言葉にすらできないほどの経験世界の重要さも重要と感じます。

ししゃも #79D/WHSg | URL
2011/07/08 21:06 | edit



3 ■Re:無題

>yoiyoiさん

僕も、内容がよくわかってないけど。。
お母さん、も、お父さんも親心だと思います。そのご意見賛成。
活字や記号だけから、深く教わった事ってないです。

イイとか悪いとかでは、なくて、親が子に
伝えようというなにかこうある種、愛情かもしれないと思う。

文字や教科書だけを当たり前の生き方的に子供に、教える人もいてたり。

なんか、
真面目に書いて、ゴメン。

ケイ #79D/WHSg | URL
2011/07/08 21:04 | edit



2 ■無題

お母さんは知識を否定されてるわけじゃなく、そういう生活をされてるってことは、いろいろ経験されて酸いも甘いも味わって
教科書の上の形而上学や形而下学だけじゃなく
現実はどういふうになりっていて、いかにさばくのか
自分の能力はどれだけなのかをはかりながら生きてほしいっていう親心じゃないかな

yoiyoi #79D/WHSg | URL
2011/07/08 19:33 | edit



1 ■山の生活

先人の知識、知恵と自分の生活での経験、バランスが取れていたほうがいいですよね。
でも、学校教育は、知識重視なので、ご主人は、そのあたりを心配されているのかな?わかる気がします。

その点では、養護学校は、実践的な生活に密着した教育をしていると思います。

山の自給自足生活というのは、こういうバランスの取れた人向きですよね。
生活していく上での課題が常にでてきて、それを自分の持っている知恵、知識、情報から解決し、実践していく。

なんか僕には、この山自給自足生活は、すべては無理そうで、僕のように本当の万年寝太郎はタイのナンチャッて田舎生活のほうがアンチョコで向いてます。
タイは安食堂よりも、おかず屋さんでおかずを買っちゃったほうが安いです。自炊は、皆無に近いですね。
味噌、醤油、納豆、のりなら、デパート、コンビニでも安く手に入りますので、好みの味付けもできます。

寝太郎さんのブログを観ながら、ずっと遠い将来に日本に帰った場合の生活を考えています。

年を取ると山の中はしんどいんじゃないかと自分を想定しながら漠然と想像しています。

僕も仕事上では、昔、長野県下伊那郡の僻地に3年いましたが、仕事で赴任したことなので、かなり大変でした。

タイの田舎大好き #79D/WHSg | URL
2011/07/08 12:56 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ