寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

車上生活 その1 (構想)  


今の生活を始める時に、最も天秤にかけたのが、車上生活です。

いろいろ調査・イメージ・比較検討した結果、なんやかんや不便だし落ち着かないだろう、というのが結論でした。

毎日好きなところをふらふらと・・・は最初は楽しいでしょうが、やっぱり定住に勝るものはないでしょう。

土地を買った上で車を置くのもあまり意味がありません。


今や、土地持ち、マイホーム持ちになったわけですから、どこをフラフラしても帰る家ができましたので、再び車上生活の欲求が高まってきました。

実は、車上生活の延長線上に、欧米諸国などの物価の高い国を低価格で旅する方法を見ているのですが、それはさておき・・・


キャンピングカーとかは100万以上するのでお話にならないのですが、

軽ワゴンを買って改造するにしても、初期費用に30万くらい、維持費も四輪ですから年10万かかります。

というわけで、カブでリヤカーを牽引し、そのリヤカーを家にすることを構想しています。

いくつか調べたことをメモ代わりに


・リヤカーは、軽車両扱いで、長さ4m、幅2m、高さ3mまで。(ちょうど私の家と同じくらい)

・原付で牽引する際の積載量は、120kgまで。

・ロープなどで引っ張るのはダメ、それなりの牽引装置が必要。

・時速は25km/hまで。

・リヤカーを牽引する原付は、原付扱い。

・リヤカー自体は車両登録は要らない。


一応、法律的には、私の家と同じくらいの大きさのものをカブで引っ張って、公道を走れるようです。

例外的に、各自治体の条例で規制されている場合もあるようです(これをいちいち調べるのが面倒くさそう)。


とりあえず、警察に行ってその辺りのことを詳しく聞いたのですが、まぁ無意味でした(遣り取りは下の補遺を参照)。


次に、Hondaのバイクショップへ行って、牽引装置が無いか聞いたのですが、扱ったことが無く、問屋に問い合わせても、見たことはあるがここ数十年卸したことが無い、市販されているかどうかも分からない、ということで連絡待ちになりました。


続いて、ホームセンターとカーショップへ行って、牽引装置のことを聞いたのですが、ロープ等しかありませんでした。これは自作するしかないのか・・・


牽引装置は

・バイクの制動がそのまま伝わるように、固定されていなければならない

・バイクの傾きがリヤカーによって制限されないように、可動的でなければならない


そんな部品があってもよさそうなのですが、意外とホームセンターを歩き回ってもありませんでした。


牽引装置(連結部分)以外の部分のイメージは固まってます。

四輪にして、2m×1m×1mの箱(2×4材と合板で作る)を乗せる。防水シートと、プラダンかトタンで巻いておく。

外部は反射板や注意喚起の旗をいっぱい。窒息しないように換気口をつける。

中には布団、横になって寝れる。

空間の約四分の一を収納とテーブルにして、中であぐらをかいて食事やパソコンや読書ができる。

20Wソーラーパネルを乗せて、小型のバッテリーとインバータ。LED照明。

バッテリーは室内に置きたくないので、うまく隔離するように工夫しなければならない。


全部コミコミで、25000円くらいでできるかな?


おまけ


4.7WのLEDってこんなに明るいんです。

電池式ランタンから初めてソーラーLEDにした時は感動しました。


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ


あの上のほうの小屋に住みたい。


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ



補遺


警察にINし、『交通課 道路使用、通行制限許可』と書かれている窓口にて


寝「原付でリヤカーを引っ張るのに、リヤカーの大きさや重さの制限などをお聞きしたいのですが」

警「リヤカーを?何を載せるの?」

寝「載せるものはいろいろです」

警「載せるものにもよりますねー、あまり重たいものは・・・」

寝「ですから、その重さの制限をお聞きしているんですが」

警「おかけになってお待ちください」


この時点で既に、イライラ・・・。本当に「載せるものによる」のか?

待つこと15分。道路交通法の本を広げて読みあげる


警「ここに、積載量は120kgまで、リヤカーの大きさから30cmを超えないこと、と書かれてますね」

寝「リヤカー自体の大きさや重さの制限は無いのですか」

警「まぁ、一般的なリヤカーの大きさですよね」

寝「大きさの制限が無いとはちょっと考えられないのですが」

警「でも、危ないですよ。原付でリヤカーを牽くというのは、一般的じゃありませんよ。見かけないですよ。乗ってる方いませんよ。バイクって言うのは四輪と違って制動機能が云々、命は一つですから云々・・・」

寝「リヤカー自体の大きさや重さの制限は無いのですか」

警「おかけになってお待ちください」


どこかに電話をかけて「あ、ちょっと教えてもらえる?あのね、・・・」

待つこと15分。ようやく、4×2×3という回答をもらえました。ネットで調べたとおりでした。


まぁでも、マジで事故には気をつけないとですね。






このエントリーをはてなブックマークに追加

category: キャンピングカー
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


8 ■Re:マッチ箱

>しろわんさん
安全性から言って、特に幅は1m超えれませんよね
マッチ箱なるほどー、と思ったけど、
いろいろ面倒が増えそうなので、とりあえずシンプルにいきたいと思います。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2010/12/09 23:16 | edit



7 ■Re:モバイル別荘

>樫の木@樫田さん
その日はそんなに遠くないはず!

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2010/12/09 23:13 | edit



6 ■モバイル別荘

いいねえ!
八ヶ岳のマイホームから、シャトル別荘が飛び出していく日を楽しみにしています。

またもや、私のブログに書きました。

樫の木@樫田 #79D/WHSg | URL
2010/12/09 20:52 | edit



5 ■マッチ箱

私も同じことを考えたことがあります。
リアカーを大きくすると危険なので、小屋はマッチ箱形式がいいと思います。
外箱と中箱を作り、駐車時にスライドさせて広くするのです。

しろわん #79D/WHSg | URL
2010/12/09 20:48 | edit



4 ■Re:シミュレーションを・・・

>54Bさん
そうですね、いろいろやってみないと見えない部分があります。
リヤカー単体で安定するようにしたいので、、
4輪か、最悪でも3輪ですね。
3輪の方が走行性がよくなるでしょうか。
いずれにしても、前輪は方向固定式じゃなくて可動式にした方が良さそうです。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2010/12/09 11:27 | edit



3 ■Re:バイクとかジェットスキーを

>エロ仙人さん
ありがとうございます。調べてみます。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2010/12/09 11:23 | edit



2 ■シミュレーションを・・・

ブレーキング時に ジャックナイフ現象が起こる心配が有りますので要注意。

多分バイクのバックミラーでは後方確認は無理なので 対策が必要。

牽引される側を4輪にすると 直進も曲がるのも難しくなると思いますが 2輪にすると別な問題が・・

ぜひやってみて色々聞かせて下さい。楽しみにしています。

54B #79D/WHSg | URL
2010/12/09 11:17 | edit



1 ■バイクとかジェットスキーを

バイクとかジェットスキーを載せる類のトレーラーが参考になるかも。
牽引部分は、ヒッチメンバーとかいう名前で出てたりします。

エロ仙人 #79D/WHSg | URL
2010/12/08 23:43 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ