寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

レンタルオフィスに住める?  


野宿以外で都心に安く長く滞在する方法として、レンタルオフィスってどうなんだろう。


レンタルオフィスは


・24HR使用可能のところがほとんど

・敷金礼金仲介料などは無し

・東京中心部の完全個室で一ヶ月30000円~(管理費・光熱費込み)、パーティションブース(たぶん横になって寝れない)で15000円~

・保証人は不要、その代わりに保証金を1~2ヶ月分取られる。

・狭いけど清潔、空調完備

・トイレ、シャワー、場所によってはドリンクサービスも

・ネット環境は有線or無線の光がほとんど

・場所によっては簡単な家具やIT機器が備わってる

・郵便物の受け取りや、OAサービスも

・ビジネス用なので立地がよいところが多い

・個人でも法人でも利用可能


ネットカフェとかカプセルホテルとかは結構高いし、軽キャンパーがあればパーキングで一晩500円でいけるけど、これも毎朝移動しないといけないし、基本的に車から離れられないから面倒くさい。

レンタルオフィスは個室を選んでもネカフェやドヤに毎日泊まるより安いし、もちろん荷物は置いておけるし、狭くても構わないという人なら、安いマンスリーマンション感覚で使えるのかな?


たとえば


27000円、共用設備として洗濯機やシャワー・キッチンなど

http://www.chintaijapan.com/bukken_room.php?room_id=593

新宿で31000円、城東なら28000円~

http://office.222.co.jp/

23000円+光熱費実費~、コインシャワー付き

http://gogo-office.co.jp/price.html

起業家応援キャンペーンコミコミ30000円

http://www.yotsuya-bg.jp/kigyoplan/


あんまりいいの見つからなかった


「住民票は置けません」と書いてあるところが多い。(可のところもある)

住民票は生活実態のあるところに置くと決まっているのに、サービス側で「置けません」というのは変な話。

つまり、住民票を置けないというよりは、住民票登録をするような利用の仕方をする方はお断りしますということだと思う。

じゃあ、どうして住んじゃだめかっていうと、結局のところはよくわからない。イメージの問題だと思う。

実質的には、住むのに使うか仕事に使うかなんて大した差は無いはずで、トイレットペーパーを買ってきてティッシュ代わりに使うようなもの。大変仕事熱心な起業家として結果的に24HR住むことはできるはず。

強引に(勝手に)住民票を移したらバレるかどうかはわからない。

郵便物受け取りサービスもつかえる。この点が車上生活やネカフェ等とは異なる。


コストパフォーマンスは安い個室ゲストハウスとどっこいどっこいかな?

機会があったら潜入レポしてみたい。


もっと革命的な方法は無いかなぁ・・・


たたみ一畳の部屋月10000円で貸しますとか、どうしてないんだろう。

あれば便利だし、ずいぶん多くの人が助かると思う。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ゲストハウス
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


18 ■はじめまして☆

すごく興味深いブログですね。
畳1畳というか、押入れの上段、下段がそれぞれ賃貸物件になっていて実際に人が住んでるのを以前テレビで見ましたよ♪

アマリリス #79D/WHSg | URL
2011/11/26 22:12 | edit



17 ■Re:一畳レンタルオフィス

>つけめんさん

今、パーティションでも1万はなかなか無いみたいです。
あと、寝れるくらい隔離されてるブースタイプもなかなか見つからないみたいですね

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/10/12 10:14 | edit



16 ■一畳レンタルオフィス

はじめまして。

一畳月一万円の居住物件ですが、
住居ではなくレンタルオフィスならあると思います。
雑居ビルやマンションの一室をパーティションで区切り、まさに一畳分のスペースに小さな机と電話を引いただけのレンタルオフィスです。

テイクアンドギヴニーズというウエディングプラン会社の社長の野添義孝氏は、会社を立ち上げる時にオフィスとしたのがこの「一畳レンタルオフィス」だったそうです。
そして、野添氏は当時24時間体制で仕事をしていたそうで、一畳のオフィスにマットを敷いて寝るなどしていたとインタビューで語っていました。

つけめん #79D/WHSg | URL
2011/10/10 07:56 | edit



15 ■Re:無題

>リアル無職さん
宅建業を始める場合、協会への入会金と保証金で150万、その後も毎年10万のお布施をしなければなりません。
他には大して金はかからないので、他の「開業」と比べたら安いもんかもしれませんが、私にはとんでもない話です。
入会金10万、毎年1万でもヤダ!

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/09/20 14:41 | edit



14 ■Re:90年ごろは

>リタイア希望者さん
このサイトもおもしろかった!
業者がREINSかなにかで物件を集めてるかと思ったら、SUUMOからいちいち情報とってきてるのか・・・
右に少しだけあるアフィリエイトで、労力に見合う収入が得られているのか心配になっちゃう

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/09/20 14:31 | edit



13 ■Re:お久しぶりです

>pirosukeさん
結構強い「降ろし風」が吹いて、脚立が倒れたりはするけど、家が倒れるのは想像できないですね・・・
土地はネットに転がってた不動産仲介の普通の物件です。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/09/20 14:25 | edit



12 ■Re:こんな漢字の事業でしょうか

>thihiroさん
おもしろかったです、勉強になりました。
家賃3、4万でこれじゃあ、都心で1万なんて、夢のまた夢ですね。結局どうして人が減っちゃったのかな??

ちゃんとした家じゃなくてもいいんだよな。建物の一部に偶然的にできたちょっとした空間に、合法的に、エアマットと寝袋をおかせてくれたらそれでいい

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/09/20 14:21 | edit



11 ■Re:借地借家法ですね

>nnさん
ほうほう。うーん、でも保証金は確保してるわけだし、それだけの理由かなぁ??
それプラス、生活臭のする人を入れたくないという、シゴトバとしての問題があるのかな

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/09/20 14:13 | edit



10 ■Re:いっそのこと

>watmanさん
面倒くさいです

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/09/20 14:05 | edit



9 ■無題

土地探しでほとんど決まるBライフ
自分も探していますが、中々ないですね。

寝太郎不動産でも立ち上げて欲しいものです(笑

リアル無職 #79D/WHSg | URL
2011/09/20 13:24 | edit



8 ■90年ごろは

23区でも3畳一間で月一万円のところもあったのですが。
(さすがに見ていないのでどんなところかはわかりませんが)
今でも風呂なしトイレ共同クラスなら23区でも2万くらいで少しはあるようです。
千葉、神奈川、埼玉、あたりの条件の悪い物件なら風呂付もあるようですね。
東京に家賃3万円以下で住もう!
http://3manen.life-k.com/
こういうサイトもあります。

リタイア希望者 #79D/WHSg | URL
2011/09/19 20:21 | edit



7 ■お久しぶりです

以前、家が重量ブロックに固定されているかどうか質問したのですが、建築に携わっている親父曰く、何かに固定されていないと、突風なんかで家が倒れる可能性があると言ってました。寝太郎さんの家の周りの木が防風林の役目を果たしていたらいいのですが、そうでなければついたてか何かで支えた方がいいんじゃないかとの事です。

また質問何ですが、寝太郎さんの土地はどうやって見つけたのですか?僕も土地を探しているのですが、200万円代が多かったり、人里離れた少し山奥とかで探しているのですが、理想の土地が見つかりません。

pirosuke #79D/WHSg | URL
2011/09/18 20:54 | edit



6 ■人里が恋しくなったか?

冬を前にして生活嫌になったか?

人生、挫折も必要 #79D/WHSg | URL
2011/09/18 20:47 | edit



5 ■こんな漢字の事業でしょうか

http://sakazuki.info/1074/
シェアハウス事業からの「事業撤退」という体験談2011年8月

はてぶに載ってありました ちょっと考えてるのと違うかもしれませんが、似た事業ということで貼りました

thihiro #79D/WHSg | URL
2011/09/18 18:07 | edit



4 ■借地借家法ですね

住民票を置くことを認めてしまうと適用法が借地借家法になります。
同法は、住居の有無が社会生活の難易に大きくかかわることから、賃借人の住居の確保に比重を置いています。
したがって、賃貸人による一方的な契約解除は強く制限されますし、賃借人に軽度な過失があった場合でも簡単には契約を解除することは出来ません。
そういう事情があることから、住居向けの賃貸物件の管理コストはオフィス向けよりも大きくなります。
その管理コストを担保するため、住居向けの賃貸物件では連帯保証人や敷金等が必要になるのです。

24h利用可のレンタルオフィスが住民票を置くことを認めないのは、一旦認めてしまうとそこを住居として利用することに同意したことになり、契約解除等が困難になるからだと思います。

nn #79D/WHSg | URL
2011/09/18 15:40 | edit



3 ■無題

一畳分を貸し出すビジネスモデルは、確か中国でやってたという記事を読んだような・・・日本に関しては防災上の観点?や宿泊施設としての許可が下りないなど諸々の制約があるので無理ではないでしょうか。最近ではネットカフェも宿泊目的で利用できなくなっていますから、宿泊目的でのレンタルオフィス利用も同様かと。せいぜい『ドヤ』程度のものが限界では。

shuchang #79D/WHSg | URL
2011/09/18 07:45 | edit



2 ■いっそのこと

そういう方向で、起業してみません?(笑)

watman #79D/WHSg | URL
2011/09/18 05:38 | edit



1 ■一畳の部屋

そういうところも探せば無いことはない・・・けど、
防災法?消防法とかに引っかかって割に合わなかったりじゃね?
詳しくは分からないけど。

魚男 #79D/WHSg | URL
2011/09/18 05:15 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ