寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

東京行3 宣教旅行  


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ


彼は、広島出身、横浜を拠点として、関東甲信越全体を宣教して歩いているらしい。

横浜の拠点がちゃんとした家なのかどうかは聞きそびれた。

髪はボサボサ、髭はボウボウ、肌は黒ずんでいて服と一体化して、いわゆる路上生活者然としていた。

ここまで汚くなると、下手にタオルで拭いたりすると、大人しくしていた垢が浮き出てきてとんでもないことになる。


移動は全て徒歩、バックパックではなく、写真のようなキャリーを引いて歩いているという。

私はキャリーって使ったことないんだけど、空港内を転がすならまだしも、外を歩くときにも使えるのかな?

やっぱりGがかからない分、背負うより楽なんだろうか。


寝袋を持たない代わりに、厚手のダウンジャケットを着ている。

もちろん寝るには寝袋のほうが暖かいが、野宿旅行のひとつの選択肢ではあると思う。

ちなみに彼は毛布に包まって寝ているのだが、毛布は重くて汚れやすいし、包まって寝てもあまり暖かくない。モコモコよりも、体の熱を溜め込んでおけるような通気性のないもの、つまり薄手の寝袋のようなもののほうが、毛布よりずっと暖かいし小さくなるし軽いし。

あとはブルーシートを一枚持っているようだった。


野宿場所は主として各地の公園。

都会だったらまだしも、地方では警察が飛んでくるでしょう?と聞いたら、その通りだと言っていた。


どうやって食っているのかと聞いたら「いろいろ探してきて」というのが答えだった。

つまり、廃棄商品、空き瓶、空き缶、雑誌拾いのことだ。

でもこれらは、ある程度定住してその地域の事情を熟知しないとできないはずで、各地を歩きながらできるとは思えなかったのだが、あまり深く聞けなかった。


毎日苦労して100円稼ぐより、日雇いの仕事で一気に10000円くらい稼いだら数ヶ月は楽できるんじゃないか、と提案したら、日雇いの仕事は自分の理想に合う仕事がなかなか無いと言っていた。理想というのは、地球を汚さないとか、そういうことらしい。


たまに泊めてくれる親切な人がいるが、泊めてもらったりすると強く宣教できなくなってしまうために、本当に共感して申し出てくれる人以外はお断りしている、ということだった。その辺のこだわりは、なんとなく分かる気がした。


彼は、ギリシャ語を自分で勉強して、聖書の原典を読みこなしているらしく、日本語訳はいいのが無い、微妙にニュアンスが違ったりする、と愚痴っていた。

「自分の訳本を作っちゃえば、どうです?」と提案したら、すごく喜んで、そのつもりだと言っていた。



彼がその信念のために野宿徒歩旅行のリスクが見えなくなっていると言えばそれまでだが、まぁやろうと思えば誰にでも今すぐにでも(十分な所持金がある人はもっとずっと楽に)、バック一つで放浪できる国だってわけだ。


過酷な宣教旅行が、彼の信心をより昂ぶらせているような気がした。

彼はそういう、目に見えるわかりやすい目的とか、大きな使命感のようなものに夢中になっている気がした。

海賊は、宝が欲しいんじゃなくて、宝を求めて自由に荒海を彷徨いたいのだ。


-------------------------


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ


エノキともやしと鶏のささみ。

全部白だから見た目は冴えないけど、うまかった。


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

スティックチョコと、玄米茶




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 野宿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


14 ■いつも楽しみに読んでます。

放浪派の坊さんです。
いまはセルフビルドを計画してますが、建築確認がこの地域はあり、困ってます。

うちの寺に、以前、浮浪者がきました。
なにか雰囲気がちがう。
そこで、お金と食糧を与えました。
すると、なんと歎異抄をすらすらとつぶやくじゃありませんか。

話してみるといろんな事情があったようでした。
会社を関東で経営していたが倒産。歩きに歩き、佐賀まで来たと。
西の果てまで歩きますと。
甥っ子に、論語などの生きる道を説いて来た自分がこうなったのが恥ずかしい、と繰り返してました。

出家組のわたしは深く心を揺さぶられました。
一泊、いや、寺男として残ってもらいたかったですが、そこは婿のかなしさ。
むりです。
そこで、大型リュックを贈呈しました。

いまはどうしているのか。

りっぱな袈裟をつけてるから偉いんじゃない、まずしい服をきてるから卑しいんじゃない、とは良寛さんですが、
まさにそのとおり。

Bライフ、楽しんでください

自由僧侶 #79D/WHSg | URL
2012/06/24 08:59 | edit



13 ■いつも楽しみに読んでます。

放浪派の坊さんです。
いまはセルフビルドを計画してますが、建築確認がこの地域はあり、困ってます。

うちの寺に、以前、浮浪者がきました。
なにか雰囲気がちがう。
そこで、お金と食糧を与えました。
すると、なんと歎異抄をすらすらとつぶやくじゃありませんか。

話してみるといろんな事情があったようでした。
会社を関東で経営していたが倒産。歩きに歩き、佐賀まで来たと。
西の果てまで歩きますと。
甥っ子に、論語などの生きる道を説いて来た自分がこうなったのが恥ずかしい、と繰り返してました。

出家組のわたしは深く心を揺さぶられました。
一泊、いや、寺男として残ってもらいたかったですが、そこは婿のかなしさ。
むりです。
そこで、大型リュックを贈呈しました。

いまはどうしているのか。

りっぱな袈裟をつけてるから偉いんじゃない、まずしい服をきてるから卑しいんじゃない、とは良寛さんですが、
まさにそのとおり。

Bライフ、楽しんでください

自由僧侶 #79D/WHSg | URL
2012/06/24 08:59 | edit



12 ■うーむ

こういう日記が読めるのも、Bライフ実践者の寝太郎さんのブログならではですね。
わたしの知っている世界など、ほんの一部でしかないのだと思い知らされます。

A.Fukagawa #79D/WHSg | URL
2011/10/02 01:49 | edit



11 ■Re:無題

>マサさん
俺がデリーとバラナシしか行ったこと無いからかもしれないけど、
サドゥーってとんでもない数いるじゃないですか。
あれが全部偶然的な施しによって生きていると思うと、信じられないんだよなぁ。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/10/01 11:09 | edit



10 ■Re:無題

>煮るさん
虫歯になったことないなぁ

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/10/01 11:06 | edit



9 ■無題

インドのサドゥーは基本的にお布施で食ってます。
サドゥーが食物屋の前に立ってると店の人が招き入れて食事を出したりします。
インドでは修行者として尊敬されているので暮らしていけるのです。
普通の乞食と違って金をもらってもペコペコ頭を下げたり情に訴えることがないそうです。
サドゥーでも人によっては商売している人もいてマリファナを売ったりチャイ屋をやったりとさまざまです。

マサ #79D/WHSg | URL
2011/10/01 05:29 | edit



8 ■無題

主に交われば赤くなる

ひまじん #79D/WHSg | URL
2011/10/01 00:36 | edit



7 ■寝太郎飯相変わらずうまそうですねw

興味深くて面白い話でした。

豆 #79D/WHSg | URL
2011/10/01 00:24 | edit



6 ■無題

日記の内容とは全然関係ないんだけど
寝太郎は虫歯とか大丈夫なの?
たまーに歯医者とか行ってるのかい

煮る #79D/WHSg | URL
2011/09/30 22:34 | edit



5 ■Re:無題

>洗浄カメレオンさん
そうですね、創○学会だったらまだ、勧誘することでその信者に具体的なメリットもあるんでしょうけど、キリスト教だと「キリスト様が見ててくださる」ってことで満足なんでしょうね

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/09/30 18:16 | edit



4 ■Re:布教活動

>さちさん
インドはそんな感じですね。あとマリファナでポカーンとしてるサドゥーとか
どうやって食ってるんだろうと思うけど、なんだかんだですごく高齢まで生きてる人が多い

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/09/30 18:13 | edit



3 ■無題

そういう人は語りかけること自体が目的で、相手を説得できなくても関係ないんでしょう。
いくらか、自分の事を話せるだけマシな気がしますが、傍迷惑には違いない。

洗浄カメレオン #79D/WHSg | URL
2011/09/30 17:53 | edit



2 ■そんな人と会える機会がある

外寝に病みつきになりますね

リアル無職 #79D/WHSg | URL
2011/09/30 12:50 | edit



1 ■布教活動

日本にもそんな布教者がいるんですね。
3年前に夫の仕事の関係でインドで生活していましたが、インドにはそういう人がゴロゴロいました。生活苦で浮浪者になった人とは見た目は同じですが、何か違うんですよね。ボロ雑巾のような布しか纏ってない浮浪者が、物凄く博学で哲学的な話をします。本当に凄い国だなあと思ったものです。それを思い出しました。
因みに私は日本に大勢いる、正月は神社で結婚式は教会で葬式はお寺でという無宗教者です。

さち #79D/WHSg | URL
2011/09/30 11:59 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ