寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

東京行4 傘の家  


都立図書館といえば、昔自分が寝床探して都内をウロウロしてたときに、撮った写真がある。

もう何年も前の写真、無断撮影です。


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ


正確には、都立図書館じゃなくて、有栖川記念公園なんだけど、公園内の橋の下に棲んでいる人がいた。

ここはトイレも近いし、手前に小川が流れていて、便利そうだった。

東京のど真ん中、しかも麻布だから小高い丘みたいになっていて、この小川の水はどういう水なのか、コンクリの下にも伏流みたいなものがあるのか?

少なくとも、見た感じ変な色はしていなかった。

傘を何十本も並べた家で、いや、並べたんじゃなくて、最初は雨が降ったか人目を避けたかして、一本か二本置いただけだったと思うんだけど、それがなんとなく増えてって、今に至って、家のようになっている。

計画的にここはこうしてって作るんじゃなくて、気がついたら家になってた、みたいな継ぎ接ぎの家。

極端に言えばハウルの動く城か(映画は見てないけど・・)


都市計画だってそうだ。
ここは市街化区域、ここは調整区域にしましょうとか、
それは、その計画によって、人間が本能的に居住空間を広げていったときより、「よい」都市ができなきゃ意味がない。
不確定要素が多すぎて、どうやったらよい都市になるかわかるほど頭のいい奴なんているわけがないのに。
教育然り、健康然り、だと思う。

各個人が最初から持っているものに任せておくのが一番いい。

小学校で教室で習うことも分量が多すぎる。

10分の1でいいと思う。


で、この橋の反対側が空いてたんだけど、


・蚊がやばそう

・一人だから管理人が大目に見ているだけで、複数になったら取り締まられて、元いた人にも申し訳ない


などという理由からここはやめた。


---------------


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ


鶏肉が無くなって、残っていたエノキとモヤシだけでぽん酢。炊き込みご飯。


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 野宿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


11 ■Re:無題

>とおりすがりさん
そうですね、簡単に言うと、貧乏人は都市計画の中に計画されていないという
社会は、屋根と壁さえあればいいやって人間像を前提としては作られていない

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/10/02 10:40 | edit



10 ■Re:>>7

>名無し丸ひろ子さん

>ゆとり教育
ゆとり教育の失敗は、社会の価値観もシステムも大人の心構えも何も変えずに、子供だけを理想的な世界に放り込んだことだと思う。
時空間がそこだけ歪んでるわけ。
子供に先陣切らせる前に、まず大人が「ゆとれ」よな~

>小説や漫画なんかでも「この作者、書きながら展開考えてるな」と思うと凄く醒めるので・・・。
おもしろい・・・これは本当に人それぞれだよね。真逆の人もいるし

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/10/02 10:34 | edit



9 ■無題

結局、その都市計画とやらが効率的に実現されているかどうかは、どれだけ多くの人の基本的生活レベルを維持しているかという点に尽きるのではないか?
その点で言えば、現在の先進国と呼ばれる国々の都市計画とやらは、一部の権力機構の上部にいる人達の欲望を反映しただけにすぎないデザインであると思える。
つまり、もっと多くの人を最低限の文化的生活を維持しえるパフォーマンスを発揮するデザインを都市で為しえる可能性を、専門家である建築家は意図的に「見てみないふり」をしてきたのではないかという疑義だ。

とおりすがり #79D/WHSg | URL
2011/10/02 00:50 | edit



8 ■>>7

ふむ。
まあ、教育などに関してはそうだと思います。
なにが正しくてなにが正しくない事なのか?なんて誰かに決め付けられるものではないしね。
ただそんな発想から「ゆとり教育」などと銘打たれ失敗した政策もあったような気もしますが・・・。

都市計画などについては、少なくとも秩序が保たれなければならないと思う。
計画的にやっても結果は同じで、結局必要に応じた自然な形に治まるのかもしれないが、それでも秩序が無ければ行きつく先はカオスだ。
「カオス」は元々自然界のどこにでも見られる自然な現象だけど、人間が無秩序に作ったカオスは様々なネガティビティーを産む。
個々人がやりたいようにやって上手く収まるというのは理想論で、誰しもが無欲で行儀が良いとは限らない。実際にはやりたい放題の人だって出てきて、それこそ悪い意味でのカオスと非合理的な発展の行き詰まりがくるだろう。

まあ、単に、何事に関しても無計画で行き当たりばったりな継ぎ接ぎが個人的に嫌いだと言う事なんだけどね。
小説や漫画なんかでも「この作者、書きながら展開考えてるな」と思うと凄く醒めるので・・・。

名無し丸ひろ子 #79D/WHSg | URL
2011/10/01 23:33 | edit



7 ■Re:私もそうは思いません。

>洗浄カメレオンさん
返信しようと思ったけど、個人の自由に任せるのと、誰かが全体をコントロールするのと、どっちがいいかなんて、問題が大きすぎた。

家に関しては、無計画に作られた家っていうのは、たとえ非合理的であっても、動物の巣みたいで、まさにその人の営巣本能の表れであって、そういう意味で「いい」。(結果的には結構、合理的に出来上がったりする)

教育に関しても、最低限のことだけ強制して、後は個々人が好きに学べばいい。本から学ぶのが得意な人もいるし、外に出たい人もいるし、空想にふける人もいるし、自分でやってみて失敗して学ぶ人もいるし、先に正解を読んじゃってそこから学ぶ人もいるし。

都市計画も、ここは発展したほうがいいとか、ここは田畑を守ったほうがいいとか、何を根拠にそんなこと言ってんだと思ってしまう。結局、個々人がやりたいようにやれば、一番自然な形に収まると思うんだけどなぁ。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/10/01 18:17 | edit



6 ■無題

日本で計画的な都市計画が、現在意味するなのは、既得権益層にとっての効率的にしか過ぎないのではないか。
少なくとも自然循環システムや自然の富の経済システムからみれば、とんでもなく無駄で非効率になると思う。

通りすがり #79D/WHSg | URL
2011/10/01 17:14 | edit



5 ■私もそうは思いません。

100年後の事は解らくても、10年先の人口動態や社会的変化に対応することは出来ます。
見込みと違っていても修正すればいいし、最初から何も決めず無政府状態で成すに任せるのとは雲泥の差ができると思います。
被災地をどうするか?次の災害に備えると地域づくりか、単純に元通りにするか、という例だと分かりやすいのでは?

傘の家、子供の頃にやりましたね、家の中で傘を広げて。

洗浄カメレオン #79D/WHSg | URL
2011/10/01 17:10 | edit



4 ■Re:無題

>睡眠さん
たしか500mlで198円とか。
一回分20円くらいで、おいしいからいいや。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/10/01 14:11 | edit



3 ■Re:ぜんぜん

>名無し丸さん

>それともアフリカやフィリピンの万年難民キャンプやバラック、或いはかつての九龍城の様に、まるで生き物のように発展する貧民屈が良いとでも!?

そうそう、貧しいかどうかは別の話だけど。

計画的にやったから合理的で正しい都市開発・教育・健康増進が為されるとは限らない。
人間はまだそんなに頭が良くないと思う。

痛し痒しな部分があるのはわかるけど、ここは畑作っちゃいけないとか、家を建てちゃいけないとか、決めて何の意味があるんだろう。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/10/01 14:11 | edit



2 ■ぜんぜん

まったくそうは思いません。

日本の都市は特に、むしろ無計画に必要に応じて都市を広げていったり形成されたりしているからグチャグチャで不便だし無駄なスペースや非合理的な道が生まれる。
そういう空間が好きだとか、そこに住みたいっていうのならそれは勝手だが、やっぱり迷惑だと思う。

人間をあくまでも単一の動物であり、自由だと考えているか、それとも社会性を伴った特殊な種であると捉えるかの違いかもしれないが。

機能美みたいな意味では分からなくもないが、やっぱり人間が社会性をも考慮に入れつつ機能美や合理性を追求するならば計画的な決め事も大切だと思う。

それともアフリカやフィリピンの万年難民キャンプやバラック、或いはかつての九龍城の様に、まるで生き物のように発展する貧民屈が良いとでも!?

名無し丸 #79D/WHSg | URL
2011/10/01 13:42 | edit



1 ■無題

ポン酢って結構高くないですか!?

睡眠 #79D/WHSg | URL
2011/10/01 12:49 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ