寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ  


この冬は、ご飯を炊くのをサボっています。まだ一度も炊いてません。


その代わりに、炒り玄米を作ってみました。


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ


これを主食としてボリボリ食べる気は起きませんが、夜食として、お茶やコーヒーでも飲みながらポリポリやってると、癖になります。


適当に食事を済ませても、炒り玄米で一日の栄養バランスの辻褄合わせができている(ような気になれる)。

なにより保存が効くから作りおきできるのが◎


「完全食」って響きがいいよね。
実際は、完全に玄米だけだとちょっと無理で、玄米も通常の米と同様にリジンとかいう必須アミノ酸は含まれてないらしく、味噌などで補う必要があり、あとは野菜でも食べてビタミンも調整したほうがいい。
結局、「一日に玄米四合と味噌と少しの野菜」に行き着くのだから、昔の人の経験的知識ってすごい。
海外の健康食志向の人も、米を信仰している人は多いみたいですね。ソローも玄米を主食としてたとか。


食事のほうは、2ヶ月くらいずっと自作ペペロンチーノで、さすがに飽きて、次はミートソースにチーズを一枚とゆで卵を一個乗せて、これでまた2ヶ月間くらい。

ミートソースは、レトルトをいろいろ試したけど、2食100円のやつより、2食200円くらいするやつのほうが、肉がちゃんと入ってておいしい。

スープは、白菜、エノキ、人参、ベーコンで、コンソメで味付け。具たっぷりで一食50円くらい。この手のスープも飽きない。具材も変える気が起こらない(ここ4ヶ月ほぼ毎日ずっと同じ)


こんな感じで、スパゲティ+玄米で約4ヶ月・・・


食事って面倒なので、同じものを延々と食べてしまいます。


食に無頓着な人には、炒り玄米、お薦めです。



---- 炒り玄米の作り方↓

楽天ポイントが溜まっていたので、5kg1950円送料込みの一番安いのを購入。


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ


作り方は、まず水に浸して、あとは炒るだけ。ほっとくと下のほうが焦げてしまうので、終始かき混ぜてる必要があります。なんで一回水を吸わせる必要があるのかは、よく知りません。


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ


味付けは、いろいろやってみたのですが、


蜂蜜→まずい
醤油→なんか変な味
塩→うまい
そのまま→うまい


たぶん、なにも味付けしないのが一番うまくて、味をつけるとしたら、軽く塩です。
塩は、炒ってからふると下にこずんでしまうので、水を吸わせる際の水を塩水にしています。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 食事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ