寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

怖くないの?  


>8 ■無題

>私だったら照明が暗すぎで嫌だ。山の中で

>ちっちゃな照明だけだと幽霊出そうで怖すぎ

>孤独感で押しつぶされそうになる。私ならパネル増設して外まで街灯でもつけたくなる

>asdfasdf 2011-10-15 15:17:56 >>このコメントに返信


「怖くないのか?」という質問をいただくことが(意外と多く)あります。


世の中、不思議なことが無いのが一番怖いわけです。

なんたって、理由も無く、どこからこんな秩序が出現したのか?

一体なんで、不思議なことって起こらないのか?

不思議なことが一切起こらなければ、私たちはあと100年もすればみんな死んで、肉体とともに精神も無に帰して、永遠に蘇りません。


霊でも超能力でもなんでもいいから、もしあってくれれば、何かの糸口が見える可能性がある。だから、そういうの大歓迎です。

ひょっこり、幽霊でも訪ねてきてくれないかといつも思ってます。
理性的にそう考えてるんじゃなくて、心の底からそう思っているから、夜が超自然的な意味で怖いとかは全く無い。

毎日、「今日も不思議なことは起こらなかった」という最大の恐怖に包まれて眠りにつくわけです。


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

最初から超自然的な物事を否定している科学者だけでなく、これだけ超常現象大歓迎、あって欲しいと願っている人間が、今まで一つも奇跡体験をしていないのだから、やっぱり無いんでしょうね、超常現象は。

不条理な世界ですね。


幽霊や妖怪を、世の中の(一見)不思議と思われる現象を「説明」するための道具として捉える考え方がある。京極夏彦とかもそんなスタンスでしょう。

怖い怖いといいながら、それでも、妖怪なるものが裏でいろいろやってるということにすれば、一応納得はいく。そういう舞台裏が無いのが一番怖くて、人間はそれを直視できないから、次善策として妖怪を登場させているわけです。まぁ、宗教みたいなもん。対象としているのが、日常的な些細な出来事か、生と死や宇宙といった壮大な装置かの違いだけ。日常的なちょっとしたできごとは、妖怪さんに、宇宙全体は、神様に登場してもらって、うまく世界を「閉じる」。



ただ、暗い中で帰宅したときに熊に襲われたら厄介だとかそういう自然的な怖さはあります。
でも、野生動物に襲われて死ぬ確率を気にするくらいだったら、そもそもバイクなんて事故率・致死率高すぎて乗れません。


夜は、月が出ていない日は完全に真っ暗闇になるので、外灯とかを考えたこともありますが、ずっとつけとくわけにはいかないし、スイッチをどこに設置するのかとかいろいろ考えていたら、シミュレーション倒れになりました。

外灯って、家族やら来客やらを迎え入れるためにあるわけで、一人だとあまりうまく機能しない。


お手軽な解決策は、キーチェーンにつけておくペンライトです↓


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ■未分類
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


14 ■無題

自分も幽霊がいないこと、不思議な現象がないことこそ怖いと思っています。
救いがなさすぎて。
昔は怖がりだったけど、その考えに至ってから暗闇や心霊話を何とも思わなくなってしまった。
怖がることって金の掛からない娯楽だなー、と怖がりの人をうらやましく思ったり…。

たろ #79D/WHSg | URL
2012/02/02 03:00 | edit



13 ■必要なものでもある

既に他の方が言っていますが
私も「闇」に対する恐怖は人間の本能的なものだと思います

それほど原始的なものでなく
闇の中での活動は、自由度がかなり制限されるので
そんな状況下での生に対する不安から来るのかなとか思ったり…

しかし一方では必要なものであったりもするのが面白い
睡眠は、やはり闇の中で取ったほうが良いらしいから

昼に太陽の光を浴び、夜に暗闇に入れば
脳内にメラトニンとかいうものが分泌されて眠くなる
そして睡眠によって一日の疲れがリセットされる
人間の身体って不思議ですね

黒ぬこ #79D/WHSg | URL
2012/01/28 08:03 | edit



12 ■Re:Re:動物恐いですよね。

>毎年寝太郎さん

泥棒はウチも入らないでしょうけどね(笑)

彼女は若いですし、直接的な表現で言うとレイプや遊び半分で荒らしに来る人達がいないとも限りませんよ。
ヤンキーが多い地域ではありますし、現にウチの土地には心無い人によって大量にごみが埋められている場所もありますからね。
叫んでも誰も気付かないような場所なのでパートナーがいると自衛も考えないと心配になりますよ。
寝太郎さんもいずれ結婚を考えていると書いてたと思いますが、自分だけじゃなくなると制約やら心配やらが増えて来ますよ。
それが楽しくもあるんですが一人の気ままさは少なくなりますよね。

dos #79D/WHSg | URL
2012/01/28 02:36 | edit



11 ■Re:Re:夜や暗闇が怖いのは

そうですね。人間は面白いです。
幽霊や妖怪を作るどころか、神なんてものさえ作っちゃうんですから(笑)

hirock #79D/WHSg | URL
2012/01/28 01:21 | edit



10 ■Re:夜や暗闇が怖いのは

>hirockさん
具体的なメカニズムは謎ですが、先祖の記憶説は正しそうですね。
猿が狼の尿の臭いを怖がるのも同じかな。

その得体の知れない想念に、幽霊だの妖怪だのという物語を作って可視化してしまうのだから、人間はおもしろい。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/01/28 00:36 | edit



9 ■夜や暗闇が怖いのは

生身の人間が夜や暗闇を怖がるのは、理屈で怖いか怖くないかを判断した結果ではなく本能的に怖がっているんじゃないかと思います。

「幽霊が出るかもしれない」から怖いんじゃなく、遠い遠い昔から、暗闇で痛い目にあってきた私たちのご先祖からの遺伝子が「夜は怖いよ危ないよ」ってささやいているんじゃないかと思ったりしますけどね。

毒ヘビでもないヘビを恐れたり気味悪がったりするのとおんなじ理屈なんじゃないかと。

hirock #79D/WHSg | URL
2012/01/27 23:37 | edit



8 ■Re:動物恐いですよね。

>dosさん
うちを狙う泥棒とか、センスが無いとしか思えない
往復のガソリン代で赤字になる

しかしドラム缶風呂で彼女も同居とか、いろんな人がいますねー

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/01/27 21:37 | edit



7 ■Re:無題

>YGTさん
前、室内で使ってたことがあります。意外と寿命が短くて、びっくりしました。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/01/27 21:32 | edit



6 ■1日遅れだけど

1日遅れだけど
ブログ更新おめでとうございます。

これからも楽しく読ませて貰います。
お身体に気をつけて、頑張って下さいね。

のらぬこ #79D/WHSg | URL
2012/01/27 20:46 | edit



5 ■お久しぶりです

暗闇の中で自分だけ明るくする方がよっぽど怖い。

闇の中では闇に紛れるのがいちばん落ち着きます。

まっくす #79D/WHSg | URL
2012/01/27 20:04 | edit



4 ■お帰りなさい

一日遅れのコメントですが、
 寝太郎さんの復活を愉しみにしていた家のおばさん(還暦を過ぎたリバタリアン。先日から中南米ひとり旅に出ている。)が、「寝太郎くんは、ソローのように2年2か月の実験生活だったのかなあ」と残念がっていたこと。また、宮沢賢治が好きで、「・・・1日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ、・・・」を口癖にしておりますので、復活の記事を見て思わずコメントしてしまいました。
 また、楽しませてください。

タカヤン #79D/WHSg | URL
2012/01/27 19:53 | edit



3 ■動物恐いですよね。

久しぶりの更新、嬉しいです。

私の土地では猪がたくさん出ますよ。
最近お風呂(ドラム缶)上がりに暑くてTシャツ一枚で外に出たら猪一家が目の前にいた時は流石にビックリしました。
けど一番は人が恐いですよ。
舗装路からはけっこう離れてるしウチより先には道のない山奥なのに人が入ってきますからね。
地元の人ではないみたいだし、物騒な事件が多いので。
彼女も一緒に住んでるので私が留守の時とかの事を考えると心配で。
近く門を建てて犬を飼って防犯面を強化する予定です。
寝太郎さんも色々詮索されてるみたいなので気を付けてくださいね。

dos #79D/WHSg | URL
2012/01/27 19:37 | edit



2 ■無題

あれどうですか、
ホームセンターに売ってる、日当たりのいいとこにぶっ差しておけば太陽光で勝手に充電して暗くなると勝手に光るやつ

YGT #79D/WHSg | URL
2012/01/27 17:09 | edit



1 ■無題

すごく良くわかります☆
幽霊とか妖怪より人間の方が怖い(><)

りさ #79D/WHSg | URL
2012/01/27 14:12 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ