寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

青色控除65万ゲット  


たぶん。不備が無ければ・・・。もちろん給与所得控除も。


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ


税金のことは日常的に考えたくないことなので、日を決めて集中して片付ける。

複式の帳簿なんつっても、小売業や製造業やってるわけじゃないし、タカが知れてる。


ちなみに、興味本位で2011年の1年間でスーパーで使った(ほぼ食料品)金額を合計してみたら、55575円だった。少な!もちろん、これが食事代の全てじゃありませんが。

Amazonの読者購入履歴より---------------------------------------


***
削除しました
***

---------------------------------------------------------------


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ


キッチンに何ヶ月も置いておいた人参、寒かったのかなんなのか、パックリいってた。

もちろん食えます。


あとは玄米炒ったりしてたら一日が過ぎた。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: お金の話
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


46 ■無題

生命は進化することで生存競争を生き抜き、人類はそれぞれの集団がより大きく、強くなることで自然や他の集団に打ち勝ってきた。個人のレベルでもより豊かに、快適にという拡大・前進の方向性が遺伝子レベルで当たり前とされてきた。だから社会システムもそれを前提に作られている。皆が必死で登り続け、そうしなければ負け、という認識。
でも現在の日本国内の状況では現状維持という選択肢も有りうるわけで、いやむしろ増えすぎた世界人口を考えると縮小が正義なのかもしれない。
でも上昇志向で覇権的な他国に対して日本が国家的に弱体化するのは不安だ。
だからBライフを提唱する、ということは「足るを知る」という思想を広め、膨張に頼らない豊かさを実現する仕組みを作り出す必要がある。

経営者 #79D/WHSg | URL
2012/03/03 11:47 | edit



45 ■Re:Re:無題

>過労気味サラリーマンしねさん

しねって言うやつがしね~(笑)

過労気味サラリーマン@昼休み #79D/WHSg | URL
2012/03/02 12:23 | edit



44 ■Re:無題

>自らは納めずに我々が収めた年金と健康保険料をアテにしている時点で自分ひとりの力で生きているとは言わないし、十分迷惑なのですよ・・。

>過労が直接の原因かはわかりませんが、多忙の末に癌を患って長期入院しました。
会社側は傷病休扱いにしてくれて辞めずにすみました(給料も基本給はでました。ありがたや)。
会社と健康保険のありがたみを身にしみて感じておりますよ。

寝太郎よりこいつの方が会社と社会保険におんぶにだっこで迷惑な存在じゃねーかよ。
何このゴミ屑の勘違い上から目線。

過労気味サラリーマンしね #79D/WHSg | URL
2012/03/02 10:37 | edit



43 ■非生産的意見(自嘲)

>毎年寝太郎さん

良いか悪いか。
という課題に関する意見は、申し訳ないけれど極力口にしたくないんです。
その二元論はどうしても主観のぶつけ合いになってしまうし、立場が違えば吹く風も見える景色も違うものです。

それを前提として以下読んでいただきたい。

前々のコメントで私はこうも言いたかったのです。
「社会システムと国民は不可分である」と。
システムを維持しようとして国民を利用しているのはシステムそのものではあるけれども、でもやはりシステムは国民の集合体なのである、と。

システムは個の集合体です。個と言っても、あるテンプレートに従って人生観を作成された、とてもよく似ている個の集合体です。
しかしそのサイクルに悪意はあるわけではなく、あくまでも、個と集合体を維持しようとする「群体」が存在しているだけなのです。

それはとても自然なことであると、私は感じています。
集合体を生かすことが、個を生かすことでもあるのですから。


「(それは生かされているだけであって)人間として重要なものが蔑ろにされている」という寝太郎さんの意見も理解できます。

それに反旗を翻す、という点について良いと思うか悪いと思うかは人それぞれの判断だと思います。 が、だがしかし確実なのは、その行動は集合体を構成する個にとって批判の対象になるということです。それこそ、良い悪い、ではなく。
システム(≒個人)にとって、寝太郎さんの行動は自分を脅かすものになるのですから。



私に見えている構図は以下のようなものです。


日本 VS 寝太郎さん






良いか悪いかではなくね。
それは自分だけが分かっていればいいことです。




でも批判はされます(笑)。

過労気味サラリーマン #79D/WHSg | URL
2012/03/01 22:41 | edit



42 ■Re:Re:Re:Re:Re:群体(2)

>過労気味サラリーマン@昼休みさん

社会によって欲深い人間にさせられているならまだしも、過労気味さんが前に説明してくださったように、社会によって良心や道徳や正義といったものが作られ利用されているとしたら、それは反旗を翻していいでしょう?
そこには主体的な判断は存在しなくて、人間として最も重要なものが蔑ろにされている。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/03/01 14:54 | edit



41 ■Re:Re:Re:Re:群体(2)

>毎年寝太郎さん

フム、
欲深い人間によって社会システムが作られているのか、
社会システムによって欲深い人間性にさせられているのか、
という違いですね。
鶏と卵。

私はシステムに取り込まれている方の人間なので、後者に感じるのかもしれません。
ある種の贔屓目があるかもしれないことは、よくよく熟慮が必要ですね。

過労気味サラリーマン@昼休み #79D/WHSg | URL
2012/02/29 12:51 | edit



40 ■Re:Re:Re:群体(2)

>過労気味サラリーマンさん
あぁ、そういうことか、噛み合ってますね。
でも意見は違ってて、僕にはやはり、基本的なところで人間の強欲や嫉妬に頼っているように思えます。
国家による教育が巧妙すぎてあまりに深く浸透しているために、僕には見えないだけかもしれませんが。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/02/29 10:29 | edit



39 ■無題

確かに寝太郎さんのやっていることはシステムの破綻を推し進めるものだと思います。
特にネット上で及び本でBライフの普及促進をしているわけだから一人では微々たるものでも増えれば影響が増すとも言えるかもしれません。

もっとも法律に触れているわけではないので排除することはできないですが働くよう変化を促すことは国家単位でしているわけです。
働いて納税してもらわなければシステムが破綻するわけですから。

一般の人々は自分が収めた金ですし年金もらえなくなったら困るけども寝太郎さんにとってはどっちでいいとゆうか貰えたらラッキー位なんでしょう。

マサ #79D/WHSg | URL
2012/02/29 07:23 | edit



38 ■Re:Re:群体(2)

>毎年寝太郎さん
ああ、なるほど。
稼がない人間を抽出するプロセスがないのは法制度の不備で、あたかもそのような人間が存在することを想定していないように見える、とおっしゃりたいのですね?

話は噛み合ってはいるのですよ。
私は、稼がない人間を稼がせるように導こうとしているのが法制度そのものではなく法の理念であり、寝太郎さんを批判する意見を生み出す道徳教育であり、それはつまり日本という国家であり社会システムであると言いたいのです。

直接的ではありませんが、国家は自分自身を維持するために、稼がない人を排除するのではなく変化させるように働きかけるようなプロセスを持っています。

過労気味サラリーマン #79D/WHSg | URL
2012/02/29 03:13 | edit



37 ■Re:群体(2)

>過労気味サラリーマンさん

話が噛み合ってない・・・ですかね?
減免措置の理念は「しかたがなく稼げない人」のためにあるかもしれませんが、生活保護を除いては、稼げないのか稼がないのかは区別されません。
つまり、普通の人は税システムがなんだろうとガムシャラに稼ぐに決まってるという前提でシステムを作っているようにしか思えません。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/02/29 02:29 | edit



36 ■群体(2)

(つづき)

「フェラーリに乗りたい」と思っている人間は、それが当たり前だと思っていてそう思わないと言う人間をバカにしてるのではなく、「フェラーリに乗りたい」と思わなければ今の生活レベルを維持できないのでそう思っている、そう思わように国家に社会システムに誘導されているのです。

では国家とは社会とはなにか?

それはもちろん自分自身であり、国民自身ですよ。
国家とは大きな互助会に過ぎません。
自分を助けてもらうために他人を助けて導き、総体としてのレベルを維持し続ける・・・。

今の日本の大量生産・対象消費状態が正しいのか?という問題はありますが、その問いに対する回答は、①文化的で安全な生活のレベルを下げる(寿命の低下、医療レベルの低下、などを招く。早い話が後進国化ですね)か、②レベルを維持したままもっと効率的なシステムを開発するか、ということになりますね。


えー、、つまり寝太郎さんを批判したり馬鹿にしたりする人は、寝太郎さんを許容すると自分の生活が困るからそうする訳です(笑)。

それに反逆する寝太郎さん、という構図でウォッチさせていただいています(笑)。

過労気味サラリーマン #79D/WHSg | URL
2012/02/29 01:39 | edit



35 ■群体

>毎年寝太郎さん
>むしろ不思議なのは、そういう人間が出てこないという前提で社会システムが作られていることです。

それは、国家というものが、国民に対して文化的で安全な生活を保障することを目的として成り立っているからです。

では文化的で安全な生活とはなにか?
それは国家によって異なるし、数字的に表せば、人口、平均寿命、出生率、識字率、教育レベル、医療レベル、平均資産、、、などとなるでしょう。

これらの数値・レベルを維持するために、国家は国民に対してある一定レベルの納税・勤労・教育を要求します。

「そういう人間が出てこない前提で社会システムが作られている」のではなく、「そういう人間が出てきては社会システムが維持できなくなり、衰退するしかなくなり、それは困る」ので、ある一定レベル以上の納税・勤労・教育をする人間が人口の大多数を占める状態になる理念で法制度が作られているのです。

しかしやはり、心身的な問題や環境的な問題でどうがんばっても所得額を上げることができない層というのは生まれてしまいます。そういった人たちを切り捨てるのではなく、いずれはその人本人や子や孫が社会システムの平均的な一部を構成することを期待して、減免措置などがとられているのです。これも法の理念です。

(長くて切られたので続く)

過労気味サラリーマン #79D/WHSg | URL
2012/02/29 01:38 | edit



34 ■Re:しつこいようですが批判ではありません

>過労気味サラリーマンさん
アテにしてるし、負債だし、迷惑だと思ってますよ。事実はそれで合ってると思います。
むしろ不思議なのは、そういう人間が出てこないという前提で社会システムが作られていることです。「どうせフェラーリ乗りたいだろ?」と言って馬鹿にされてるんですよ、きっと。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/02/28 22:15 | edit



33 ■Re:オススメ本読んでいます。

>にそくのわらじさん
すみません、お薦めじゃなくて、「このブログ見てる人はこんなの買ってるよ」ってやつでした。マルクスなんてロクに知らないんです。
『論理哲学論考』は突然買って読むような本じゃないので放置で正解です。
「にそくのわらじ」いいですね。ぼくも三足くらい履きたいと思ってます。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/02/28 22:09 | edit



32 ■過労気味サラリーマンさん 

私がいた会社にはあなたのような人を集めた部署がありました。
私はその人たちを馬鹿にしていました。
労災の申請もしていません。

まあ客観的に見れば私が馬鹿なんでしょうが、それも生き方でしょう。

今は無職 #79D/WHSg | URL
2012/02/28 19:40 | edit



31 ■なんで迷惑?

寝太郎さんは法に則り、認められた範囲の社会生活を送っている。
不平等を生み、すでに崩壊した年金や保険のシステムを続ける国こそ迷惑だろ。
病気の時に助けを乞うことを迷惑だなんて突き放す言い方は嫌ですね。もっと相互扶助の精神で行きたいものです。
迷惑だなんて言っちゃう人は隣人を助けることもしない冷たい人だと思います。世の中金が全てじゃないでしょう。日本をアメリカのような国にしてはいけない。中国のようにしてもいけない。
江戸時代の日本が一番上手くいってたんじゃないかな。

ぷんぷん #79D/WHSg | URL
2012/02/28 16:33 | edit



30 ■しつこいようですが批判ではありません

>マサさん

所得額が年金・健保・税金の免除対象額を超えないように気にして、年金・健保の免除申請をしているということは、それはつまりいずれアテにするつもりがあるということです。
そのときになって寝太郎さんがどういう行動をとるかは本人にしかわかりませんが、今現在の彼の行動を定性的に言うならば、「寝太郎さんは社会制度をアテにしている」ということです。

だって、本気でアテにするつもりがないのであれば、いくら稼いでも年金も健保も払わなければいいだけのことですから。源泉徴収ではないのだから、放っておけば自然と受給欠格者になれます。(税金だけは仕方ないでしょうが)。

しかし寝太郎さんはそうはしないでしょう。
彼にとって社会制度は「手段」であって、社会制度から完全に離脱することが目的ではないのですから。


もう一点、別の視点からですが、いみじくもマサさんがおっしゃられている、「将来は社会制度など破綻している」という点、私を含めてほとんどの方が同意されるところでしょう。
さて、ここで寝太郎さんの状況を分析すると、彼は将来的に払った以上の額を受給、または払った額に見合う以上の社会保障を教授することになります。これは、”現時点の”社会保障システムにとっての”負債”なのです。
将来の、ではありません。現時点で負債として計上されているのです。
システムにとって何千万分の一の影響かもしれませんが、破綻を促進させている原因のひとつだとは言い切れるでしょう。
この点においても「迷惑」だと言えるのです。

「迷惑をかけている」というのは単なる事実。

「だからやめろ」とかそういうことを言っているのではありません。それはまた別の話。

ただ現状認識は正しくしたほうが寝太郎さんの行動は楽しめますよ、ということです。

過労気味サラリーマン #79D/WHSg | URL
2012/02/28 02:06 | edit



29 ■オススメ本読んでいます。

社会人学生で経済学を先行している者です。

昨年Bライフ研究所HPで衝撃を受けて以来、ずっとブログをウォッチさせていただいております。

寝太郎さんのオススメ本なのかなと思い、掲げている4書籍のうち、たまたま本屋に在庫があった賃労働と資本 (岩波文庫) を先程買いまして、読んでいます。まだ1/3ぐらいしか読み進めていませんが、労働とは何かをあらためて考える良いキッカケになりそうです。

賃金・価格および利潤の方も本屋に売っていたので買ってみましたのでこちらもあわせて読もうとおもいます。

「論理哲学論考」も実は在庫がありましたが、こちらは小生にはちょっと難しく感じたので購入を見送ってしまいました。

にそくのわらじ #79D/WHSg | URL
2012/02/27 23:14 | edit



28 ■無題

年金や社会保障を当てにしていると決めつけているけど寝太郎さんはおそらく入院せずに小屋で
孤独死すると思いますよ。
痛み止め位はもらうかもしれないけど。
それに寝太郎さんが年寄りになる時には社会保障などとっくに破綻していて社会に頼れないと思いますがね。

マサ #79D/WHSg | URL
2012/02/27 19:14 | edit



27 ■Re:Re:Re:Re:無題

>毎年寝太郎さん
最初のコメント(一人で生きている云々…)はワープア氏に対しての言葉です。たぶん寝太郎さんはそうではないことは感じています。
次のコメントは今は無職さんの質問に対しての言葉です。自分がこうだったから、他人もそうすべき…なんてつもりは毛頭ありません。

ただ、寝太郎さんの生き方は他の人に迷惑をかけているのは、これは事実。
あと、年金保険料や健康保険料や税金を納めるのは、自分の力で生きるのではなく、他の人と協力して生きるための行為。

だからといって批判しているわけでもない。
HPもブログも面白く拝見させていただいておりますよ。

事実として迷惑なのと、面白いのとは、別問題です。

過労気味サラリーマン #79D/WHSg | URL
2012/02/27 02:48 | edit



26 ■Re:Re:Re:無題

>過労気味サラリーマンさん
自主独立なんて言ったことは一度も無い。
ただ税金や年金を納めたくらいで自分の力で生きていると思うような生き方はしたくないしできない。そうした何年もの葛藤があった挙句の生活を、社会剰余に頼るのはけしからんと一刀両断されれば、腹も立つし憎しみも湧く。この先何人のそういう人に出会うかと思うとうんざりする。
過労気味さんにどんな経緯があったかは、申し訳ないけど別問題です。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/02/27 01:12 | edit



25 ■Re:Re:無題

過労が直接の原因かはわかりませんが、多忙の末に癌を患って長期入院しました。
会社側は傷病休扱いにしてくれて辞めずにすみました(給料も基本給はでました。ありがたや)。
会社と健康保険のありがたみを身にしみて感じておりますよ。

過労気味サラリーマン #79D/WHSg | URL
2012/02/26 23:14 | edit



24 ■Re:無題

>過労気味サラリーマンさん

あなた実際に過労で倒れて入院したことがありますか?

私はあります。
一部上場企業でしたが、薄情なものでしたよ。

今は無職 #79D/WHSg | URL
2012/02/26 18:07 | edit



23 ■無題

>ワープア
>他人に迷惑をかけずに自分ひとりの力で生きている寝太郎さんを批判する意味がわからん。

自らは納めずに我々が収めた年金と健康保険料をアテにしている時点で自分ひとりの力で生きているとは言わないし、十分迷惑なのですよ・・。

過労気味サラリーマン #79D/WHSg | URL
2012/02/26 00:02 | edit



22 ■無題

>書類を作らず(これは確認したところ別にいけないことではないらしい)

語弊があった。
ほぼ白紙の書類(現金出納帳など)を作るということ。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/02/19 16:42 | edit



21 ■Re:質問

>むらおさん
住民票は住んでさえいればどこでもおけるみたいですよ。キャンプでも友人宅でも。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/02/19 15:02 | edit



20 ■Re:無題

>uratanrinさん
煩わしい。
今の煩雑な書類社会を象徴してる

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/02/19 14:58 | edit



19 ■Re:収入アップのバランスは?

>かもめさん
それ皮算用や!

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/02/19 14:57 | edit



18 ■Re:偉いですね。

>働かないおっさんさん

業種や稼ぎにもよると思うんですが、10万控除にするよりは、経費とかはプライベート扱いにして書類を作らず(これは確認したところ別にいけないことではないらしい)65万控除にしたほうがお得な気がします

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/02/19 14:56 | edit



17 ■Re:無題

>shuchangさん
>年金や健康保険もこれまでのようにはいかなくなるでしょう

課税所得はバッチリ0円ですよ^^v

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/02/19 14:53 | edit



16 ■無題

他人に迷惑をかけずに自分ひとりの力で生きている寝太郎さんを批判する意味がわからん。

ワープア #79D/WHSg | URL
2012/02/19 13:08 | edit



15 ■無題

国民の三大義務のうち2つを放棄してるだろーが。

独歩 #79D/WHSg | URL
2012/02/19 11:02 | edit



14 ■Re:擦り寄り人生Bライフ

>擦り寄り人生Bライフ
寝太郎は別に義務と権利をほっぽり出してる訳じゃないだろ。
ただ人間関係を最小限にしたいのと、あくせく働きたくないだけで。

自由を気取って義務と権利をほっぽり出してる人間の方がよっぽどクソだと思うよ。

774RR #79D/WHSg | URL
2012/02/18 22:12 | edit



13 ■擦り寄り人生Bライフ

保険料免除だの年金免除だの確定申告だの社会に擦り寄って生活するのがBライフなのですね。

擦り寄り人生Bライフ #79D/WHSg | URL
2012/02/18 21:32 | edit



12 ■質問

今住んでいる所に住民票がおけるんですか?

むらお #79D/WHSg | URL
2012/02/18 13:46 | edit



11 ■所詮は

アフィや本の印税のことで批判コメントがあるけど、『所詮、寝太郎も資本主義の豚』だったということでしょ?
霞み食って生きていけるわけじゃねーし、しょうがないけど、真面目に働いているやつを馬鹿にするようなことはするなよ。

ドッピオ #79D/WHSg | URL
2012/02/18 12:46 | edit



10 ■勉強になります

私もアフィリでお金を得ている人間なのですが
経費とか考えもしませんでした。
もっと収入が増えて申告とか出来るように
なったら経費とかで上手くやっていけたら
いいなぁと思いました。
寝太郎さんのライフスタイルって今の
日本だから出来ることなんじゃないかな~って
思うんですけどお金を稼ぐほどいいと
思いこんでる人もちょっと考え直したほうが
いいのかなと思いますね^^;

たんぽぽ #79D/WHSg | URL
2012/02/17 18:18 | edit



9 ■無題

確定申告、煩わしいですね。それでもBライフを崩さないとは本物! 本を書くことも自己実現の一つ、これもぜひ続けて下さい。

uratanrin #79D/WHSg | URL
2012/02/17 12:41 | edit



8 ■65万!?

そっかー、アフィリエイトって個人事業主になるんですねー
65万円って控除のことか…
収入が65万円以上あるとか、経費が65万円認められたのかとか、一瞬勘違いして驚いてしまいました~

ちょるる #79D/WHSg | URL
2012/02/17 10:57 | edit



7 ■収入アップのバランスは?

一つ気になっているのですが寝太郎さんの月支出には経費が含まれていません。
家庭教師をしたり、印税やアフィリ収入、論文添削に対する収入があると言う事は、この場合個人事業主だと思います。もちろんそれとは別に給与収入があってもOK。

事業であれば経費の支出は認められていますから、例えばパソコン、カメラ、ネット通信費、電気代などは経費として落とせるはずです。
もしモバイルB号の旅行記がアフィリの収入に繋がっているのであれば、ガソリン代や緊急の宿泊、モバイルB号の修理費も経費になるのではないですか?
(確かパソコンは10万以内であれば、原価償却ではなく直接経費にできます)

もし寝太郎さんのBライフの方向性と必然的に発生する経費の方向性が同じであれば、収入はしっかり増しつつ経費も使って年収を調整し、Bライフをさらに発展させると言う事はできないでしょうか?
私は寝太郎さんほど生活を切り詰めることはどうしてもできませんが、どうにかして収入と支出のバランスを取りながら生活のゆとりを生み出したいと考えています。

また長くなりましたがこのBライフ研究所をとても参考にさせて頂いています。今後の展開と発展を期待しています。

かもめ #79D/WHSg | URL
2012/02/17 10:19 | edit



6 ■収入アップのバランスは?

寝太郎さんへ、誰かのコメントにあったので私自身すこし考えてみました。
私は、例えば本が売れて印税が入り、アフィリで収入が増えても構わないと思います。お金は幾らあっても邪魔にはなりません。

多分寝太郎さんが試行錯誤しているのは、収入を増やすために面倒な人間関係が発生する弊害を避けながら、他人に迷惑をかけず、法を侵害せず、最低限の生活は継続して行きたい、というところではないでしょうか?

では最低限の生活を維持する以上の収入が、寝太郎さんの期待を超えて入ってきた場合はどうするのでしょうか?
例えば「本が売れて印税が入る→アクセスが増えてアフィリ収入が増える→さらに本が売れる→社会的注目度が上がる→対外的人間関係が増える→高額納税の義務が発生する」といった過程になると、Bライフの理念からは大きく外れていっていまう事は容易に予想できます。知名度が上がればBライフ研究所に勝手に訪問してくる人間も出てくるでしょう。

ここで勘違いしてほしくないのですが、私は収入が増えることを非難していません。むしろ頑張れと言いたいし、知人に会えばこんな面白い発想を持った人がネットにいると伝えるでしょう。

では逆に日本社会が過度のインフレに傾いていった場合、収入の上限を決めてしまうと増える一方の支出に対応できなくなる可能性もあります。
支出増大の結果としてホームレスになるか、あるいは社会保障のお世話になってしまう。いずれにしてもBライフを維持するためにはどこかで矛盾が生まれてくるのではないでしょうか。

続く

かもめ #79D/WHSg | URL
2012/02/17 10:16 | edit



5 ■偉いですね。

青色控除65万をする帳簿をつけるの偉いですね。
僕も自営でのらりくらりと100万~200万ぐらいでやってますが、10万控除でいいやって感じ。
まともに簿記もできないし、売り上げと経費の
足し算引き算でもめんどくさい・・・
インチキはしていないけど低収入の僕に税務署は目もかけないですよ。計算が申告書上で合っていればいいのだと思います。
10年ぐらいやってますがいつも郵送しておしまいです。1度も税務署に出向いたことないです。
向こうから問い合わせが来たこともない。
僕の払う税金より彼らの日当の方が高給でしょうw僕なんかに時間使ったら逆ザヤになりますから。

働かないおっさん #79D/WHSg | URL
2012/02/16 21:47 | edit



4 ■無題

ネットで確定申告すれば初年度5000円?分税金が浮きますよ。
ただし、住民基本台帳カード発行費用とICカードリーダー購入費用が発生するので、実質2000円以下になりますが・・・。
来年からはわざわざ税務署に行かなくてもよくなるメリットはありますね。

経費に関しては、事業に関係があると判断すればとりあえずあげられるだけあげといて、指摘されれば修正するという手もなくはないですが・・・

いやはや、確定申告で控除のことで悩むほど稼いでいるとはうらやましい限り。となると、年金や健康保険もこれまでのようにはいかなくなるでしょうし、そちらもお忘れなきよう。

shuchang #79D/WHSg | URL
2012/02/16 21:40 | edit



3 ■無題

たしか10年くらい前(もっと前かも)に「私の生き方が作品だから生活にかかる費用はすべて経費にあたります」って税務署に言って通らなかったアーティストがいましたが、寝太郎さんもですかw

スギオ #79D/WHSg | URL
2012/02/16 21:37 | edit



2 ■Re:食費も

>食費さん
僕もそう思って^^;確定申告相談に電話して、僕の生活と事業とは切り離せないんです、と言ったら、
ふざけんじゃねぇ一銭たりとも計上されねぇよ税金なめんな、と言われました。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2012/02/16 20:53 | edit



1 ■食費も

ブログに写真をアップするために作ったってことで、経費としてカウントできそうな気もします。
さすがに無理かな!?5割くらいは経費として認めてもらえそうなw

食費 #79D/WHSg | URL
2012/02/16 20:40 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ