寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

都会で放浪する方法  


ホームページに、都会で放浪・短期滞在する方法をざっくりまとめました
概要シェアハウスネットカフェ野宿


以下、宿泊設備としてのシェアハウスについて、雑感です。

一ヶ月前に退居通知という制約が大きすぎて、そこそこ長く住む決心がついてからでないと、どうも使いにくい。あるいは、最初から一ヶ月という契約で入るとか。
今回居たところも、たまたまオフシーズンだったのでギリギリまで予定を曖昧にできただけで、普段はそうはいかない。
一日単位で支払うゲストハウス的なものは、都会には少ない。

せっかくシェアハウスに入ったら自炊して食費も節約したいところだけど、キッチンの使い勝手とか、ゴミルールとか、スーパーも把握しないといけないし、調味料も揃えないといけなかったりして(退居の際は荷物になる)、なんだかんだで面倒は多い。

当然、お金の問題やその他いろいろな面倒を考えれば、田舎だろうと都会だろうと、定住するに越したことはない。ただ、そこまで金持ちでなくとも放浪生活や短期滞在はできると思う。
先月までは家賃としては結構高い部類のシェアハウスに住んでいた。場所を選ばなければ、さらに安く、個室でシェアハウス・ゲストハウス生活できる。

よくわからないのが、「シェアハウスの強み」としてしばしば語られる、インターネットで直接募集しているので仲介料が必要ないとか、保証人が要らないとか、敷金礼金が必要ないとか、月単位契約とか、「シェア」とは基本的に何の関係も無いような気がするのだけど、どうして「シェアハウス」の代名詞のようになっているのか、その辺の経緯・法律的なこと。

あと、旅館業法的に言って何がグレーで何がブラックなのか。僕の理想としては、極めて簡単な1畳半くらいの個室と、共同のキッチン・トイレ・シャワーがあればそれでよく、カプセルホテルの劣化版のようなものがあればいいのだけど、どうもそれはブラックらしい。それじゃあカプセルホテルというのはなんなのか。ホームページにも少し書いたけど、そのあたりの法律的なことを知っておきたい。つまり、もっと狭くていいから低価格でフレキシブルな宿泊施設が増えて欲しいということ。


---------------

その他
  • Tumblrを始めました→Small House Notes

  • スモールハウス』関係
    • 増刷されました。第二刷。
    • 産経新聞(2012年11月11日)に書評が載りました。
    • 雑誌『POPEYE』(12月10日発売)に記事が載ります。
    • 「suumoジャーナル」(12月)に記事が載ります。
    • 韓国語に翻訳されます(時期未定)。韓国でも昨年あたりからスモールハウス(狭小住宅)に対する関心が高まっているという話でした。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ゲストハウス

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ