寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

「自分、拡声器いいっすか?」  


人が多いの苦手で、存在感が無くて、声が通らないので、レストランや宴会場の仕事は向いてないと思う。
自分の存在を主張することで他人を動かすのが苦手。
他人の世界に介入するのが苦手。
耳の遠い人は補聴器付けてるんだから、声の小さな人は拡声器付けてもいいんじゃないだろうか?

仕事はなんとなく分かってきた。
そのわかり方がすごく新鮮で、全体像がわからないまま、何をやっているのか良くわからない断片的なものが積み重なって、あぁこれはこういうことだったのかとか、あとから繋がりが見えてくる。
全体から部分へという分かり方のほうが性に合ってるけど、小さな頃みたいに、自分がどこにいるかもわからない、部分しか得られない世界へ自分を放り投げてみるのもまた一興。
すげぇ、うまくできてる、これ全部誰かが仕組みを考えたんだ、生かされてるなぁ自分は・・・という感じ。その「誰か」を信じることが、一番楽に生きる方法だと思う。

昔やった倉庫バイトは、完全に個人個人が「他人は関係ない」という感じで、その雰囲気はよかった。でも、わざわざ東京に出て、住むところを確保して、毎日バスで通って、高くてまずい食堂の飯を食って、すごい効率悪かった。それに比べると今は天国のよう。

15分休憩の時間だけが部屋にも戻れずちょっと手持ち無沙汰なので、暇つぶしにスマホで株かFXでもしようかと考えている。もちろんそれで稼ぐ気は無い。FXって要はギャンブルでしょ?バイト代が入ったら10000円くらい投資しよう。

休憩時のマイポジション↓
10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

とにかく、コミュニケーションが遮断されていても、相手に対する好き嫌いとは別物で全く悪気は無いのだと伝えることと、仕事に関しては誠実にコミュニケーションすること、これらに気をつけていれば、まともな職場なら面倒なことにはなるまい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: リゾートバイト

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ