寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

タイの家賃は月2000円でした  


アジア横断(前記事参照)したとき7ヶ月で15万円しかかからなかったのは、タイで格安生活を送っていた期間が長かったからだと思う。
7ヶ月中3ヵ月くらいはタイの南の島でダイビングをしていた。

住むところは、旅行者用のバンガローとかじゃなくて、地元民用の長屋みたいな家屋の一室を、一ヶ月800バーツ(≒2000円)で借りていた。
ガランとした部屋で、照明とコンセントがひとつ、扇風機がひとつ、マットレスにシーツ、これで全部。トイレとシャワーは共同で、他はみんなタイ人。
もちろんシャワーは水シャワーで、トイレはペーパーではなく、手桶に水を汲んで手で洗う方式。
高かったのか安かったのかはよくわからない。バンコクでも安アパートが2000バーツ以下からあることを考えると、そんなもんかなと思う。

生活はたとえばこんな感じ。

6:00 起床、朝飯
6:30 ダイビングショップで準備
7:00 午前のダイビング出発
11:30 帰港
12:00 昼飯
13:00 午後のダイビング出発
17:30 帰港
18:30 夕飯
23:00 就寝

ダイビングが無い日も多かった。

朝飯は必ずパトンコーという揚げパン。
こういうやつ→http://www.thaiphoto.biz/yts/yts009.html
この「名前わからない」のもパトンコーだと思う→http://d.hatena.ne.jp/pha/20121210/1355096752
形はいろいろあって、僕のは染色体みたいなX型をしていた。
コンデンスミルクをたっぷりかけて食べるとやみつきになって、ほぼ毎日それだった。
値段はタダ。毎朝それを大量に作る食堂のおばちゃんが「何バーツでもいいよー」と言うから、いつもタダで食べていた。まぁ原材料タダみたいなもんだからね・・・。

昼飯は、肉や魚介がたっぷり入ったラーメンみたいなやつだったり、チョーメンとかいう焼きそばみたいなやつだったり、これまた魚介たっぷりチャーハンだったり。100円以下。

夕飯は、魚介料理をたらふく、これもせいぜい150円。

他にお金はほとんど使わなかったから、生活費は月に1万円だった。

ちなみにダイビングも格安で、ダイブマスターコースというのがあって、これは一応プロの資格取得のためのコースなんだけど、訓練や手伝いと称して無制限に潜れた。このコースが器材コミ50000円くらい。僕は3ヵ月で終えちゃったけど、半年でも1年でも無制限だった。たとえば250本潜れば一本200円である。南の島でのんびりしながら経験を積みたい人にはもってこいかも。

※追記
食堂は、昼も夜もお世話になってて、たまにダイビングのお客さんを連れて行ったりもしていた。
いきなり行ってタダで食べれたかどうかは知らないけど、雰囲気的には食べさせてくれそうだった。
おばちゃんは、朝、島の人やダイバーが動き出す前に揚げパンを作って港に持っていく。
その直前にお邪魔してつまんでいた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: タイ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


18 ■無題

7ヶ月15万はすごいですね!!
俺もバックパックの旅に出ようと思ってるんですが、こんなに格安で海外で生活している寝太郎さんを見てると何とかなりそうな気がしてきます。
もっと旅話聞かせてください。待っとります。

ヒロユキ #79D/WHSg | URL
2013/01/27 14:48 | edit



17 ■無題

「何バーツでもいいよー」
って、0バーツもありなのかね。
その発想は無かったわ。

まぁ原材料タダみたいなもんだからね・・・。 #79D/WHSg | URL
2013/01/26 22:13 | edit



16 ■無題

ダイビングのインストラクターの資格を持ってるんですよね。
インストラクターとして働いたりはしないのでしょうか?
タイで取得と聞きましたが日本でも有効な
しかくなんでしょうか?

くま坊 #79D/WHSg | URL
2013/01/25 12:56 | edit



15 ■無題

一応補足しといたけど、こんなの補足し始めたらキリがない。
ちなみに割り算間違ってた・・・

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/01/25 10:36 | edit



14 ■Re:昔々

>バゴーンさん
うん、そんな感じ。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/01/25 10:32 | edit



13 ■Re:今更タイの貧乏話とか・・・

>海外でありがちな勘違い君さん
僕がどんな愚かな勘違いをしていたのか、それが羞恥心という崇高な感情にどう結びつくのか、面倒でなければ詳しく教えてください。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/01/25 10:29 | edit



12 ■無題

パンをタダで食べてたって、宿についてる食堂だからじゃないの?わかんないけど。

小金ためてタイに永住してる日本人多そうですね。500万程度貯めれば安泰に暮らせそう。

ygt #79D/WHSg | URL
2013/01/25 10:19 | edit



11 ■おもしろい!

小屋編も面白いけれど
海外放浪編もこれまた面白い!

アルキル鉛さんと同じく
道中の病気のエピソードに興味津々^^;

寝る造 #79D/WHSg | URL
2013/01/25 06:18 | edit



10 ■昔々

タイはそんな感じよね
俺も仲良くなった兄ちゃんの家にタダで居候してたことあるわ

バゴーン #79D/WHSg | URL
2013/01/25 01:13 | edit



9 ■1

それよりタイでのデング熱の話が聞きたいです。
僕の兄もかかって死にかけてたんで
病院はかなり綺麗だったらしいんですが

アルキル鉛 #79D/WHSg | URL
2013/01/25 00:20 | edit



8 ■無題

みんな批判ばかりしてるけどタイにいったことないよね?
寝太郎さんが言ってるのはそんなに違和感ないよ。

日本でも外人めずらしくて田舎のおばちゃんが必要以上に
もてなすとか普通にあるよね。
それでおばちゃんも日本人がー みたいな話で楽しいならありかと
マイペンライの国だからねー

でも3ヶ月毎日その行為に甘えてたら日本人としては問題あるとは思う。

そうたろう #79D/WHSg | URL
2013/01/24 23:30 | edit



7 ■今更タイの貧乏話とか・・・

ああ恥ずかしい。

海外でありがちな勘違い君 #79D/WHSg | URL
2013/01/24 21:35 | edit



6 ■海外ってそういうのよくありますよね

戦後間もなく進駐軍が日本に来て子供にチョコレートただでやったら、その親がベースキャンプ前に野菜届けに来たとかすごく象徴的。この精神は日本、イタリア、バリなど少数の民族間だけに通用するレアな社会認識で、美徳でもあり悪徳でもありますよね。タイでは聞いたことありません。
ですから批判は的外れかと。あくまでタイ人の物差しで測るべきかと。
・・・貰ったら返すのは義務。この固定観念のある国は、マフィアやヤクザと呼ばれる「情を飯のタネにする輩」どもがはびこるからいやだ。もっとドライな国に行きたい。

苫人(とまんど) #79D/WHSg | URL
2013/01/24 21:04 | edit



5 ■Re:狙いすぎです。

>絶句2さん
アイゴー!世の中タダとかないニダ!寝たろうの作り話に違いないニダ!タダだったら、ウリが貰いたいニダ!

端午の絶句 #79D/WHSg | URL
2013/01/24 20:59 | edit



4 ■交換するということ。

売り手が「何バーツでもいいよ」と言っているのですから、タダで食べさせてもらってもいいのでは。お互いに合意ができていればそれでよいと思います。
そもそも物の値段は固定されたものではなくて、その時時で変わるし、払える人が多めに払って払えない人は少し(あるいはゼロ)というのもありだと思う。あるいは、お金以外のもので払うという手も。

きっと、その揚げパン売りはおおらかな人だったんだろうし、寝太郎さんは寝太郎さんで、タダで食べさせてあげたくなるような人徳があったんでしょう。

布団虫 #79D/WHSg | URL
2013/01/24 20:07 | edit



3 ■Re:狙いすぎです。

>絶句さん
>絶句2さん
ん?狙うって何を狙うの??サプライズ???
俺の分かる言葉で頼むよ・・・

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/01/24 19:58 | edit



2 ■狙いすぎです。

私もこのブログは暇つぶしにみさせていただきましたが、今回は、その借りていた部屋の写真が無いので、言葉が出ません。

ほんとに住んでいたのですか?

絶句2 #79D/WHSg | URL
2013/01/24 19:29 | edit



1 ■狙ってますか

 私はこれまでこのブログを楽しく読ませていただいておりましたが、今回の記事の「大して原価かかってないだろうし揚げパンはお金一切払わなかった」というくだりには正直言ってあきれ返りました。

絶句 #79D/WHSg | URL
2013/01/24 18:29 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ