寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

vs冬将軍  


10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

試運転のときの薪ストーブ。
焚きつけは、新聞紙、ダンボール、松ぼっくり、枯葉などで、特に松ぼっくりは林に行けば無限に落ちている。

まだ全然うまく燃やせなくて、特にチョロチョロ長時間燃やすのは本当に難しい。
太い薪が無いのも苦戦する理由のひとつだと思う。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

これが、適当に薪を放り込んでおいても自然に火がつくくらいまでストーブ内の温度を高めた状態で、これをやると、一瞬で室温25度以上になる。
正直、これが一番楽で、一度高温状態になったら、あとはちょこちょこ薪を加えればいいんだけど、ただ、これをやると本体がピシピシいってちょっと恐い。

薪の量や大きさからして、長時間の運転はきつい。
夕方つけて、一気に室温上げて、あとは寝るまで惰性で薪をくべ続けるんだけど、その間に消えてしまうときもある。
まぁ、室温は15度あれば快適に過ごせるので、余熱でごまかすこともできる。

アップにすると迫力あるけど、実際はこんなもん↓

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

そう、薪ストーブ導入に伴って、部屋の模様替えをした。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

机に向かってるときに火が見えるようにしたんだけど、気になって仕方がない・・・。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

関係ないけど、冬のロフト。狭くて暖かい。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

リヤカー本来の使い方。

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

まだ薪置き場を確保してないので、波板とダンボールを被せて放ってある。

毎日、夕方になって冷えてくるのが楽しみ。
今夜はこの冬一番の冷え込みらしい。
かかってこいや!



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 薪ストーブ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


24 ■Re:無題

>リバーさん
煙突が機能すると、ドアや窓の隙間から風が入ってくるのがわかります。
小屋内の空気の換気になって、いいですね。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/03/01 13:57 | edit



23 ■Re:ホイル焼き

>寝太郎ファン28号さん
ホイル焼きしたいですね。
とりあえず、ジャガイモと、鮭くらいかな??

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/03/01 13:49 | edit



22 ■Re:出費に驚いた!

>T1さん
残念、鉄製・・・

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/03/01 13:48 | edit



21 ■Re:ちょっと心配

>しろわんさん
石膏ボードにする予定だったんですよ。でもコメリに何店舗か問い合わせたら、置いてないって話で・・・。
様子見つつ、です。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/03/01 13:47 | edit



20 ■Re:タイミング

>牛尾です。さん
ヤカンかけて湯たんぽが最強ですね。朝まで温かいもの。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/03/01 13:45 | edit



19 ■無題

換気しなくても煙突あるから一酸化炭素中毒にはならないものなんですね、インディアンテントとかも上が開いてるから中で焚き火しても大丈夫だって聞くけど。酸素の供給のための換気は必要なんですか?...暫く更新ないけど死んでませんよね!?

リバー #79D/WHSg | URL
2013/02/28 17:40 | edit



18 ■本読みました

スモールハウスとても参考になりました。日本にご紹介いただき感謝です。ローレンスさんの家にも吉田兼好さんの本があるのですね。

川合 #79D/WHSg | URL
2013/02/27 14:09 | edit



17 ■火が持たないなら

もう、炭焼きをするしかない!

ジューサー #79D/WHSg | URL
2013/02/24 12:21 | edit



16 ■初めまして

あーやっと全読。
私も小屋生活したくて辿り着きました。

煙突部分をグラスウールで断熱して焚口の広さを調節すれば、それはもうロケットストーブでは。
着火が楽で薪が1/5になるとか。
あ、薪は無制限にあるのか。

らぶすけ #79D/WHSg | URL
2013/02/22 19:06 | edit



15 ■面白い

時計型薪ストーブの寿命は2~3年くらいです
ぜひ今度ロケットストーブも試して下さい。

ペコタン #79D/WHSg | URL
2013/02/21 13:40 | edit



14 ■ホイル焼き

薪ストーブを設置されたので、とても簡単で美味しいホイル焼きに挑戦して見て下さい。おすすめです。

寝太郎ファン28号 #79D/WHSg | URL
2013/02/21 09:46 | edit



13 ■無題

未来?そんなものは所有者の贅沢だよ。

必要あらば、現在役立ちうる知性の剣にて十分未来に立ち向かわん・・・

尋常エール #79D/WHSg | URL
2013/02/21 08:07 | edit



12 ■無題

現在のこの生活に満足してるのに、将来の何が心配になるのか分からない。。。

ゆた #79D/WHSg | URL
2013/02/20 22:42 | edit



11 ■無題

失礼ですけど将来はどうするんですか?

渋谷 #79D/WHSg | URL
2013/02/19 21:54 | edit



10 ■無題

薪ストーブ大活躍ですね。
火のある生活は憧れです。
さらにhttp://tesne.shop-pro.jp/?pid=39831568これがあれば薪で自家火力発電が出来ますね。
私もウチの石油ストーブに置きたいけど、高い…。

火事には気を付けてくださいね。

dos #79D/WHSg | URL
2013/02/18 22:17 | edit



9 ■出費に驚いた!

おおー清水の舞台から飛び降りましたねぇ
その環境で薪ストーブに金を掛けられるか
楽しみにしていました、ステンレスなら薄くとも
一生物ですわ、SUS430とか18-8ステンは
錆びないので高温酸化しません。
ステン餅網も同じ、タレとか付けば手入れすることです。
次は、中に炉台と12インチダッジオーブンでチキンローストでしょう

取水跡か水場から使う時だけ水を引くか
あきらめて井戸業者をに任せるかことです
水が出なければ料金はナシか限りなく
0円ということで・・・

T1 #79D/WHSg | URL
2013/02/17 20:55 | edit



8 ■ちょっと心配

薪の明かりは心が和みますね。
ただ輻射熱が心配です。
壁のアルミで防護した部分です。
下に石膏ボードを張ることをお勧めします。
甘く見て、火事になった例を知っているので。

しろわん #79D/WHSg | URL
2013/02/17 09:59 | edit



7 ■寒いですね。

寝太郎さん。東京も寒いです。灯油は高いので、布団に入って寝ています。寒い日は、猫といるのが一番です。

巡礼者 #79D/WHSg | URL
2013/02/16 21:57 | edit



6 ■タイミング

寝太郎さんまだまだ冷え込む中、タイミング良く設置できて良かったね!燃やし方の事は寝太郎式がやがて出来る、外に松ぼっくりや桜の枝がいくらでも有るのはラッキーな事、自然は寝太郎さんを温めてくれる、薪が出す熱は、その木が育つにあたり受けた太陽エネルギーなんだと聞きます、太陽や地球、自然とより一体を感じる事が出来るのも小屋暮らしの贅沢、都会ではなかなか出来ない事、一輪車やリャカーも薪の運搬に道具としての本領を発揮するね!牛尾はチェーンソーまで使い薪を集めているけど最近は手の痺れが心配… ヤカンんかけて湯タンポがよいね!

牛尾です。 #79D/WHSg | URL
2013/02/16 20:57 | edit



5 ■薪ストーブ

はじめまして。ストーブには灰(なければ砂等)を厚めにひくといいですよ。

カンちゃん #79D/WHSg | URL
2013/02/16 20:02 | edit



4 ■無題

昔住んでいた家は、薪風呂(一応ガスは来ていて、蛇口からもお湯は出る併用型)とかまどがあいましたので、よく火をつけてました、薪は材木屋から廃材を買ってましたね・・焚付は、杉っ葉を使ってました、あれはよく燃えたなぁ・・今では外で味噌作りする時しか火は炊かないですが、薪の火が懐かしいです

アダチ #79D/WHSg | URL
2013/02/16 19:53 | edit



3 ■焚き付け等

参考になりました。暖かくなったら外でやっていようと思います。
さすがストーブは火力すごいですね

いしい #79D/WHSg | URL
2013/02/16 17:36 | edit



2 ■無題

リヤカー手放してなかったのですね。
リヤカーとカブがあれば牽引して廃パレットとか
剪定くずとか貰いに行けますね。

くれぐれも火事に気をつけて小屋暮らしを楽しんでください。

実用 #79D/WHSg | URL
2013/02/16 17:32 | edit



1 ■無題

>これをやると本体がピシピシいってちょっと恐い。

そんな弱気でどうするんでしょう? 本体が
ビシビシいった後どうなるのかを見届けるのが
科学的精神ってもんじゃあないでしょうか。
あと部屋の隙間をテープで目張りして、
酸素供給の少ない燃焼態様の観察なんかも
科学的で素敵です。


x #79D/WHSg | URL
2013/02/16 17:27 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ