寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

ロフト(小屋裏物置)の規定について  


ロフト(「小屋裏物置等」と呼ばれる)については、建築基準法には明確な基準がなく、施行通達や適用事例などに基づいて、各自治体が改めて明文化している。

ロフトが階とみなされず、床面積に算入されないためには、以下の規定を満たす必要がある。(下記の「施行通達」より)

・水平投影面積が階下の床面積の1/2未満
・最高内法高さ1.4m以下

その他、各自治体によって、細かい規定や解釈の違いがある。特に、

・はしごを固定してよいかどうか
・建物用途について(戸建て、共同住宅、店舗など)
・用途について(収納、居室など)

などについて、解釈が分かれる。

面積が階下の1/8未満とされていた昔は、用途も厳しく規定されていたらしいが、今では、ざっと検索すると

・都市部・・・はしご等の設置方法は特定しないが、用途は収納に限り、居室等には使用できない
・地方・・・はしご等の設置方法は特定せず、用途も特に制限はない

という感じ。もちろん、ざっくりな話だから要確認。たとえば、

江戸川区・・・はしご等の設置方法は特定しない
世田谷区・・・用途は収納目的の物置に限る、居室等には使用しない
神奈川県・・・用途については収納に限定、はしご等の設置方法は特定しない

など。

ちなみに山梨県は、担当部署に電話したところ、広さと高さ以外の規定は無い。

うちの小屋のロフトは、広さは階下のちょうど半分くらい(床面積は中心線で測ったことがないので厳密にはわからない。たぶん、玄関に軒を作る前は1/2をオーバーしていたと思う)、高さも1mくらい。はしごはガチガチに固定、用途はベッドルーム。
規定は知らなかったけど、結果オーライというやつ。

そういえば、海外のスモールハウスの動画なんかを見ていて、どうしてわざわざはしごを取り外し式にしているんだろうと思っていたが、もしかしたら海外にもその種の規定があるのかもしれない。

------------------------------------------------------------
施行通達

小屋裏、天井裏その他これらに類する部分に物置等がある場合において、当該物置等の最高の内法高さが1.4メートル以下で、かつ、その水平投影面積がその存する部分の床面積の2分の1未満であれば、当該部分については階として取り扱う必要はない

(平成12年6月1日建設省住指発第682号、あるいは『基準総則・集団規定の適用事例』p.79)




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: セルフビルド、DIY
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


21 ■↑

まあよくわかりませんが、こういうドタバタを聞くと、基礎をあえて固定しない非建築物すなわち「構築物(?)」を維持するのが楽だなぁ~と思ってしまいますね。

野宿マン #79D/WHSg | URL
2013/03/25 17:42 | edit



20 ■2chから

そのままなら良かったのかも知れないが、木製物置が雨漏りしたんで
小屋の裏に波板の屋根を取り付け、その軒を物置に固定してしまった。
これでひとつの家屋と見なされたらしい。屋根はすぐに撤去しますと
言ったのだが、聞き入れられなかったそうだ。
役所の言い分を聞いた場合、主として二つの選択肢があって、農地名
義だった部分を宅地に名義変更して新たに小屋の建築申請をする場合
と、小屋を撤去する場合。
彼は前者にしようとしたんだが、役所の担当者が同じ人で、書類を
だしたのに半年以上も手続きをしてくれなかったそうだ。
しびれを切らせて友人が確認にいったら、「市街化調整区域だから
手続きに時間がかかるんですよ」と言われたそうだ。
「市街化調整区域だから名義変更出来ない」なら分かるが、出来る
のに半年以上かかるのってなんでだろうね。
結局、その担当者は、今すぐ小屋を取り壊せば、自宅の新築許可は
すぐに出すと言ったんだそうだ。
その担当者と友人、なんか個人的なわだかまりとかあったのかね? 
そのあたりは彼も話してくれないから分からないが。
友人はよほど役所を訴えようかと思ったらしいが、相手は役所だし、
裁判なんかすると金と時間がかかるばかりだから折れたらしい。
長文だったね。スマソ

大泉原人 #79D/WHSg | URL
2013/03/25 15:59 | edit



19 ■2chから

275 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/10/08(月) 00:15:04.91 ID:???
>>274
まあ、第三者から見るとそう思えるかもしれないが、友人の俺としては、
ちょっと役所も杓子定規すぎるのでは、と思う面もあった。
農地と書いたが、単に家の広い敷地の一部が菜園や花壇になっていて、
本人もそこが農地だなんて知らずに建てたらしい。おれも子供の頃か
ら見ていて、全部が庭だと思ったくらい。ちなみに彼の祖父の代にそ
のようにしたらしく、友人は物心付いた時から同じ敷地だと思ってい
たようだ。つまり、本人に脱税の意志なんてまったくない。
建て増しした自覚があるというが、小屋が手狭なので木製物置を小屋
の裏に作っただけ。両者の間は1メートル近く開いている。つまりま
ったく別の建物だった。
ちなみに小屋はスズキハウスの三角屋根のもので、ちゃんと業者が
建てたもの。当然、基礎もある。申請が必要かどうかもその業者が
分かっていて、必要なら手続きしているはず。一方、木製物置はコン
クリブロックの上に置いてあるだけ。このくらいの物置小屋は農地の
中にもあるし、脱税には当たらないと思う。

大泉原人 #79D/WHSg | URL
2013/03/25 15:58 | edit



18 ■2chから

273 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2012/10/07(日) 19:55:16.89 ID:FnThE2Or
ちょっと主旨が違うけれど、ここに書かせてね。
友人の自称画家が、家の敷地の端の方に、六畳ほどのアトリエを建てていた。
ドーマーウィンドウがあり、ロフトがあり、なかなか快適なアトリエだった。
ところが、母屋が古くなったので取り壊し、新築することになった。すると、
建築申請の確認に来た市役所の役人が、そのアトリエのある部分は、見た目は
同じ敷地のようだが、実は別筆の隣接した農地(持ち主は同じ)だったことに
気付いた。つまりアトリエは違法建築ということになる。それでも6畳で10
平米以下だから良いだろうと友人は食い下がったが、途中で三畳ほどDIYで
建て増ししたため15平米近くになっていたので、どうしてもダメだという。
そのまま放置しようとしたが、撤去しないと新築の申請を受理しないと役人が
言い張るので、泣く泣く取り壊したそうだ。建てるのに100万円位かかった
というのに。かわいそう……。なんとかならんかったものかね。

大泉原人 #79D/WHSg | URL
2013/03/25 15:46 | edit



17 ■市役所の人が来た後に

市役所の課税担当者が見に来るのは1回だけ。
なので、ロフトには仮の天井を付けておく。固定階段のスペースを予め作っておいて、適当なハシゴをかけておく。
視察が終わったら仮天井を外し、階段をこしらえる。
某建築士は、こんなテクを披露してくれました。

こんどう #79D/WHSg | URL
2013/03/25 01:23 | edit



16 ■無題

勝手に10平米以上のものを建てても有る日突然
市役所の人間がやってきて取り壊して下さいとか
言うものなんでしょうか?
罰則規定ってあるんですかね?

くまぼー #79D/WHSg | URL
2013/03/07 16:44 | edit



15 ■Re:無題

>モグリの建築屋さん
居室天井高2.1mか・・・うちは階下も合板一枚分、1.8mですけど・・・
それじゃあ、用途規制の無いロフトと、居室の規定ってのは、見事にバッティングするのかな。
>”建築物”に該当しない故に合法
僕が気にしてたのは、そもそも延べ面積が10平米以上だと基礎を固定→建築物となってしまう、というようなことです。前にもどこかに書いたんですが、建築物かどうか判断するために延べ面積や建築面積が必要で、でも、建築物としての規定の中にロフトの規定もある。だからこの辺、言葉上は定義循環しているように見えて、僕がいまいちよくわかってないところです。一応、10平米以上基礎固定については担当部署にも確認したのですが・・・。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/03/07 13:00 | edit



14 ■無題

はじめまして、いつも楽しく拝見しております。
たしか天井高1.4m以下のロフトを居室として使うことはできないはずですよ。
居室の規定が天井高2.1m以上なので(汗
建築基準法違反になりそうです。
ただ、そもそも横置きのCB基礎の場合「土地に定着する工作物」ではないので”建築物”に該当しない故に合法になるのではないでしょうか?

モグリの建築屋 #79D/WHSg | URL
2013/03/06 15:01 | edit



13 ■Re:Re:ロフトついでに

>毎年寝太郎さん
なるほど、こうした細かい議論が積み重なっていけば、よりBライフも完璧になっている。

与太郎 #79D/WHSg | URL
2013/03/05 17:41 | edit



12 ■無題

出窓は一定条件下では床面積に入れなくてもいいらしいです。
ただでさえ狭い条件下、相対的に見たら結構なスペースを稼げたりして...。

キツカワ #79D/WHSg | URL
2013/03/05 09:03 | edit



11 ■Re:ロフトついでに

>与太郎さん
建築確認の要不要と、建築基準法的な合法非合法は別物みたいです。
工事届けは出しましたよ、紙切れ一枚。そうしたら、この建築面積なら要りません、と言われました。その時は、たしか8平米くらいで提出したんだと思った。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/03/04 23:02 | edit



10 ■ロフトついでに

都市計画区域外なので、どちらにしろ建築確認不要で寝太郎ハウスはまったく合法なのでは。ただ建築工事届けが出てないのではとは思いましたが。役所てきにはどうでもいいだろうけど

与太郎 #79D/WHSg | URL
2013/03/04 21:33 | edit



9 ■無題

今気になってるのは、外壁に薪棚をつけたら、それは建築面積に算入されるのかどうか、ってことです
ダメなら別棟で作るしかない。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/03/04 16:26 | edit



8 ■Re:ロフトベッドはどうなるのか?

>こんぶさん
いずれにしてもロフトはセーフと思いますよ。
二段ベッドみたいなの使うのも手ですよね。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/03/04 16:21 | edit



7 ■Re:kotetsu

>kotetsuさん
んー、たぶんうちの玄関の軒は、床面積に数えられると思います。収納もあってモノも置いているので。そうすると、全体で10平米をちょっと超えちゃうので、ちょっと引っ込めれば、万事OKなのかな。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/03/04 16:20 | edit



6 ■Re:Re:Re:無題

>毎年寝太郎さん
それなら楽ですね。
一年分のレシートと格闘中です。
終わるのか。。。

リバー #79D/WHSg | URL
2013/03/04 16:17 | edit



5 ■ロフトベッドはどうなるのか?

http://www.nissen.co.jp/sho_item/regular/6417/6417_27465.asp?book=6417&cat=other003&ref=af

ロフトがダメなら、こんな感じのロフトベッドを使えばいいんじゃないかなと思いました。
倉庫内のものすごく大きな棚とかもアウトなのかセーフなのかよくわからないですね。

こんぶ #79D/WHSg | URL
2013/03/04 16:12 | edit



4 ■Re:Re:無題

>リバーさん
経費は書かなくてもいいって税務署の人が言ってました(自分が損するだけ)

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/03/04 16:06 | edit



3 ■kotetsu

建築面積と床面積は別物なのでアウトっぽいですね。。
・軒は床面積に含まれない。
・柱付きの軒は全て建築面積含まれる。

kotetsu #79D/WHSg | URL
2013/03/04 16:01 | edit



2 ■Re:無題

>毎年寝太郎さん
寝太郎よ、雪解け寝て待て醍醐味じゃ。

ロフトは疑問でした。同じような小屋をたくさん作って廊下で繋げるってのは小屋的にNGなのかな?厳密にくっつけなければいいのかな。私の部屋、あなたの部屋みたいに。。。

青色申告これからです。収入だけの記載で経費抜きで65万の控除ゲット出来るんですか?

リバー #79D/WHSg | URL
2013/03/04 15:15 | edit



1 ■無題

はよ雪と地面が溶けてくれんとなんも外で作業できん・・・

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2013/03/04 13:00 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ