寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

我が家の夏は比較的涼しい  


P1030306.jpg

ミズナは全く間引きしなかったから大小入り乱れワサワサしている。
もっと大きくなるような気もするけど、ちょん切れば再生するらしいので少しずつ食べていこうかと思ってる。

P1030307.jpg

球根から植えたネギ?ワケギ?は極めて順調に育ってる。
本当は、ホームセンターで球根とか買ってたらあまりコスパ良くないんだろうけど、とりあえず収穫の喜び優先で、種やら苗やらお金を払って購入してる。
それでも野菜を直接買うよりは安いし、畑が冷蔵庫代わりになるのは大きい。

P1030323.jpg

この辺は、ナス、キュウリ、ゴーヤなど、安売りしていた苗を適当に。
人参の破片が見えてる。もうずっと前(3月)にコンポストの中身を畑へ持ってきたときにあったもの。ウ○コもそうだけど、意外と土に埋めておいても分解されなかったりする。いろいろ不思議である。

P1030310.jpg

ゴボウとジャガイモ。どうだろうなぁ。採れるといいなぁ。

近くをバイクで走ってれば畑が延々と広がってるし、ちょっと林を歩けば山菜が山ほどある。
僕はこの狭い畑で一体なにをやってるんだろう、と思わないでもないが・・・。
でもまぁ、毎日すくすく育ってくのを見ているのはいいもんだ。

P1030318.jpg

このあたりはツツジが多い。ツツジじゃないかもしれないけど、僕はツツジって呼んでる。

P1030321.jpg

クヌギの木のおかげで我が家の夏はけっこう涼しい。
建物的には日光が当たったほうがいいのかどうかよく知らないが、薄い屋根で直射日光が当たったらロフトで死んじゃうから、とりあえず気に入っている。
気温が上がってきて集めた薪をカットする気がおきず、薪棚が全然埋まらない。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 家庭菜園
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ