寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

ロケットストーブ使えてる  


今日は、青じその葉を入れてご飯を炊いてみた。
青じそも、50円の種を適当に撒いておいたらワサワサできたという感じで、動物には食べられないし(なんでだろう、あんなにいい匂いがするのに、動物にとっては危険な臭いなのかもしれない)、菜園には重宝している。

P1030522.jpg

久々に白米にしたせいか、炊飯に失敗。写真ではわかりにくいが、下のほうがかなり焦げ付いている。
あとは、えのきが37円だったので、えのきとミズナをポン酢で。豚肉も申し訳程度に入っている。

P1030516.jpg

ロケットストーブ雑感。
太い薪は使いにくい。その辺に落ちてるような細い薪でゴーッとやるのがいい。
ただ、じっくりコトコトやりたいときは、縦穴のほうに太めの松を入れておくこともある。
そうすると、気流や二次燃焼は妨げられるかもしれないが、弱火で長く燃え続けてくれる。
それって普通の焚き火と同じじゃないかと思う人もいるかもしれないが、太めの薪を一本だけ、灰になるまで燃やせるのは、やはり内部が高温になるロケストならではのことだろうと思う。普通だったら火が消えてしまう。

横穴のほうに太めの薪を入れておくだけだと、だいたい火が消えてしまう。
横穴には細い薪を、縦穴には(入れるなら)太い薪を。

二次燃焼と言えば、たぶんペール缶一個サイズではまともな二次燃焼は為されておらず、上の写真みたいに安定して燃えているときもあれば、

P1030499.jpg

このように、鍋を乗せるタイミング(あとは燃料の種類とか水分とか)が悪いと上昇気流が妨げられて、煙まみれになることがごく稀にある。
火が消えているように見えるが、このとき鍋をどかすと、この煙自体が燃焼して高温の炎ができる(煙は消える)ので、やはりペール缶一個サイズだと長さが足りないと思うときはある。

まぁでも片手で持ち上げられて便利なので、キッチンスペースを固定しない限りはこのままのサイズでいくと思う。

このままでも、煙が出たときは鍋を少し高くしてやるなどの工夫をすれば、充分いい炎ができる。

ちなみに、鍋は・・・

P1030525.jpg
P1030526.jpg

煤で真っ黒。内側と比べると一目瞭然。
でも、ロケストで調理をまわしてみて思ったが、別に鍋が煤で汚れたところで特に何も困らない。テーブルに載せるときは一枚布を敷けばいいだけだし。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ロケットストーブ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ