寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

不毛の地  


ナスは実るには実るのだが、

P1030693.jpg

このくらいの大きさになると猿が持っていってしまう。
ひどいときには花の時点でむしってしまう。

一本だけ植えたこの苗、猿に折られて折られて、何度も再生し、殊勝に生き続けてはいるのだが、さすがにもう3つくらいしか実をつけない。

P1030900.jpg

今もこのくらいの大きさなんだけど「そろそろ食べようかなー」と思っていると猿がやってくる。

P1030675.jpg

こちらは青じそ。
猿は食わないけど、小さな虫が穴を開ける。
そうめんやラーメンにずいぶん楽しませてもらった。

P1030821.jpg
P1030891.jpg
P1030827.jpg

ゴボウはこんなサイズである。
掘り出すの楽でいいのだが・・・。

P1030874.jpg

ゴボウ料理いろいろやったけど、鶏のささみと炒めたのが一番おいしかった。

近所の広大な畑にナスやらトマトやら勢いよく育っているのを見ると、こんなアホな場所でアホな人間がアホな菜園をするのはやめなければいけないとつくづく思う。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 家庭菜園
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ