寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

タープ一つの家に10万円払えるだろうか  


先日落札した土地だが、こういう状況。

samu_mitorizu.jpg

地番の土地がだいぶ川にめり込んでいることは面積的に判断して事前にわかっていた。
しかし、誤算だったのが、堤防上の平坦地が5m幅くらいあるかとおもってたら、2m幅くらいしかないということ。
Fさんの奥さん?お母さん?には事前にお会いしていたのだが、Fさん本人に確認しなかったのがまずかった。

測量は過去一度もされたことがなく、境界は不明瞭だが、とりあえず代々このくらいを目安に使ってきていたということなので、数十万円かけて測量士に測ってもらっても大して変わらないと思う。
隣地のFさんは、現況そのままならいいが、それ以外の線を測量無しで引くのはNGとのこと。それはごもっとも。

P1030989.jpg

とりあえず今はFさんの土地にテント張らせてもらってる。
たぶん3m×3mのタープくらいなら頼めば張らせてもらえそうで、ガンガービューならぬ相模川ビューの拠点ができることはできる。
住むつもりだと言ったらFさんは驚いていたが、「居てくれれば野菜泥棒対策になる」とも言っていた。こんな大人しい番犬見たことないぞ。

P1030990.jpg

だいたい、堤防が私有地ってどういうことだろう。
私有地だとしても使いようがない。プランターくらい置いてもいいのか?
相模川下流の魚なんて釣っても汚そうだし・・・。

P1030960.jpg

この条件で10万円は客観的に見れば高いと思うが、自分はかなり便利に使えると思ってる。
畑ができなくなったくらいで、タープとテントだけ張れればとりあえずOKという当初の予定とは大して変わらない。

今は、保証金10000円を払っている状態で、9/2に全額を振り込めば売買が正式に成立することになる。

かなり迷ってる。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 土地
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ