寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

河川法に関して  


河川区域は調整区域等よりさらに諸々の制限がある。


河川区域

・河川区域であっても私有地に関しては占有の許可は必要ない。(河川法第二十四条)

もちろん、私有地でない場合は占有許可が必要。
こんなページも見つけた→「河川敷の野菜畑は誰のもの?」http://tamagawa.circlemy.com/seitai-06.html

・河川区域内では、私有地であっても、工作物の新築等に関して、河川管理者の許可が必要。(河川法第二十六条)

・・「工作物」とは→不動産用語だと「建築物を含む、土地に定着する人工物全て」だが、河川法で言われる「工作物」がそれと同等かはわからない。たとえば国交省のホームページでは、可搬式の物置等も工作物に含まれる。

→10分で畳めて撤去できるテントやタープが「工作物」に該当するだろうか。周囲を見る限り、もっとゴツいものもたくさん置かれているので、少なくとも申請すれば許可されると思われる。最悪、何か言われたら面倒だけど許可申請をする。

テントはまだしも、タープは必要だろうか・・・?不必要に人目を引くのは避けたい。ビーチパラソルとビーチチェアだけあればいいのでは・・・?雨を考えるとタープ無いとさすがに不便か・・・。悶々・・・。

いずれにしても、自分が長期間いないときはテントもタープも全て畳んで、その他の生活用具と共に耐候ボックスにしまっておく。


・河川区域内では、私有地であっても、土地の掘削、竹木の伐採等に関しては、河川管理者の許可が必要。ただし、政令で定める軽易な行為についてはこの限りではない。(河川法第二十七条)

・・「政令で定める軽易な行為」とは→草刈や軽易な障害物の処分など。(河川法施行令第十二条)

→笹やススキを3mだけ伐採するのは、さすがにいいだろう。整地するわけではないので、文句言われたらまた生やせばよい。

ちなみに河川区域は見た目よりもかなり広いことがある。うちの場合だと相模線の線路の住宅地のほうまでずっと河川区域である。


堤防

私有地である堤防の川に面したコンクリの部分に、プランターを置けるか?

土木事務所に電話してみたところ、堤防(河川管理施設)だからという特別な決まりはなく、法的には河川区域としての扱いになるということ。

洪水になりそうなときにすぐに撤去できるものならOK。具体的に何が良くて何が悪いということは言えない。プランターくらいなら、ごにょごにょ。

→これは、まあ気が向いたら置いてみて、注意されたら引っ込めればよい。
そもそも、河川区域全体ならまだしも、堤防自体が私有地であることは珍しいらしい。


河川法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S39/S39HO167.html

河川法施行令
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S40/S40SE014.html



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 土地

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ