寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

「お金」という存在について  


河川敷では米を一切炊いていない。他の主食に比べると高いし、面倒なので。

朝・・・パンとコーヒー。
昼・・・サンドウィッチ(ベーコン)とゆで卵2個、バナナ1本、コーヒー(100均マイボトル)。
夜・・・主食は麺類。玉ねぎ、人参など、保存の効く野菜を入れて。肉買ったり、果物買ったり。料理はしない。焼くだけ、切るだけ、茹でるだけ。

朝と昼で150円也。夜だけで150円也。毎日300円也。

昨日は肉が足りなくて、今日は野菜が足りなくて、でも一週間のサイクルで見ればまあまあいい食事。たまに外食したりするし。

食事はいろいろやってきたけど、極端な節約(パンの耳で暮らすとか)をしないで、完全にスーパーに頼って、なるべくお金も手間もかからないように、お腹一杯食べようとすると、だいたい一日300円くらいに落ち着くんじゃないだろうか。


「お金」という存在について、ある種の人間にとって考えることはみな同じで、以下『告白』(ジャン・ジャック・ルソー)より引用。

そのうえ私の好みはみな金で買えないことばかりだ。私の欲しいのは純粋な快楽だけで、金はそれを台無しにする。

・・・私は自由を何より愛する。束縛、苦痛、屈従が嫌いだ。財布の中に金のある限り、私の独立は保証される。また別の金を手に入れようとあくせくしなくていい。その心配が私には耐えがたいのだ。そこで、そいつがなくなる心配から、ケチケチする。持っている金は自由の手段だが、求めようとする金は隷属の手段だ。私がよく節約して、何も欲しがらぬのは、そのためである。

それだから、私の無欲はつまり怠惰に過ぎぬといえる。じっと持っている楽しみは、得ようとする苦痛にかえられぬ。

僕には、このまま生活していけばあと10年くらいは寝てようが徘徊してようが生きられるお金がある。それが僕にとってどんなにありがたいことか。

節約することによる面倒や味気なさは、お金を稼がなければならない面倒や味気なさに比べれば何てことはない。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: お金の話
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


私も、安い食費でやってるよ。
今日は、外食したけど。
2011年3月の関東大震災以来、食べ物を捨てることが許せなくなりました。
どんどん食費が安くなりました。
でも、食べてます。
料理が好きなので、わずかな金額で(米抜き、酒抜き、外食抜き一人6,000)どこまでできるか挑戦です。

食べたものさらしブログです。
よかったら、見てください。
http://blog.livedoor.jp/navel00/

サンバー #1Ncfmy3k | URL
2013/11/06 22:59 | edit



金が尽きたらまた仕事に戻らなければならないし
それが死ぬまで続くかと思うと、私を幻滅させた
今年の終わりに死のうが、十年後に死のうが、いったい何が違うというのか
仕事に戻らなければどうなるのだろうか――
乞食になるのか、それとも泥棒になるのか
ほかに選択肢はないのか
いまになってみれば、そのときすでに
自殺という考えが心の奥底に巣食っていたのがわかる
決心するにはまだ充分時間があった
(「エリック・ホッファー自伝―構想された真実」)

無無 #AIlHpmOk | URL
2013/11/06 08:29 | edit



はじめまして。
ボクもミニマムな生活に憧れテント旅行したりしています。
でも趣味でギターを買ったりゾイドを買ったりガンプラを買ったりしてしまいます。
寝太郎さんはそういった生活に余分なものは一切所有しないのですか?

かぷーる #- | URL
2013/11/05 21:35 | edit



こんばんは、だいぶ前にコメントを書かせていただいたCHAGEAS-FANです。
(覚えていますでしょうか?)
遅れながら、ブログ開設3周年おめでとうございます。

>節約することによる面倒や味気なさは、お金を稼がなければならない面倒や味気なさに比べれば何てことはない。
「自由を手にするために、金に左右されない(支出を減らす)生活をする」というのは、巷の本でもよく書かれています。
そのことについて、私も同感です。
ひきこもり名人として活躍している著作家の勝山実さんは、「働きたくない≒お金を使いたくない」ということだとして、支出を減らす生活に心がけています。
お金を稼ぐということは、その分労働によって自分の時間をすり減らされるわけですから、お金を稼がなくとも(使わなくとも)自由を楽しめる生活は個人的に心地いいと思います。

CHAGEAS-FAN #Ztawh61w | URL
2013/11/04 22:05 | edit



”・・・私は自由を何より愛する。束縛、苦痛、屈従が嫌いだ。財布の中に金のある限り、私の独立は保証される”
いい言葉だと感じる。たまに子供の頃に戻りたいと言う人がいるが信じられない。
子供の頃の私の財布はからっぽだったし、自由と感じられることは少なかった。
今、私の財布の中には幾許かの金があり、ささやかな自由を持っている。
これが寝太郎さんに共感を感じる理由だと思う。

ぶち寝子 #- | URL
2013/11/04 20:44 | edit



プア充拡大 280円牛丼、100円DVDなど上質なサービスが背景
http://www.news-postseven.com/archives/20131104_222706.html

ベガ #WGv/JGO2 | URL
2013/11/04 13:32 | edit



Re: タイトルなし

> ベーシックインカムが実現したらもう一生働かないですか?

天邪鬼なんで働いちゃうかも

毎年寝太郎 #098mQ.iE | URL
2013/11/04 11:36 | edit



ベーシックインカムが実現したらもう一生働かないですか?

タルソーヤ #- | URL
2013/11/04 00:33 | edit



寝太郎用語集

・300円
・お腹一杯

【用例】300円でお腹一杯。

WiMAX #Aa0xFoMw | URL
2013/11/03 23:21 | edit



寝太郎という名前のわりにあんまり寝てないんじゃないの!

刹那主義 #- | URL
2013/11/03 19:50 | edit



ルソーさんはそんなことを語ってたんですね
自分な好きなことでお金を得ることが出来ればいいですが
好きでもないことをしながら、お金をもらうことは苦痛で
長続きしませんよね

消費しないピノキオ #0bEIyvWM | URL
2013/11/03 19:31 | edit



自由を得るためには幾ばくかの金が必要であって、それを得るために働く事はどういうことになるのでしょうか。隷属はしているんでしょうが。

私は今早期退職目指して働いてお金貯めていますが、それは贅沢のためではなく自由に生きるためです。(自由こそが最高の贅沢とも言えますけど。)

ささやかな家に住み、ご飯味、噌汁、つけもの、ぐらいの食生活を送るのでもやはり年に50万ぐらいは必要じゃないか。

寝太郎さんの様にテント暮らしまで行けばその半分になるんでしょうけど、さすがにそこまですると歳とってからが少し不安なので小屋ぐらい必要かと考えてます。

お金の事を再考してみた日曜日でした。

No Name #- | URL
2013/11/03 18:13 | edit



いつも参考になります

そのとおりですね。

「持っている金は自由の手段だが、求めようとする金は隷属の手段だ。」

まさしく。

シンメトリー #- | URL
2013/11/03 16:41 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ