寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

いつもの朝  


今朝は鉄砲のパンパンという音で目が醒める。
こういう居場所が定まらないような生活をしていると、目が醒めて最初に考えるのは「自分は何歳くらいで、ここはどこだったか」ということである。
学校は?学校はもう卒業した。年齢は30過ぎているはずだ。そう、一応社会生活をしていて毎日何かしらの人との繋がりがあった頃からもう随分時間が経っていて、ここはテントの中、河川敷で・・・あぁそうだ、これはカワウが虐殺されている音だ。
ゆっくりと時間をかけて最近の記憶と繋がる感覚を楽しみながら、しばらくヌクヌクしている。

P1040445.jpg

朝食の準備はこんな感じ。天気が良ければ外で調理するのは楽しいものである。
もう二ヶ月以上ほとんど毎日、朝と夜調理をしているが、使ったカセットガスは8本。値段にして700円程度である。

P1040457.jpg

こちら、必須アイテムの水タンク。頭頂部に空気孔が開いているのが見えるだろうか。これが開いている水タンクと開いていない水タンクとがある。開いていないやつは、水を流してると空気圧でベコンベコンになる。値段は変わらない。
この水も全然使わない。二ヶ月で3回汲みに行っただろうか?ちなみに調理・飲用水にはスーパーで汲める蒸留水を使っている。

P1040449.jpg

今日は、パターと塩胡椒をたっぷりつけた、ながーいベーコン二枚乗せのスペシャルトースト。これを左手に持って、右手には砂糖とミルクをこれまたたっぷり入れたコーヒー。右手と左手を十往復くらいして甘味と塩味の小競り合いを楽しんだ後、バナナとヨーグルトのデザート。〆て100円かかってない!

P1040453.jpg

ごちそうさまでした。
今日も一日が始まります。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 河川敷の日常

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ