寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

治験の事前検診に行ってきた  


事前検診終わった。未だに前泊はなんのためにあったのかよくわからない。おそらく寒川神社の神様がバスタブとスプリングベッドを与えてくれたのだろう。

守秘義務についてはちゃんと言っていなかったし渡された書類にも書かれていないが、おそらくあると思うのでざっくりとした範囲で。

事前検診は、身長体重、採尿、採血、血圧、心電図、問診、以上。いわゆる健康診断。感染症とかも調べてくれるらしく、変な結果があったら教えてくれるそう。最初17人いたのが、終わったときは10人になってた。

事前検診にうまく通るためにはいろいろ裏技があるらしく、一人、二日前から絶食している気合の入った人がいて(血をきれいにするため?体重調整のため?)看護士さんが絶句していた。「インターネットのサイトで見て・・・」と言っていたから、性格は正直でいい人なのだろう。

一方、僕は、住民票を山梨に置いたままなので、神奈川の河川敷の現住所について「これはご友人のアパートか何かですか?」と聞かれて「自宅です」と即答し、いや、全く何も悪いことはしていないし、嘘もついていないのだが、妙な罪悪感と羞恥心に浸っていた。

面白かったのは、治験の詳細をちゃんと説明してくれたこと。
今回の治験は、もう何十年も販売され使われている二種類の動脈硬化の予防薬(コレステロール値を下げる薬と、血液をサラサラにする薬)を合わせて一つの薬にしたものを試すとのこと。
二年前に一度治験を行っていて、副作用なのか単なる誤差なのか微妙な結果が出たので、もう一度やる、ということらしい。

被験者を、当の薬を飲む人と、二種類の各々の薬を飲む人と、擬似薬を飲む人の4グループで均等に分けるので、問題の薬に当たる確率は1/4。まあいずれにせよ病気でもないのに薬なんて飲みたくないけど。

あと、1時間おきに採血をするのは20日中2日間だけで、あとは二日おきに1回。

事前検診が終わったのでとりあえず15,000円もらって、結果が出るのはクリスマス前後。長期だしかなり倍率高いらしいけど、受かるといいなぁ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 治験

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ