寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

ジャガイモできてた  


秋に植えたジャガイモを掘り起こしてみた。

P1040738.jpg

一番大きいので拳くらいか。小さいし少ないし・・・元も取れてないじゃないかちくしょう。日当たり悪かったしなぁ。
もうやめた。あそこでは万能ネギしか作らない。条件の悪い土地にむりやり野菜を植えて収穫できないパターンはもうこりごり。

春になったら日当たりの良い中洲に上陸して、足元につまづいて、たまたま持っていた種をばら撒いてしまうなんてことは全然考えてないし、それがまるで耕作したかのようになってしまって「ゲリラ菜園」と名付けるなんてことはもっと考えてない。

そのためにホームセンターに行って船の代わりに使えそうな大きなタライを物色したり、アマゾンで安いゴムボートを検索したりもしていないし、ペットボトルいかだの作り方を調べたりもしていない。

ゲリラ菜園の立ち退きに強制力がないというのはどういうことなのだろう。
http://mainichi.jp/select/news/20131216k0000m040113000c.html
(不法菜園:国管理の河川敷に170ヘクタール)

だいたい、昔は暗黙のうちに認められていたことが、なんたって突然ダメになったのだろうか。
http://tamagawa.circlemy.com/seitai-06.html"
(河川敷の野菜畑は誰のもの?)

暇を持て余した人間が空き地を耕して野菜作ることを禁止する理由なんてあるだろうか。

自給用の野菜を育てたいというちっぽけな願いを叶えるために何十万円、何百万円も土地代を払わないといけないというのは、本当におかしな話。何百万円どころかいくらお金を積んでも農地は購入できないわけで、菜園やりたい一般人はわざわざ農地ではない土地を探さなければならないという、本当に本当におかしな話。農家を守るって言うけど、その農家に耕作放棄された土地がいっぱいあるわけで・・・。

売り土地を検索して安い順でソートすると上からずらりと農地(つまり平坦で日当たりが良くて景色が開けていて周りに家が少なくて山奥過ぎず比較的便利な場所で野菜を作れる土地)がヒットして指をくわえて見ているのが土地探しあるあるの栄えある第一位。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 河川敷の日常
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


不動産から有機的空間へ


 これでお終いにしたいと思ってます。
 何だか差し出がましいような気がしていましたので。

 不動産としての土地は、必ずしも食料生産に適した物理空間であるとは限りません。というより、ふつうそのままでは畑になりません。
 地所と畑は違うということなんです。後者は自然を人工的に調教するための長い時間を必要とする場所です。とはいえ、自然(太陽と台風のような自然の猛威と複雑怪奇なバクテリアなどの連係プレー)の恩恵にあずかるしかない生産行為が、農業です。
 人間が不自然な存在であるように、食料野菜の生産も不自然な行為なのです(自然農法をたぶん除いて)。

 でも、山では、きゅうりとなすができた(猿に取られたけど)。これって、それほど簡単なことではないんですよ。失敗した人を何人も知ってますから。土質とか天候とか水やりとか(よく分からない)病気とか。

 というわけで、Bライフにどんぐり以上の、不自然で文明的なビタミン補給の回路を持っていてほしいな、とは思っていました。
 何か繊維質を噛んでるとき、牛になったような、自然な(?)感じがするんですよね。

 身体。たぶんもっとも身近で親密な自然なんでしょうね。自然を諦めた不自然な実感。読めません。

文太 #cciLdnBs | URL
2013/12/28 01:02 | edit



はじめまして、冬眠猫と申します。
ブログ拝見して、良い生活だなぁ、と感心しました。
羨ましいです。

でもって、他の方も書かれているように農作物はけっこう難しいと思います。

実家が田から畑への転作をした時、田の上に入れた土の栄養が少なくて、数年は良い野菜が収穫できませんでした。
(建築残土を入れてしまった様でして)
毎年肥料をやって、毎年野菜を作って、ミミズとかがたっぷり居る良い土になったのは数年後だったようです。

また、肥料は、効果で言えば化成肥料が凄まじいです。
888とかの一番安い化成肥料でOKで、コストパフォーマンスではかなり良いのでは、と。
(化成肥料は土が良くならない、とは言いますが、化成肥料で野菜を作って野菜の樹や鶏糞や堆肥を入れ続けてると、いずれ良い土になります)

先ずは荒れ地に強い野菜(トマトとか)や、土が肥える野菜(豆とか)がお薦めです。
上記は手間が掛かりますので、手間が掛からず、荒れ地に強い野菜だと、サツマイモかカボチャあたりでしょうか。
(ただし、サツマイモやカボチャは、収穫後に熟成した方が美味しいです)

ご参考までに。

冬眠猫 #- | URL
2013/12/27 21:39 | edit



いいな、寝太郎さん。
これだけでも、20個コロッケ作れるんだよ^^

私、今年初めて収獲できなかった。
信じられん・・・
前代未聞。
いつもは、肥沃な土地だから2Lサイズの物もジャンジャンできてたのに、今年は、ゼロ。
おかしくて笑ってしまうわ。ははは・・・^^
全部、もぐらに食べられたの!

サンバー #1Ncfmy3k | URL
2013/12/27 17:51 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/12/27 13:11 | edit



土を育てる


 秋ジャガで元を取るためには(現在の芋の市場価格は分かりませんが)、かなりの運が必要でしょう。まず日照。運? そして土地の肥沃度。運+α。もちろん肥料と土壌改良材を入れて豊かな土にするしかないです。あと天候。今年の秋はジャガイモには好条件ではなかったと思います。
 たぶん、その土地では労働による土地への栄養補給が必要だったのでしょう。
 最後に忍耐。これは運で獲得するものではないですね、失礼しました。でも、土の観察は必要でしょう。だって同じ土なんて存在しないのですから。

 河川敷で放任という条件だと、サツマイモの蔓を堤防上に這わせるということを採算度外視で、僕ならやってみるかな(ツル返し不要作戦。日当たりもよさそう)。秋より収量のあがるはずの春ジャガをその芋たちを種に再挑戦するとか。でもジャガイモでは肥沃度は必要です。鶏糞なら安いですよ。生ゴミ獲得も河川キャンプでは簡単ではないでしょうから。
 運と知恵と経験が必要だと思います。お勧めして申し訳なかったよう気持ちでもいます。でも、猿とか日照とかは、ふつう条件に入ってないんですよ。

 むてっぽうさんのような農業ちょっと経験者でも、けっこう苦労されていました。
 「土が駄目なら、とにかく有機物を買ってでも入れろ」、これがむてっぽうさんのアドバイスでした。僕もそうだろうと思います。
 日照がとれないと、ミョウガとかシソとかミツバみたいな、インパクトの弱い野菜になりますね。そして葉ものは虫に弱い。
 結果が悪くても楽しかった、というような気楽さが必要なのかもしれません。
 ゲリラ菜園、期待しています。

 河川敷にどんな天敵がいるか分かりませんが、プランタより袋栽培が堤防には向いているように思います。でも、川の土は山の土より手間がかかりそうですね。
 ビニール・マルチは100均でも売ってます。ただこれは地温確保・雑草除けが狙いです。収量は確かにあがるようですが。

 お勧めはできませんが、今の時期、体力と暇が有り余っているのなら、土地作りの前に、堆肥作りをされてもいいかもしれません。穴をほって、そこらの枯れ草を集めてきて(広葉樹の落ち葉のほうがいい)、鶏糞をまいて(米屋かコイン精米所で米糠をただでゲットできたら最高)、水をかける。ビニールシートで覆って湿度を一定に保つ。1月に一回くらいかき混ぜて酸素を送る。来年の秋ジャガには間に合うかな、と。要、労力。
 山から土や腐葉土を持ってくることはできないでしょうから。
 猿と日照を除くと、山はすでにかなりいい条件なんですよ。川も元農地か農地となりだから、条件が悪くはないのだろうと思ってました。笹やカヤはいい条件ではありませんが。

 長くてとりとめのない(そして、なんか言い訳じみてる)文章で申し訳ありませんが、もう一言だけ。
 人間が食べる野菜は、自然な植物ではありません。ですから、完全にほっといて出来るものは少ないし、条件が整ってるときにだけ出来ます。
 けれど、その目的で土壌を管理すれば(労力が要ります)、土地は徐々に良くなって野菜向けになります。雑草が豊かに育つ土にもなってしまいますが。
 河川敷ジャガイモ畑も、やっぱり以前より野菜向けになってるはずだと思いますよ。
 (脱線:山小屋近くの農地でばんばん野菜が育ってるって、前に書いてましたよね。そりゃあ、プロの農家は土地を豊かにするために大金を注ぎ込んでいるんですよ。)

 どれだけの労力が必要なのか、その場所で何ならよく育つのか、これが運だ、というわけです。ただ、元はよほどの好条件が揃わないと取れないと思います。だから、福島正信さんの自然農法なんて、すごい根性というか観察力というか忍耐力だなぁ、と思います。

 時間がかかるけど、長ネギも強いですよ。そしてこれは長く収穫できて、重宝します。再生もします。白い部分を食べる場合、放任というわけにはいきませんが。

文太 #cciLdnBs | URL
2013/12/27 00:13 | edit



植えた品種が春用だったのか、時期が遅かったのかもしれないですね
秋ジャガは8月くらいがベストですよ

ポテチ #- | URL
2013/12/26 22:45 | edit



年末実家で読む本決まった!ありがとう

a #- | URL
2013/12/26 22:15 | edit



あいにくツイッターをしていないのでこちらにコメントしますが、
座椅子程度なら折り目の付いていないダンボールを二重にして
切込みを入れて組み付けていけば簡単に出来ます。

接着剤があればなおOKですが、
なくても強度も十分にありますよ。

No Name #- | URL
2013/12/26 19:58 | edit



もし気が向いたら、マルチでジャガイモしてみませんか?
適当にうねを作ってゴミ袋で覆い、小さな穴を開けて種イモを数cmの極浅植え。
世話は芽欠きで2~3本にするのみ。あとは放置。水やり不要。これでも一株300~500g収穫できます。
あと収穫が遅れるとイモ腐ったりネズミにやられたりで数が減ります。

りうか #MrRWnLfM | URL
2013/12/26 17:18 | edit



こんにちは
相模川だったら、もう時期外れですけどクルミが拾えますよ。
クヌギみたいにあく抜きは不要だけど殻割るのにコツが要りますが。

K爺 #8kSX63fM | URL
2013/12/26 15:46 | edit



Re: タイトルなし

> 事後法は何チャラでだいたい1960年代以前は処罰不可能で、その時台風被害で堤防作り出したって感じじゃあないですかね。
> クワで堤防破壊できると本気で思ってるのかと思いますよね。

まあ、堤防とか具体的な問題があるならともかくですね、だだっぴろい河川敷で白菜育てて何が悪いのかと思いますけどね

毎年寝太郎 #098mQ.iE | URL
2013/12/26 15:42 | edit



Re: タイトルなし

> ジャガイモって意外と難しいのですね
>
> 茗荷を植えてみたらどうですか?
> 北陸地方なんかだと家の垣根として植えていて
> 特に手入れなんかはしてないんですけど
> 日当たりの悪い所でも毎年ニョキニョキ生えてきます
> みそ汁に入れたりみじん切りにして醤油と鰹節であえてご飯にかけたりして
> 毎日普通に食卓に上ります
>
> そういえばクレソンなんかはそこら辺の河原に自生しているのをよく見かけますね
> 水場に種蒔いたりしたらダメですよwww

撒きませんが人間ですのでこぼすことはあるかもしれません

毎年寝太郎 #098mQ.iE | URL
2013/12/26 15:40 | edit



事後法は何チャラでだいたい1960年代以前は処罰不可能で、その時台風被害で堤防作り出したって感じじゃあないですかね。
クワで堤防破壊できると本気で思ってるのかと思いますよね。

陰山 #- | URL
2013/12/26 15:37 | edit



ジャガイモって意外と難しいのですね

茗荷を植えてみたらどうですか?
北陸地方なんかだと家の垣根として植えていて
特に手入れなんかはしてないんですけど
日当たりの悪い所でも毎年ニョキニョキ生えてきます
みそ汁に入れたりみじん切りにして醤油と鰹節であえてご飯にかけたりして
毎日普通に食卓に上ります

そういえばクレソンなんかはそこら辺の河原に自生しているのをよく見かけますね
水場に種蒔いたりしたらダメですよwww

∀ #- | URL
2013/12/26 14:53 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ