寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

治験のリスク  


クリスマスに電話をもらって「(モルモットとして)適格です」と言われた。まだ100%行くとは決めていなくて、一応、迷いながらいろいろ考えている。


今回の治験は、二種類の市販薬品A、Bの配合薬Cである。AとBは共に30年ほど市販されているものであり、しばしば同時に、長期間投与されている(だからこそ配合薬が作られている。ところでこのケースは新薬に該当するのだろうか、ジェネリックに該当するのだろうか?)。

配合薬Cについては、既に一度治験が行われており、その資料も渡されている。

資料によれば、Cの主な副作用としては、頭痛(頭痛がある場合は頭痛薬が施される)と、心電図に関する重大な副作用(6%が発現。ただし日本人はゼロで中国人のみ。治験終了時までに回復)。

既に流通しているA、Bの添付文書などをざっと調べたところ、Cの副作用は既にA、Bに見られるものである。

Aは血液をサラサラにする薬(抗血小板剤)で、かなりの頻度で頭痛が発生する。血流が良くなり、脳血管に圧力がかかるためである。
Bはコレステロール値を下げる薬(脂質降下薬)で、心電図に関する件の副作用が報告されている。

今回、二回目の治験が行われるのは、後者について明らかにするため。一回目の治験は、Cと偽薬のみで行われたため、Cの副作用がBと同程度なのかBより少し悪いのか判断がつかなかったため、ということである。

今回はA、B、C、偽薬の四種類を等確率で投与される。


少ない情報と少ない知識で、具体的な因果関係やリスクなんて評価のしようがない。個人の経験談も、専門家のアドバイスも、何も参考にならない。これが原因でこうなってああなってこういう結果が出るなんて単純な話ではない。人体は全体性を持って有機的に動いている。

わかっているのは、薬というのは毒以外のなにものでもないということであり、既に体のバランスを失してしまった人(つまり病人)が、数多ある副作用を承知でやむを得ず飲むものだということである。

何かちょっとバランスが崩れると、そのバランスを薬で一気に取り戻そうとして、もっとバランスが崩れていく。健康でいるためには、健康な生活をするのが一番。適度な食事、適度な運動、適度な睡眠。

血液の粘度やコレステロールは、あるべくしてあるものであり、巷で流行の「血液をサラサラにする」「コレステロール値を下げる」とかいうのは部分的な因果関係から出てきた嘘に決まっている。バランスのとれた健常人がわざわざバランスを失いにいくようなものである。

たとえば脂質降下薬をインターネットで検索すると「飲んではいけない!」みたいなあらゆる真偽不明の噂が飛び交っている。それをまとめてコメントで忠告してくれる人もいる。細かな数字はともかくとして、飲んではいけないのはあたりまえである。あるべくしてあるコレステロールを長期間極端に少なくすれば、何かしらの弊害が生じるだろう。AやBは本来、脳梗塞等の再発予防として、長期間に渡って飲み続けるものである。結果的に何の副作用ももたらさないわけがない。最終的な死亡率、癌、白血病などに影響をもたらすとしてもなんら驚かない。脂質降下薬に限ったことではない。誰もが飲んでる頭痛薬だって、ストレスだって、カフェインだって、何だってそうである。

ちなみに今回の投与は14日間。

何もわからなくても、決断はせねばならない。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 治験
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


Re: タイトルなし

> 治験はともかく二週間後に空調の効いた部屋から出たら風邪引きそう

検診のとき一食たべたけど、病院飯はとてもうまかった。
ああいうの一生食べたいね

毎年寝太郎 #098mQ.iE | URL
2014/01/03 10:10 | edit



看護師です

治験に協力してくれる方の検査などに携わった経験があります。結論的には、そこまで深刻な副作用などの心配はいらないと思います。治験にいたるまでには長いプロセスがあって、そこまでで安全性はクリアされているのですから。作用も実際に現在使われている薬剤と、変らないようですし。

ねこ #hiiZJbic | URL
2013/12/29 08:38 | edit



>スキー場の住み込みバイトとさほど変わらない気がします

同感です...
労働の「リスク」とどっこいどっこい。

a #- | URL
2013/12/28 22:10 | edit



薬嫌いで生兵法は大怪我の基

あなたたちみたいな薬嫌いが勝手に投薬をやめて漢方薬なんかを初めて悪化させて最後に医師に泣きつくんでしょう。
薬がどれだけ寿命を長くして生活を向上させているか・・・

リスクと言っているが、この程度の治験は治験者の時間をお金で
買っているのであってリスクに払っているわけではない。
リスクが大きいのなら保険が必要になる。

ぶち寝子 #- | URL
2013/12/28 18:06 | edit



精神や睡眠に悪い影響を及ぼさないのなら
スキー場の住み込みバイトとさほど変わらない気がします

猫好きな名無しさん #- | URL
2013/12/28 08:48 | edit



やって調子が悪くなったとしても、2週間ぐらい寝てりゃ治りますよ、多分。そのあと2年間、寝て暮らすほうが楽っぽいですね。体調、悪くても良くても、寝てるんだから同じかもしれないですね。あ、でも、寝心地は違うか。

モスクワ駐在 #- | URL
2013/12/28 00:23 | edit



それほどリスクはないと思います

少し前に、寝太郎さんに教授職をお奨めした者です。
実は(詳しくは書けないのですが)治験とかなり近い領域に
かつてはいて、この領域はよく知っています。

 簡単に書くと、その治験は「リスクは低い」です。すでに
市場に出て、広く使われている薬を組み合わせただけで、
それほど突出した効果は期待できませんが、一方、安全性も
問題はありません。

 というか、そんな組み合わせただけの薬を新薬として売り出すの
はどうか、とさえ思いますが。でも、患者の利便性は少し向上します。
本当の新薬が出にくい昨今では「はやり」のスタイルです。

 しかし、このような組み合わせただけの薬でも、新薬のような扱い
をするためには、きちんとした科学的なデータが当局からもとめられます。
抗凝固薬も、コレステロール低下薬も、どちらも予防的に一生に
近く年単位で飲み続けます。2週間は短いのですが、プラトーという
一定の状態になった時点での薬の血中濃度を測らないと、いけないので
このような治験があります。大丈夫!安心して参加できますよ。
 ざっと10段階で10を危険とすると、1-2程度の、お奨めの?やわな
 治験です。

  なお、誰かが書いていましたが、きつい抗ガン剤のような
 新薬は、今は健常人では危険な治験は行いません。
 多少は治療のメリットがありうる患者さんを対象とします。

似た性格の男です #- | URL
2013/12/27 22:35 | edit



今回は「体を売っている」という感じがします
Bライフ的理想とはちがうとおもいます

小屋を建てて生活できるのは健全な肉体と優れた頭脳をご両親から恵まれてこそですし

狸 #- | URL
2013/12/27 21:56 | edit



いや生活が不自由でも
体が不自由になっても
思想で乗り越えるのが寝たろうだ

しらん #- | URL
2013/12/27 21:30 | edit



寝太郎さんがやらなくても誰かやるわけだしね。死刑囚ならいいだろうという話でもない。

金持ってる持ってないで命の重さが違ってくる。

ここでへたな陰謀論を書く気はないけど貨幣経済システムは人を支配するための仕組みだと気づかないとね。

本当はもっと楽に生きられるはずだよね。













タダシ #- | URL
2013/12/27 20:36 | edit



寝太郎さん、やめときましょう。
体が健康じゃないとBライフ続けられないですよ!
体が資本なんですから。

ゆみちん #- | URL
2013/12/27 20:29 | edit



医療活動に従事する多くの医師は、誓いを忘れているか、形式的なものとしか捉えていません。彼らは医局をはじめ自分より上の方をみることは得意です。

寝太郎さんが幸運に恵まれますように。

kerochan #- | URL
2013/12/27 14:53 | edit



コレステロールはスタチン系の何か?コレステロール低下薬は脳梗塞や心疾患のリスク下げるけど寿命は延びない不思議な薬で本来不要。まあ服用者山程いるが副作用発現低い、まして14日くらいならOK。

血液サラサラはチクロピジンあたり?健常者よりサラサラにしておくので頭痛は出易いというが、実際の発現率は低い。むしろチクロピジンなら肝障害とか重い血液障害が深刻なので嫌だけど血液検査しながら(ここが安全の担保)だから致命的な事になる前に(14日待たずして)中止になるだろうし・・・

長期の服用はお断りですし、あくまで50万円との比較だけど偽薬にあたるかもしれんし悪い話ではないような。

ちなみに初めての組み合わせの薬なので「新薬扱い」になります。ジェネリック使わせないための先発メーカーの姑息な方便でもある。

やくざいし #- | URL
2013/12/27 13:44 | edit



治験はともかく二週間後に空調の効いた部屋から出たら風邪引きそう

病院飯はまずそう #- | URL
2013/12/27 11:23 | edit



やめた方がいいと思います。
もちろん、寝太郎さんの自由ですが、広告収入や本の印税も(出来るだけ使いたくないと言う事は承知しています)ある方がとるリスクではありません。
健康を害しては何のためのシンプルライフかということになります。

通りすがり009 #V3oThO4k | URL
2013/12/27 11:12 | edit



止めて欲しい。
薬の反対リスク。
脂質降下薬って、ちょっと気持ち悪くなるかもしれない。
2,3日ならまだわかるけど、14日は長すぎるわ。

サンバー #1Ncfmy3k | URL
2013/12/27 11:05 | edit



私は正直止めてほしい
体と心に余計なモノを取り込むのが寝太郎さんがやりたかった「シンプルで人間らしい暮らし」なのか原点に戻って考えてほしい
迷ってるって事は「シンプルじゃない」って事じゃないすか?

千葉県民 #- | URL
2013/12/27 10:44 | edit



Re: タイトルなし

> 私は知っています
> ここまできて引き下がる人では無い事を

んにゃ、普通に迷ってる

毎年寝太郎 #098mQ.iE | URL
2013/12/27 10:30 | edit



私は知っています
ここまできて引き下がる人では無い事を

ファン #- | URL
2013/12/27 09:44 | edit



治験をやるにせよやめるにせよこれからも寝太郎さんが健康でBライフを送ることを願いますよ。

タダシ #- | URL
2013/12/27 09:38 | edit



いつもHPの更新楽しみにしています。
治験はリスクを取れるかどうか、リスクの対価はお金です。
熟考下さい。

No Name #- | URL
2013/12/27 08:26 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ