寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

行動原理  


誰か特定の人間に対して、直接的な依存感情を感じないようにすること、その人間の評価を必要としないこと。気にしているのはそれである。それ以外のこと、生活水準や、環境汚染や、自分の将来のことや、あるいは収奪に加担して貧しい国の人をどれだけ苦しめているかなどは、二の次、三の次である。むしろこれらの観点は、ときとして自分の行動の足枷となり、窮屈に感じさえもする。

たとえば、永続的な人間関係が発生するので畑を借りるのは嫌だが、非効率的でも自分の所有する山の開墾ならやってみたい。本やインターネットから情報を得ることは比較的問題ないが、生身の人間が直接もたらしてくれる情報は苦手である。文明の利器に頼ることも気にしないが、ライフラインを繋ぐのは微妙、電気店にやってもらうのはNG。個人商店よりも大型デパートやネット通販が良い。自分のテントサイトを誰かに使ってもらうのは構わないが、僕は赤の他人でありたい。社会保障に頼ることにもそこまで抵抗はない。僕個人が依存・被依存感情を感じなければそれでいい。

この線の引き方が人とかなり違うと感じているので、経済的な独立こそが独立だと主張する人をあまり信用していない。会社勤めなどは以ての外である(やったことないが)。

治験はこの原理にぴったり合っている。事前検診で見ていた限り、参加した17人の全員が互いに誰とも一言も口をきかないというとても「良い」雰囲気である。相部屋にも抵抗感はない。それは互いが無関心で、心が切れているからである。
黙々と作業する倉庫バイトも比較的良い環境だったが、一瞬で飽きる。ウェイターのような仕事は仲間との協調性が重要だし、客に対して媚びへつらうようなサービスも必要だからやりたくない。

芸術の類はどうしても受け付けない。僕自身が他人の描いた絵を欲しいと思わないからだ。
たとえば、陶芸でもやったらどうか、なんてアドバイスをくれる人がいるが、いまどき手作りの湯のみなんて買うだろうか?本当に手作りで100均の湯のみよりクオリティの高いものができるだろうか?その手のものを買ってくれる人がいるとしたら、それは作り手の物語を買ってくれるのである。「この人の作ったものだから」というわけで買ってくれるのである。現実世界での交流があれば、その「繋がり」はとても強いものとなる。そんな心の繋がりは要らない。

ブログを通じて得るお金は、そういう意味ではかなり自由な収入である。アドセンスを始めとするかなり匿名的な広告契約のおかげで、よほど反社会的なことを書かない限り何を書いてもいい。広告掲載主の顔も知らない。少なくとも特定の人間の評価を気にする必要はない。
しかし、純粋な知識や情報を提供しているのでない限り、表現行為というのはどうしても「見てもらっている」「読んでもらっている」というところに帰着してしまうのであり、依存の延長にあるものだと思う。

こうした立場は、(反社会的というより)非社会的であることはいうまでもなく、相互扶助や絆を重んじるいわゆるオルタナティヴライフスタイルの諸潮流からも逸脱している。

全く相反することを言うようだが、お金というのは、どんな手段であれ(良心に従って)自由に稼いで、回ってゆけばいいと思う。しかし、自分ひとりの生活を回してゆくための最も基本的な部分に、依存に基づいたお金が侵入してくると、突然、何もかもが窮屈になる。

僕がBライフだなんだと言ってるのは、その最低限の費用を極めて小さく、2万円という現実的な額にすることで、その依存も同様に小さくすることこそが肝なのであって、節約生活そのものに意義があるわけではない。ちなみに、まじめに「生活」をしようとすればわかるとおり、依存「ゼロ」というのは机上の空論であり、ありえないことである。

それ以上のお金というのは、自由に稼げばいい。それは、贅沢費であり、互いが贅沢(資源の浪費というような意味ではなく、本来必要ないという意味)をすることによって回っているお金である。歌でも歌ってお金をもらい、それでおいしいデザートでも食えばいいのである。(不健全なのは、そのお金がたとえば農家の作った野菜や第三世界の労働によって回るお金と一緒くたになってしまうことである。)

今のところ治験は受けるつもりでいる。それが終わったら健康的な生活をしよう。それで、お金を使い切るまでに何か収入を考える。これが来年の抱負。

偽薬に当たりますように!

それでは、良いお年を。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ライフスタイル
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


私は、分人論は、アイデアとしては面白いと思ったのですが。おっしゃる通り、単純化し過ぎていたり、考慮漏れがあったり、まだまだ詰めきれてないですが、今後、平野氏がどう詰めて行くのかに、興味ありです。
平野氏は、自殺者を減らしたいという思いもあったので、分人論がちょっとまとまったところで急いで出版した、ということもあるかもしれません。理論として成り立たせるより、悩む読者への一助にと考えれば、あの内容で出すのはあながち間違いではないかなと。

ぼ #- | URL
2014/01/05 03:19 | edit



Re: タイトルなし

> 前に、陶器でも作ったら、と寝太郎氏の収入源について、余計なことを言ったかもしれないので、申し訳ない。何人かの人が色んなアドバイスをしていたが、寝太郎氏のことを寝太郎氏以上に分析できている人はおらず、大方的外れだったのかも。
>
> ところで、平野啓一郎氏の、分人というアイデアがある。おおまかに言うと、人はそれぞれ、やり取りする相手ごとに人格が形成されるというものだ。ちょっと寝太郎氏の場合を考えてみた。
>
> 対「バイト先の連中」:
> 連中の理不尽、無理解に傷つき壁を作ることが多く居心地悪い。
> 以下は私の考えだが、理不尽、無理解は、連中の想像力(思いやる能力)の低さによるところもある。頭の悪い連中は想像力、思いやりる能力も低い。頑張って思いやってみてもずれたりするので、思いやっている「つもり」になることも。
>
> 対「隠遁生活中に遭遇する人々」:
> ダンボールを分けてくれたりする店のおばちゃん、おっちゃん達とのやり取りは緊張しても、ハードルは越えられる。
> 固定観念に縛られたまま、それを押し付けてくるようなおっちゃん達には疲弊する。
>
> 対「以前からの友達」:
> コミュニケーションの成功により、居心地よい。ただ、会うには、都市部に出なければならない。都市部で暮らすには、苦役による金銭収入が必要であったり、長期的な契約ややり取りが発生するのは居心地悪い。
>
> 対「インターネット上のやりとり相手」:
> それなりにやり取り可能な相手もいる。そのやり取りはなんとなく続けてもいい気がする。
> 一方的にバッシングしてくる相手もいる。対面でやり取りする状況なら耐えられなくても、インターネット上であればスルーできる気がする。あるいは気がするようになってきた。
> 自分の思考、アイデアを文字にして、読んでくれる人がいるのは、人に受け入れられている感覚を覚える。

平野啓一郎の『分人』読みましたが、期待はずれでした。
んな簡単な問題じゃなかろうと。

毎年寝太郎 #098mQ.iE | URL
2014/01/03 10:16 | edit



完全同意だわこれ

リアルで他人と密な関係を持つことは、お互いに依存しあうことになり、動きにくく窮屈になって自由が失われていくということ
仕事が苦痛な理由の半分はこれ(他人と否応なしに関わらざるを得ないこと)

他人と関わるのはメリットよりも遥かにデメリットが巨大

50 #.//Hucbg | URL
2014/01/03 06:39 | edit



治験

今回の治験内容に関してはリーズナブルな試験内容とある意味極めて妥当な報酬内容と思います。他の治験と比較して採血量は少ないですし、内容は合剤に関する有効性、安全性についてのブリッジング試験の様にお見受けしました。
治験には賛否両論がありますが、最近、日本では初めてヒトに投与する(First in Human試験)など危険性の高い治験は殆ど行われなく、海外(主にアメリカ)で行われる事が多いです。自分も何度か治験に参加しましたが、収入的には恵まれていますが、多分その後6ヶ月〜1年間は次の治験には参加出来ないと思いますので治験だけで生活の糧を得ようとするとどこかで無理が出ますので降って湧いた臨時収入と考える方が安全でしょう。もっとも寝太郎氏の生活のペースを保つことで考えると2年間は大丈夫ですから、Bライフとは素晴らしいマッチングかも知れません。因みに日本人対象にハワイ・アメリカ西海岸でも良く治験(ブリッジングがメイン)を行っています。本を抱えて時には海外脱出も良いかも。

あぽきしん #- | URL
2014/01/03 00:17 | edit



私は難しいことはよくわかりませんが、できるだけいまあるこの国の価値感には従いたくないですね。関わりたくないというか。
円を使って生活している以上は全くゼロというわけにはいかないですが

スリッパ #- | URL
2014/01/01 10:59 | edit



縄文時代の遺跡の周りが栗林になっていたことについて
いろいろ考え方があるみたいです
A 栗の木を植えた
B 栗が生らない木を薪にしていたら栗の木が残った 
長い年月をかけるとABの結果が似てくるのは面白いですね
寝太郎さんも土地を栗林にしてみては?

ちょっと逸れましたが何が言いたいかというと
いろいろやってるうちに
その人に合ったものに自然と収束してくるので
いろいろやってみるといいかと思います

私は年300万のインカムゲインを得られる資産を目標に仕事して
6割くらいまで来てますが
いつの間にやら下手に仕事をやめられない立場になってしまっています
たまたま今の仕事があっていたようですが
仕事が嫌になってくれば自然と社会が私を欲しなくなるでしょう

道可道非常道

∀ #- | URL
2013/12/31 17:40 | edit



あ、それとですね、人とコミュニケーションをとりたい、と思わせるのは
オキシトシンという脳内ホルモンの分泌量によって決まるそうで、これは
一般的に女性のほうが多いらしいです、だから女性のほうがさびしがり屋が
多いってことですね。つまりオキシトシンの分泌量に個人差があるため、孤独でも平気な人と平気でない人と分かれるわけです。オキシトシンの分泌量が多いと、他者依存性が強い傾向になるでしょうね。寝太郎さんはきっと、オキシトシンの分泌量が極端に少ないのではないでしょうかね。

無無 #AIlHpmOk | URL
2013/12/31 12:33 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2013/12/31 11:16 | edit



読書は老後も快感でありうるのか

「年を重ねても読書を楽しめるか」は僕にとっても重要な問題です。

21歳の時、熊本駅から大分駅までの鈍行列車の中で僕は「罪と罰」という400ページほどもある本を読んでいました。


それまでは寝る前に数ページ読むだけでしたが、この列車の中で私は一気に数十ページ近く読み進んでのです。

それは言葉にすると「没頭」でした。

この「没頭」の快感を得た僕は、それから数日後に読み終えました。


この読書体験は僕にとって体の芯に深く充満するほど深いものでした。


できれば人生の時間の中でこういった体験を数多くしていきたいと思っています。

今30歳ですが、やはり日々の中に読書を組み込まないと、読書の快感は忘れ去られる可能性があります。続けてこそのものです。


「知的生活の方法」の著者は、英語の原書を読むことの快感を得て、「これで老後は怖くない」と書いておられます。(ちなみに同書では結婚すると研究/学者は一様につまらなくなると書かれています。)


我々も何らかの快感を伴って、晩年を迎えたいものですなぁ。。



ターティ #- | URL
2013/12/31 08:34 | edit



安穏さんは、仕事に没頭することでワーカホリックになっていたのではないでしょうか。それはある意味で依存症の一種なのです。人間の気分や感情というものは、すべて脳内の神経伝達物質やホルモンの影響により決まります。ドーパミンは快感を、アドレナリンは驚きや恐怖を、ノルアドレナリンは不快感、不安感、緊張を、それぞれ感じさせるのです。セロトニンはそれらの脳内物質が過剰に出るのを抑制する働きをもつのですが、依存症になっている人というのは、このセロトニンの供給量が少ないか、その受容体に何らかの異常があるのです。自分の気分、感情を理解するためには脳科学と心理学を勉強するといいです。たとえばイライラしているときは、ああ、俺は今、ノルアドレナリンが大量に出ているんだな、と冷静に分析できます。本を読みたくないということは、もう本を読んでもドーパミンが分泌されないようになったのですね。その理由は、本を読みすぎたか逆に本を読まなさ過ぎたかのどちらかでしょうね。私は物事を客観的に多角的な角度からとらえ判断するためには、相応な知識量が必要だと感じているため、本は毎日読みます。他者と関わらない生き方、本をたくさん読む、これは寝太郎さんと共通してます。先入観、偏見、固定観念、これらは物事を歪めてみることになる。他者と関わると少なからず、これらの影響を受けます。他者と関わることで自己の能力を最大化できる人間と、逆に最大化できない人間がいるとすれば、私は後者です。なぜなら私は、他人に合わせてしまうからです。

無無 #AIlHpmOk | URL
2013/12/31 01:19 | edit



僕は若い頃(30台位)までは、好きなときに寝て食べて、好きな本を読み、趣味に没頭して暮らせたらどんなにいいかと考えていました
ところが、歳を取るにつれて、徐々に色々な物に対する興味が薄れ、本も読まず、音楽も聴かず、今ではテレビも漫画も全然面白くありません
ほとんど仕事にしか意識がいっておらず、独り身なので、正月休みなど時間をもて余す始末です
僕は、自分が本を読まなくなるとは思っていませんでした
時間とともに何かを失っていってるのかもしれません
このように精神の老化した僕は、寝太郎さんの価値観が、まだ若く自我の強い精神から生まれていて、いずれ変化して全く変わってしまうかもしれないものだと、つい考えてしまいます
その時の価値観に従って行動するしかないわけですが、価値観が将来変わりうることを認めると、人生が少し柔軟になる気がしています

安穏 #/moqlDGY | URL
2013/12/30 23:25 | edit



これ見てください。http://newclassic.jp/archives/5422

類 #- | URL
2013/12/30 21:48 | edit



生きていくために金は必要だが、今の時代、生活するだけなら、実はそれほど金が必要ない。なぜなら先人たちの努力のおかげで、どんな貧乏人でもまず餓死することはない世の中になったからだ(日本に住んでるから言えることだけど)生活保護でも、最悪、刑務所に入ったって飯は食える。現代人は、金を稼ぐ=金を稼いでる時間を捨てている、ってことに気づいてない。
時間ってなんだと思いますか、時間って命です。時給千円でやりたくないもない仕事をやるってのは、1時間分の命を売ってることなんです。命を売って金を得るなんて変な話でしょう。でも、やりたいことがたまたま金になることだったなら、それは素晴らしいことだ。やりたいことやって、さらに金までもらえるんだから。

無無 #AIlHpmOk | URL
2013/12/30 19:36 | edit



なるほどそういう考え方ですか
人間関係の希薄さによる人生のシンプルさを優先するのですね
共感は出来ないが理解は出来る気がします、私も相当な人嫌いではあるのですが
モルモットになってまで人に関わらずに収入を得ようとするとは寝太郎さんのボッチ志向を私は少々ナメてたようです。

考えてみればお金になる仕事というのは多かれ少なかれ人間相手の問題解決で、社会的地位が高いといわれる医者、弁護士、政治家なんかも身勝手な人間を相手にした仕事ですな
仕事から人間関係を極限まで減らして収入を得ようとするととするとロボット的な対物作業か、もしくは自身の生理的な反応を提供するという治験ということになりますか。

本を出したりブログ書いたりで得られた収入を生活費にまわさないというのはこれらの行為をあくまで「人生を自由に使った結果」であり収入を得る手段にすると楽しくなくなる、という感じですかね?

千葉県民 #- | URL
2013/12/30 17:30 | edit



はじめまし、ブログもHPも最近知り楽しく見させていただいてます。

考え方、感じ方は人それぞれだけど、みんな同じなのは「自分のやりたい様にやりたい」って事は変わらないと思います。それはBライフとか会社勤めとか関係なく。どんなスタイルで生きても何処かで何かを我慢したりするのも、結局どんなスタイルでもあるんではないかな?

ピグ #vXeIqmFk | URL
2013/12/30 17:24 | edit



前に、陶器でも作ったら、と寝太郎氏の収入源について、余計なことを言ったかもしれないので、申し訳ない。何人かの人が色んなアドバイスをしていたが、寝太郎氏のことを寝太郎氏以上に分析できている人はおらず、大方的外れだったのかも。

ところで、平野啓一郎氏の、分人というアイデアがある。おおまかに言うと、人はそれぞれ、やり取りする相手ごとに人格が形成されるというものだ。ちょっと寝太郎氏の場合を考えてみた。

対「バイト先の連中」:
連中の理不尽、無理解に傷つき壁を作ることが多く居心地悪い。
以下は私の考えだが、理不尽、無理解は、連中の想像力(思いやる能力)の低さによるところもある。頭の悪い連中は想像力、思いやりる能力も低い。頑張って思いやってみてもずれたりするので、思いやっている「つもり」になることも。

対「隠遁生活中に遭遇する人々」:
ダンボールを分けてくれたりする店のおばちゃん、おっちゃん達とのやり取りは緊張しても、ハードルは越えられる。
固定観念に縛られたまま、それを押し付けてくるようなおっちゃん達には疲弊する。

対「以前からの友達」:
コミュニケーションの成功により、居心地よい。ただ、会うには、都市部に出なければならない。都市部で暮らすには、苦役による金銭収入が必要であったり、長期的な契約ややり取りが発生するのは居心地悪い。

対「インターネット上のやりとり相手」:
それなりにやり取り可能な相手もいる。そのやり取りはなんとなく続けてもいい気がする。
一方的にバッシングしてくる相手もいる。対面でやり取りする状況なら耐えられなくても、インターネット上であればスルーできる気がする。あるいは気がするようになってきた。
自分の思考、アイデアを文字にして、読んでくれる人がいるのは、人に受け入れられている感覚を覚える。

ぼ #/DUWokI6 | URL
2013/12/30 16:37 | edit



ちなみに欧米人や、大陸で生きてきた人間は、大陸性気候では、作物があまり育たないため、大型動物を狩る必要があったり、領土争いが起きたりしやすいため、自己の命を守るため、そういう気質になりやすいっていうのがあったと思います。それは言語においても、動詞が先に来る、結論を先に出す、yesかnoかはっきり、ってのも、厳しい環境に置かれていた為、もたもた悠長なことやってては死んでしまうからです。「あぶないぞ、そこから逃げろ!」だと、言ってる間に死んでるかもだけど、「逃げろ!そこから、危ないから」なら、とりあえず「逃げろ」が先に耳に入ってくるので、行動できる。

無無 #AIlHpmOk | URL
2013/12/30 14:20 | edit



協調性を重んじる、空気読む文化ってのは、日本人の国民性なのです。対して欧米人は、個人主義、自己主張する文化です(あくまでそういう傾向があるというだけで最近はグローバリゼーションの影響で昔ほど差はなくなってきてます)日本人は農耕民族で、集団で生きることで全体が生き残ることを重点に置いたのです、鰯の群れも、群れで生きることで全体を生かします(外側の鰯は明らかに不利ですよね)。もともと日本に「個人」の「個」という概念は、明治以前には庶民の間になかったと言われています。家族や先祖を重んじ、個を殺し全体を生かす、それが日本人の国民性であり、これはなんとDNAレベルで日本人に根付いてます。日本人はおとなしく、感情を表に出さず、シャイで自己主張しない、っていうのは、そうであったほうが生き残りやすい環境であったからで、それがDNAにまで影響し浸透するまでになったのです(LS遺伝子、LL遺伝子、SS遺伝子とあり、これらが脳内物質ノルアドレナリン、ドーパミン等の供給量また受容体の多さに影響する)とにかく物事の全てに理由がありますので、なぜそうなのだろう、と熟考することが大事です。

無無 #AIlHpmOk | URL
2013/12/30 14:04 | edit



そうですね、自我が他我に飲み込まれるようなことがあってはなりませんよ。ラベリング理論っていうのがあって、他人が自分に対して「こいつはバカだ」とか「こいつは悪い奴だ」とかそういう目で見て接すると、実際にそういう目で見られた人がそれを自覚して、実際にそういう人になってしまうっていうのは、あらゆる心理学や哲学の本に書いてあるので真であると思います。
物事の真偽は、とにかくありとあらゆる本(またその他の情報)を読んで、そして、そこから重なる部分を抽出していけば、それは真である可能性が高いと言える。だから現代人は本をたくさん読むべきだ、本を読む時間がないとか本を買う金がないとか、本を読む意欲が無いとか言ってる人は、論外ですよ。古代ユダヤ人の教えで、家や土地を売っても、本だけは手放すなと言っている。また、一番大事な資産は、耳と耳の間にあるとも言っている。

無無 #AIlHpmOk | URL
2013/12/30 13:51 | edit



今回の記事に大いに同意です。
協調性、「空気を読む」とか、ナンデスカそれ?って感じですよね。
そういったことを暗に要求される嫌な世の中とは「適度な」距離を保ちたいものです。

素通り素浪人 #- | URL
2013/12/30 13:49 | edit



私は誰かに依存すると自分の世界が侵食されるように感じます。
その侵食されることを快感に感じる人のほうが多数派なわけです。
他者との絆とは侵食しあって一つに溶けようとすることだと感じます。
ユングがグレートマザーに飲み込まれる恐怖と言っていましたが
束縛され身動きがとれなくなります。
それは母親が子どもを愛すると束縛して自立を妨げるようなものです。
その世界からでて自分の世界を構築するには孤独にならなければいけないようです。
もしくは溶かされないくらいに強い自我をもつかです。

まさ #- | URL
2013/12/30 12:48 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ