寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

恋じゃなかった。治験終了  


昨日、投与2~3時間後に動悸を感じ、運動や精神的なストレスなどの原因の無い動悸というのは初めてだったので、何だかよくわからないまま、次の診察で報告しようと思ってのんきに洗濯したりブログなど書いていたらひどくなってきて、夕方に報告したら安静にしてくださいと言われ、熱を測ったら37.8℃、脈は120という不安から来るものとか気のせいとかではない明らかな頻脈。

諸々の検査後、投与を中止せざるをえないということで、昨晩のうちに帰宅。帰宅後は熱も下がって、動悸もほぼおさまり、テントでぐっすり寝た。

原因はよくわからない。先生は諸々の理由から風邪やインフルエンザを疑っていらっしゃったが、体感では薬が原因であるような気がする。どうせ、薬のせいだったらもう飲めないし(あれではろくに本も読めないし、夜も寝れないだろうと思った)、風邪だとしても試験にならないし、いずれにしても治験は続行不可能。

別に苦しくはなく、他に症状もなかった。今も多少の不安感が残るのみで至って元気。たぶん、何を飲んだかわからないが、もし薬だったとしたら、薬が危険だったというよりは、かなり相性が悪かったんじゃないだろうか。

ああ、健康が一番。健康な生活がしたい。普段の自分の生活がいくら堕落している時でもどんなに健康かよくわかった。暑いとか寒いとか、多少の不潔とか面倒とか、暴飲暴食とか、健康でさえあればなんでもない。

なんか不思議な空間、時間だった。読んだ本も印象に残っているし。最後まで役に立ちたかったが、しゃーない。治験に限ったことじゃないが、住み込みでお金を稼ぐのってちょっとしたトリップ感、終わってみると夢だったんじゃないか感を味わえて、とてもよい。

どうやって生きていくかなー



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 治験
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


まったくですね。
不毛な言い合いは自分を安く見せるだけで誰の得にもならない。
治験がどうこう、薬がどうこうとか正直どうでもいいです。
小屋ぐらしテントぐらしの話を期待してます。

No Name #- | URL
2014/01/22 20:25 | edit



動悸の原因云々で言い合うのは面白くないですね。どんな理由であっても結果が変わるわけでもないし、確実に断定出来る手段もないし。不毛だと思います。
そんなことよりも、今後のBライフをどのように刻んでいくのかが気になるところです。

No Name #- | URL
2014/01/17 00:17 | edit



Re: タイトルなし

> 普通に市販されてる薬でも、人によっては色々いけないことが起きちゃうんだから、環境だけが原因というのはなさそうですよね
>
> なんにしろ今ご無事でよかったです

環境?生活設備とか人間関係とか?ストレスゼロでしたよ。

毎年寝太郎 #098mQ.iE | URL
2014/01/16 23:26 | edit



普通に市販されてる薬でも、人によっては色々いけないことが起きちゃうんだから、環境だけが原因というのはなさそうですよね

なんにしろ今ご無事でよかったです

No Name #- | URL
2014/01/16 22:39 | edit



Re: タイトルなし

> 想像?
> では薬のせいというのは想像ではないのですか?
> はっきりと医師からそう説明された?
> そうではないでしょう。じゃああなたが薬のせいと思うのも想像の範疇を出ない。違いますか?
> それともあなたに医学の知見があるとでも?
>
> カッコつけても読者は皆あなたのナイーブさを見抜いてますから。
> ナイーブなのは決して悪いことでも恥じることでもありません。堂々としていればよろしい。

何を怒ってんのかわかりませんが、事実として、通常70くらいの心拍数が、130くらいまで上がった。これが少なくとも4時間続いた。最初は平然としていたが、報告してからは不安もあった。帰宅して動悸が治まったのは、薬が抜けたから当たり前です。飲んだ可能性のある薬は、血管の拡張によりしばしば動悸が起こるものだそうです。あれがプラセボだったら宗教に入るよ。

「ナイーブさ見抜いてますから」って、隠したことありませんので、こまっちゃうな。そういうの、めんどくさいな。

毎年寝太郎 #098mQ.iE | URL
2014/01/16 12:36 | edit



Re: タイトルなし

> ああ、副作用がでてしまいましたか。まあ、無事で何よりです。
> 僕も治験でひどい頭痛に襲われましたからね。本当に健康のありがたみ
> ってものが身にしみてわかったことでしょう。それに気づかされただけでも
> よかったですね。体だけは大事にしてください。何にも変えがたいものです。
>
> >こういう場合でも謝礼は満額もらえるんですか?
> 常識で考えればわかると思いますが・・・おそらく1円も出ないか、よくて
> 日数分の負担軽減費(2日×2万くらい?)がもらえるかどうかってとこです。

お金に関しては、滞在4日分と、20日間予定を空けていたことなどを考慮して、もう少し出るみたいです。詳しいことは書きません(書いてもいいとおっしゃってたけど)。

毎年寝太郎 #098mQ.iE | URL
2014/01/16 12:22 | edit



想像?
では薬のせいというのは想像ではないのですか?
はっきりと医師からそう説明された?
そうではないでしょう。じゃああなたが薬のせいと思うのも想像の範疇を出ない。違いますか?
それともあなたに医学の知見があるとでも?

カッコつけても読者は皆あなたのナイーブさを見抜いてますから。
ナイーブなのは決して悪いことでも恥じることでもありません。堂々としていればよろしい。

No Name #- | URL
2014/01/16 12:19 | edit



Re: タイトルなし

> 最終段階の治験でそんな極端な副作用が出るとはあまり聞いたことがないけど。
> ご本人は否定しておられるけど、要は心因性のストレスからくるものでしょう。
> 一言でいえばビビり過ぎておかしくなったと。家に帰るなりけろっと治るあたりモロにそんな感じ。
> タフなのかナイーブなのかよく分からない御仁ですな。

想像で物を言わんように

毎年寝太郎 #098mQ.iE | URL
2014/01/16 12:13 | edit



Re: タイトルなし

> こういう場合でも謝礼は満額もらえるんですか?

まさか。

毎年寝太郎 #098mQ.iE | URL
2014/01/16 12:09 | edit



例えば野生動物を捕獲して連れ帰って、至れり尽くせりの檻の中で飼育を試みてもストレスで死んでしまうなんてことはザラにあります。
完璧に空調を整えて栄養満点の餌を与えても、です。
何にストレスを感じるかは人それぞれです。氏は自由なホームレス生活には耐えられても完璧に生活をコントロールされる至れり尽くせりの不自由さには耐えられなかった、
それだけのことでしょう。現にリゾートバイトも集団生活のストレスで終盤は爆発寸前だったではないですか。

No Name #- | URL
2014/01/16 00:32 | edit



いや、あきらかに薬のせいでしょう。失礼ながら、寝太郎さんは多少の環境の変化で動悸を引き起こすような人間ではないとお見受けします。
彼はホームレスと一緒に路上生活を体験なさったことがある方です。
路上の環境は病院の空調管理が完全に利いていて、ベッドがある環境よりは厳しいように感じられますがいかがでしょうか?

まあ、薬をのんで体に変化が起きないほうがおかしいと考えるのが妥当です、そもそもなぜ薬が効くのか、それを考えれば、自明の理です。

無無 #AIlHpmOk | URL
2014/01/15 04:11 | edit



帰宅した途端に治ったなら
>環境のせいとは思えない
という推測は非合理的だと思うけど?
むしろ環境のせいと考えるのが自然でしょう。

No Name #- | URL
2014/01/14 23:45 | edit



治験こえー

と思ったけどそう思わせる作戦ですね!

  #- | URL
2014/01/14 13:58 | edit



環境とは思えない
やはり治験のリスクは大きい

黒船 #- | URL
2014/01/13 20:47 | edit



急に環境が変わったから熱が出ただけだと思うけどね?

いま無職 #- | URL
2014/01/13 14:55 | edit



心が納得しても体が拒否したように見受けられます

千葉県民 #- | URL
2014/01/13 01:14 | edit



イギリスのとある治験で、被験者6名中、1名をのぞいて全員死亡した
事例があります。その1名はプラセボ被験者でした。治験をなめては
いけません。

無無 #AIlHpmOk | URL
2014/01/12 23:50 | edit



運動負荷テストとか聞いたことないですね。結構ヤバめのやつだったのかな・・・?まぁ重症にならなくて良かった。

DDD #- | URL
2014/01/12 13:25 | edit



ああ、副作用がでてしまいましたか。まあ、無事で何よりです。
僕も治験でひどい頭痛に襲われましたからね。本当に健康のありがたみ
ってものが身にしみてわかったことでしょう。それに気づかされただけでも
よかったですね。体だけは大事にしてください。何にも変えがたいものです。

>こういう場合でも謝礼は満額もらえるんですか?
常識で考えればわかると思いますが・・・おそらく1円も出ないか、よくて
日数分の負担軽減費(2日×2万くらい?)がもらえるかどうかってとこです。

無無 #AIlHpmOk | URL
2014/01/12 10:31 | edit



最終段階の治験でそんな極端な副作用が出るとはあまり聞いたことがないけど。
ご本人は否定しておられるけど、要は心因性のストレスからくるものでしょう。
一言でいえばビビり過ぎておかしくなったと。家に帰るなりけろっと治るあたりモロにそんな感じ。
タフなのかナイーブなのかよく分からない御仁ですな。

No Name #VSes8Td2 | URL
2014/01/12 08:32 | edit



え、マジで
そんな体感でわかるくらい副作用いきなりでるの・・・?
俺も長期の治験行こうと思ってたのに怖くなってきたぜ

No Name #SFo5/nok | URL
2014/01/11 18:40 | edit



いつも見ています

>どうやって生きていくかなー
お金は大丈夫なのかな?と心配してみていましたが、ホームページ(Bライフ研究所)のほうに、「HPやブログの広告収入(約100000円/月)、本の印税などもあります」と記載もあるようなので安心しています

月10万以上の不老所得で遊んで暮らせるなんて幸せですよね

これからも頑張ってください
応援しています

No Name #- | URL
2014/01/11 17:44 | edit



オチは早かったですねー
薬の感受性は人によって驚くほど違うことがあります。
昔覚せい剤やったことあるんだけど俺はすごい効いちゃって
るのに一緒にやってる友達はなんでもないという。
信じられんけどホントの話。
精神薬も然り。
相性最悪だったらと考えるとほんと怖い。
まあ無事でよかったですね。

タダシ #- | URL
2014/01/11 17:36 | edit



こういう場合でも謝礼は満額もらえるんですか?

No Name #- | URL
2014/01/11 16:49 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ