寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

恋じゃなかった。治験終了  


昨日、投与2~3時間後に動悸を感じ、運動や精神的なストレスなどの原因の無い動悸というのは初めてだったので、何だかよくわからないまま、次の診察で報告しようと思ってのんきに洗濯したりブログなど書いていたらひどくなってきて、夕方に報告したら安静にしてくださいと言われ、熱を測ったら37.8℃、脈は120という不安から来るものとか気のせいとかではない明らかな頻脈。

諸々の検査後、投与を中止せざるをえないということで、昨晩のうちに帰宅。帰宅後は熱も下がって、動悸もほぼおさまり、テントでぐっすり寝た。

原因はよくわからない。先生は諸々の理由から風邪やインフルエンザを疑っていらっしゃったが、体感では薬が原因であるような気がする。どうせ、薬のせいだったらもう飲めないし(あれではろくに本も読めないし、夜も寝れないだろうと思った)、風邪だとしても試験にならないし、いずれにしても治験は続行不可能。

別に苦しくはなく、他に症状もなかった。今も多少の不安感が残るのみで至って元気。たぶん、何を飲んだかわからないが、もし薬だったとしたら、薬が危険だったというよりは、かなり相性が悪かったんじゃないだろうか。

ああ、健康が一番。健康な生活がしたい。普段の自分の生活がいくら堕落している時でもどんなに健康かよくわかった。暑いとか寒いとか、多少の不潔とか面倒とか、暴飲暴食とか、健康でさえあればなんでもない。

なんか不思議な空間、時間だった。読んだ本も印象に残っているし。最後まで役に立ちたかったが、しゃーない。治験に限ったことじゃないが、住み込みでお金を稼ぐのってちょっとしたトリップ感、終わってみると夢だったんじゃないか感を味わえて、とてもよい。

どうやって生きていくかなー



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 治験

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ