寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

薬か恋か宗教か。治験について  


治験について、最後にちゃんと書いておきたいと思う。

個人ブログの記事ひとつで大した影響があるとも思えないが、たまたま僕が相性の悪い薬に当たってしまった経験を書いたせいで、治験に対して変なバイアスをかけて伝えてしまったら、現場にはプロフェッショナルとして誠実に働いている人がいるのであって、そういう人たちに申し訳ないと思うから。

投与は午前10時頃。動悸はおよそ13時頃始まって、通常70くらいの脈拍が120~130になり、発熱、推測ではこのような状態が少なくとも4時間続いていた。薬が抜けると共に症状はおさまって、帰宅後の夜はほとんど気にならない程度になった。

これ以上のことはあくまで解釈だが、動悸は薬の影響(血管の拡張)で、発熱は体が異常を察知しての副次的なことではないかと思っている。これは現時点での医師の判断でもある。医師は「恋でしょう」とは言っていなかった。

最初は平気だったが、はっきりと自覚して報告して、ベッドで寝てるのに心臓がドクドクして、いろんな器材が運ばれてきて慌ただしくいろいろ測定が行われて「動性頻脈」という言葉が聞こえてからは不安も募って、そうしたメンタル面が影響していないとは限らないが、あくまでプラスアルファと思う。

最も不安になったのは帰って次の日の夜以降で、というのも薬はとっくに抜けたはずなのにちょっと気になることがあって、それで通院したりしていろいろあったが、まあもう詳細はどうでもいい。インフルエンザとか骨折とか原因がわかってればテントだろうが山小屋だろうがなんでもないのだが、原因がわからないのは不安になる。

もしこれで、偽薬だったとしたら、宗教の門でも叩くしかない。

ちなみに負担軽減費も、最初の契約や慣例に従ってちゃんとカバーされる。もちろん病院にいた4日分と、あとは通院や20日間の予定を空けていたことなどを考慮してくれると言っていた。あまり役に立てなかったのに、ありがたい。

繰り返しになるが、これはあくまで個別のケース。誰しも、体の強弱や健康状態に関わらず、特定の薬に対して強く反応する体質を持っていることはあって、たまたまそれに当たってしまったということだと思う。ほとんどの人は、今頃、マンガ読んだり勉強したりして入院生活を満喫してる。

とりあえず諸々の理由から治験の話はもう終わりにしたい。なんか、他人のことや、周囲のことを書くのが嫌になった。自分に跳ね返ってくるだけの、自分のことだけを書きたい。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 治験
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


他人・外のことを書くことで、自分に返ってくるから書かない
去年のブログを見返すと、外の出来事を寝太郎さんの視点で書かれた文章は、すごく面白かったです。

よけいなお世話かもしれませんが、寝太郎さんの面白味はそこにあると確信します。

サイレントヒル #- | URL
2014/01/29 12:24 | edit



>>7時9分にコメントくれた人
あ、コメントは寝太郎君個人に対してだよ。
あなたにも集まりにも、毒吐くなんて、そんな。

それに寝太郎君は多分、ほめ言葉だと判ってると思うから、心配しなくていいと思うよ。

No Name #- | URL
2014/01/22 02:54 | edit



誰しも一から今の思考を組み立てた訳ではないからなあ。誰でも大なり小なり偏向してるのは仕方ないだろうさ。大事なのは現在の状況に即して情報を切り取ってこれる思考なのかどうかって事で多少のブレは許容範囲だろ。読みに来るだけの理由があるから読みに来る。まあ平たく言えば面白いからなw

名無しさん@ニュース2ch #- | URL
2014/01/20 08:46 | edit



11番目の名無し様

馬鹿の集まりに向かって毒を吐いて悦に入っているあなたは
立派な勝ち組・・・

No Name #- | URL
2014/01/20 07:09 | edit



宗教に入らなくても、自分がBライフ教の教祖張ってる、て自覚はもちろんあるんだよね。

馬鹿な社会不適合者達を囲い込んで旨い汁すうなんて結構、悪人だよね。

勝ちは勝ちだけどさ。

No Name #- | URL
2014/01/19 22:59 | edit



>とりあえず諸々の理由から治験の話はもう終わりにしたい。なんか、他人のことや、周囲のことを書くのが嫌になった。自分に跳ね返ってくるだけの、自分のことだけを書きたい。

とブログ記事中にありますが、ある意味うちらも見習うべきなのかも知れませんな。

りうか #MrRWnLfM | URL
2014/01/19 13:03 | edit



変に寝太郎さんに型嵌めちゃうと寝太郎さんやりにくいのじゃ。

名無しさん@ニュース2ch #- | URL
2014/01/19 06:53 | edit



んでまあ僕も寝太郎さんとタイプは違いますけど仕事してません。
仕事が楽しいならすればいいと思うけど、たとえ仕事じたいが好きでも
時間を拘束される、嫌な人間とも付き合っていかなきゃならない、病気に
なっても休めないときがある、とかデメリット多すぎるんですよね。
好きな仕事でさえこうなのに、嫌いな仕事をなりわいにしてる人って
究極のMなのかと思いますね。なんだろう、自主的に志願した奴隷か
なにかかなと。

無無 #AIlHpmOk | URL
2014/01/19 06:39 | edit



いや、ただもし、豪邸や高級車が、1円で売られていたら寝太郎さんは
買うかもしれないから、全く興味が無いというのは、うそになるな、訂正しよう。ただ、何十年と働いて命(時間)を消費してまで手に入れる価値はない
ということです。それがイコールになっているか上回ると思う場合に、人は労働
するのでしょうね。まあそういう思い込みが、今のこの世界を形成してるわけで
皆が寝太郎さんのような考えになったら、原始時代に逆戻りですよ。

無無 #AIlHpmOk | URL
2014/01/19 00:41 | edit



いや、興味が無いのです、寝太郎さんは。機能性という観点から見れば
豪邸にも高級車にも、その金額に見合うだけの実質的価値は見出せないのです。ものすごくたくさんの人手、労力がかかっていて、高級な材料も使われていて、作るのに時間もかかっているから、それだけの価格はつくでしょうが、じゃあものすごく人手をかけて時間もかけて作ったピラミッドや古墳を購入したいという人はいますかね?あんまりいないんじゃないでしょうか。
豪邸だって似たようなものだ、部屋が何個もあって、広くて色々そろっていたって、今の住まいに物凄くストレスを感じているわけじゃないなら、別に必要じゃないってことなんだ。自分の体は一つしかないのに何個も部屋があってどうする、逆に掃除や管理の手間がかかる、高級車も、車なんて動けばそれでいい。寝太郎さんもそう思っているに違いない。

無無 #AIlHpmOk | URL
2014/01/19 00:22 | edit



>豪邸にも高級車にも興味は無く、ブランド物やアクセサリーや絵画や
>インテリアにも興味が無い

興味が無いというのは正確ではない気がします
優先順位の問題ではないかな

自分が幸せになるために必要なモノの、独自の優先順位がしっかりしており
それを手に入れるための行動力と精神力を併せ持つ人物
そういう風に見えます
末永くブログは続けていただきたいです
途中、その「優先順位」が変わっていくとしても
毎回楽しみにしております

にゅー #mQop/nM. | URL
2014/01/18 23:27 | edit



寝太郎さんの言葉の中で、僕が一番強く心に残っているのは
ブログやホームページの中ではなく、ツイッターでつぶやいた
別に人生には何も無い、という一言だった。
真理だと思った。寝太郎さん、どうぞ今後もブログを続けてください。
寝太郎さんはお金にはとらわれない人だ。金やモノにとらわれない、
豪邸にも高級車にも興味は無く、ブランド物やアクセサリーや絵画や
インテリアにも興味が無い、その点は僕と全く同じ。
本当に大事なものは、「心と体の健康」「時間」この2つしかない。
だから「心と体の健康」「時間」を売って金を得るのは全く僕には納得が
いかない行為なのです。

無無 #AIlHpmOk | URL
2014/01/18 22:53 | edit



>だんだんブログの読みてを意識した文章になっていってるのは、寂しいからなのか、アクセス増やすためなのか変な意味じゃなくて素朴に知りたいです。つまらなくなったり、媚びを感じたりは全然ないですよ。誤解なく。

みなさんがコメント欄で騒ぐからでしょう。

T #- | URL
2014/01/18 09:50 | edit



おつかれさまです。まだまだ寒いので気をつけてください。

名無しさん@ニュース2ch #- | URL
2014/01/17 16:23 | edit



だんだんブログの読みてを意識した文章になっていってるのは、寂しいからなのか、アクセス増やすためなのか変な意味じゃなくて素朴に知りたいです。つまらなくなったり、媚びを感じたりは全然ないですよ。誤解なく。

No Name #- | URL
2014/01/17 14:46 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ