寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

Bライフの一般性について  


現代のメインストリームの生き方も嫌、人間関係の密な相互扶助的な生き方も嫌、自分で自給自足するような力も無いとなれば、シンプルに生きるしかない。

お金を稼ぐ義務も、人間関係による心の束縛も、自給自足の手間も、煩わしさは似たようなもの。「生活」があるから悪いのだ。「生活」から逃れるために、なるべく質素に暮らす。

・対人依存からの脱却

生身の人間に対する依存からの脱却。直接的な心の繋がりができてしまうことを避ける。依存対象が大きな企業や国という匿名的な存在であれば構わない。その辺で働いている人に対して依存感情を感じることはない。彼らがどんなに社会正義を振りかざしても、彼らの人生は彼らが彼ら自身のために選んできたことであって、後付けで偉そうなことを言われても何も響かない。ところが実際に働くとなると、直接的な関係が生じる。それは思考や行動を縛る。

・自己完結性

一人あるいは身内のみでやる、ということ。

・局所最適化、国内レバレッジ

よく、物価の安い国で生活しながら、物価の高い国の収入を得る、ということが言われるが、そうしたレバレッジ戦略をとるためには、わざわざ国外に出る必要はない。
土地家屋や一杯800円のラーメンは、同じペースで経済に乗っかれる人用の値段。そうしたサービス、場所代、宣伝、不必要な差別化、などなどの付加価値を買わない自由はある。云千万円の家を買わない自由はある。一方で、アルバイトの給料の数字は、経済を十全に反映している。その非対称性をうまく使う。国内レバレッジ生活。

・情報の発信、必要な情報の確保、不必要な情報の遮断

「生きることに意味なんて無いよ」「難しく考えず楽に生きようよ」などと易きに流れるのとは違う。どれだけ質素に暮らしても、知識や情報から断たれるのはつらい。しかし、これに関しては、地域の図書館もあるし、大学図書館でも一般開放されているところが結構ある。もちろんインターネットも。

以上のことは、安アパート暮らしでもある程度は実践できることばかりかもしれない。小屋やテントで暮らしているとよくわかるが、基本的なアパートがあのクオリティで(東京にこだわらなければ)20000円くらいからあって、しかも賃貸居住者は法的に相当守られているし、かなり恵まれている。それ以上のラディカルな生活をするのは、単に経済的なことよりも、精神的で非合理的な理由が多い気がする。

・ノマド志向

留守にしていてもいい。これが結構重要。一度居を構えてしまうと、賃貸であっても、荷物やら契約やら行政手続きやらで腰が重くなる。賃料が発生したまま国内外をふらふらしていてもいい気はしない。いつ自分の頭がクルクルパーになるかわからないし、いきなり明日どこか遠い国へ行きたくなるかもわからない。

・変化を求めて

同じ循環の中にいる限り、何も変わらないのではないかという恐怖。変化というか、逃避というか。

・ゆるいサバイバル志向

たとえばドングリを拾うなんてのは、誰にでもできることだが、サバイバルと言えばサバイバル。山菜も釣りもそうだが、今どきそんなのは、趣味としてやるか、あるいは漁船を得てプロとしてやるかのどっちか。しかし、生活費が低くなればなるほど、それが本当に生活の糧となりうる。山にも街にも、社会余剰は溢れかえっている。それをもらうのが難しいだけで。ペール缶一つもらうにしても、普通の人とは「ありがたみ」が違う。これもまたレバレッジ。生活の階層をずらせば競争率も下がる。

・全体性を求めて

単にどこかに引きこもるのではなく、たとえば小屋やテント暮らしならば、外界に開かれたまま孤独になれる。全体性のある孤独を得られる。ソローが『森の生活』で「まるで自分がこの星の最初で最後の人間であるかのような」(うろ覚え)と形容してるところのもの。


10万円程度の安くて便利な土地の購入は、確かに難しいが、不可能ではない。テントを使えない人はいない。年に一回、短期バイトで20~30万円を稼げない人もあまりいない。

もちろん健康であることは前提だし、日本国民であることも重要だし、だいたい人間であった時点でかなりラッキーだし、一般性を言い始めたらキリがないが、少なくとも法律や経済の観点からは、十分な一般性があるように思う。薦めているわけではなく、事実として。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ライフスタイル
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


>(A)小屋やテント暮らし<(B)安アパート<(C)設備が
>過剰気味に付加された賃貸アパ、一軒家、マンション
>ってことじゃないですかね。

>(C)の生活が「精神的で非合理的な理由」で行われている、
>という意味だと思いました。


↓二行は同意だけど。
上は納得できない、その理屈でいくと(A)より(B)のほうが
「精神的で非合理的な理由」で行っている生活になってしまう。

俺にはどうしても「いろいろやってみたけど結局安アパート暮らしが
一番経済的に合理的な暮し」と言ってる文章に見えるんだ。
(言いたいことは違うのかもしれないが)

ラディカルって言いまわしがなぁ。
①現代人から見るとテント暮らしや小屋暮らしは
安アパート暮らしに比べ「急進的で過激的(ラディカル)」じゃない?

「小屋、テント暮らしは安アパート以上にラディカルで
安アパート暮らし以上にラディカルな生活をしている私は
(より)精神的で非合理的な理由でこの生活を行っています。」

この文章はこういう事言ってるんじゃないの?
この論理はどっかおかしいかな?俺変なこと言ってる?
①の解釈が違えばこの論理は破綻するけど。


>以上のことは、安アパート暮らしでもある程度は実践できることばかり>かもしれない。小屋やテントで暮らしているとよくわかるが、基本的な>アパートがあのクオリティで(東京にこだわらなければ)20000円くら>いからあって、しかも賃貸居住者は法的に相当守られているし、かな>り恵まれている。それ以上のラディカルな生活をするのは、単に経済>的なことよりも、精神的で非合理的な理由が多い気がする。

けーくん #oMHXVlb6 | URL
2014/02/02 03:29 | edit



>けーくん

[小屋やテントで暮らしているとよくわかるが、基本的なアパートがあのクオリティで]


と書かれてあるので、

(A)小屋やテント暮らし<(B)安アパート<(C)設備が過剰気味に付加された賃貸アパ、一軒家、マンション

ってことじゃないですかね。

(C)の生活が「精神的で非合理的な理由」で行われている、という意味だと思いました。


>50 #.//Hucbgさん

この場合、「身内は「自己」に曖昧に内包されている」、と邪推してはいかがでしょう!?




「日本の一般水準より安い生活費で暮らす」

だけでも事足りるんでしょうけど、

違う言葉に置き換えたり、細部にこだわって具体例を豊富に示すことで、


同じ物事でも、読み手はプラスアルファの視点や考え方を認識できるんですよ。

頭にもイメージしやすいですし、幅ができる。それって快感じゃないですか笑

ターティ #- | URL
2014/01/30 20:38 | edit



物価の安い国で普通の生活をするのではなく、単純に国内で出費を抑えた生活をすることでしょ。

No Name #- | URL
2014/01/28 18:41 | edit



これで動物の一種として存続でき輪を閉じる事ができれば上等だと思う。そこまでやってみてよ。

名無しさん@ニュース2ちゃん #- | URL
2014/01/28 14:25 | edit



"ムダにめんどくさい表現"&"Cライフ"で思いつきました。
ABC->松竹梅と変換し、わたしは"竹生活"&"てこ生活"でいきます。
竹は生命力旺盛なので、少ない労力で多くの見返りを得ることができます。

ヴぃおくる #- | URL
2014/01/28 13:54 | edit




50さんの、→「日本の一般水準より安い生活費で暮らす」ってことがレバレッジとありますが、
寝太郎さんの示すレバレッジ生活は、支出を一般水準よりも落とした上で、さらに収入あるいは社会余剰(都市の幸)を一般水準よりも落とさずに獲得することによって発生する差益を最大化ないしは最適化すること。

どうでしょうか??寝太郎さん。「日本の一般水準より安い生活費で暮らす生活」と「レバレッジ生活」との違いは以上でよろしいですか?

シンメトリー #- | URL
2014/01/28 03:29 | edit



>年に一回、短期バイトで20~30万円を稼げない人もあまりいない。

テント生活で社会から一線を画した自由時間中心で過ごすと、
現金収入のために年1回スタイルチェンジのギアを入れるの逆にすごく
大変なんじゃないでしょうか?  社会に程よくコンスタントに関わって
短時間収入&節約生活の方が負担が少ない気がします。

寝太郎さんのやり方は参考になる。 でもいつまでその季節労働のバイト
も続けられるのか? 年取ったら雇ってくれなくなるかも?
現金獲得の方法に目下課題ありBライフという印象です。

Cライフ(convenient,concise&controlled life) #- | URL
2014/01/28 00:18 | edit



なんか一部矛盾してんな
自己完結性言いつつ身内OKとか
他人依存しないって言いつつ結婚はしたいとかも言ってたよね


あと、レバレッジ生活とか簡単に説明できることを、ムダにめんどくさい表現する癖があるね
本をよく読んでる人のブログにありがちな傾向
単純に「日本の一般水準より安い生活費で暮らす」ってことをレバレッジだとかわかりにくい用語使って格式ばった表現にする

50 #.//Hucbg | URL
2014/01/28 00:00 | edit



今回の文を読んでて、生きる目的について考えてしまった
今は死ぬのは怖いから生きているという感じなので・・・
生活するって突き詰めて考えるとわけわかんなくなる

にゅー #mQop/nM. | URL
2014/01/27 23:58 | edit



>基本的なアパートがあのクオリティで(東京にこだわらなければ)20000円くらいからあって、しかも賃貸居住者は法的に相当守られているし、かなり恵まれている。それ以上のラディカルな生活をするのは、単に経済的なことよりも、精神的で非合理的な理由が多い気がする。


ん?ってことは今やってるテント暮らしとかは
「精神的で非合理的」な理由でやってる暮しってこと?
文脈を読むと違うんだろうけど文字どおりに読むと・・・
Bライフは安アパート暮らしよりラディカルだけど
「精神的で非合理的」ではない例外的位置づけなのかな?
わからん。

けーくん #oMHXVlb6 | URL
2014/01/27 21:47 | edit



1ゲトさん寝太郎さんはテントだけではなく生活の軸となる小屋も
所有しているぞ。さすがにテントだけでは厳しいと思われ

タルソーヤ #- | URL
2014/01/27 12:00 | edit



いつも楽しく読んでいます。
前記事のエヘン虫の件で、寝太郎さんが宿主を嘲笑する寄生虫、だと言われている点について投稿しました。そんなエヘン虫も、寄生虫もいてもいいですよね。

No Name #- | URL
2014/01/27 01:53 | edit



こんばんは。
判るような気がする...気がするようなだけかも知れませんが。シンプルに暮らしたい。共感できます...自分自身の煩わしさからの解放、何か沢庵和尚に通じているかも知れないです。

chiponeko #1sJb.6Hc | URL
2014/01/27 00:59 | edit



今回の話は寝太郎さんらしくて大変面白い内容でした。
私は寝太郎さんはフリーライドするのがうまい人と感じています。

私も土地を買ってテント生活も楽しそうだなと思うのですが
「家庭教師」と「試験官」で質素な生活をしています。

少ない時間で時給の良い家庭教師と、好きな時に仕事を選べる試験監督でほとんど働いていませんが、できるだけ日常に使う費用を減らし生活しています。
例えば、水道やガスは使用せず電気代のみ使っています。
体育館のシャワーを利用したり、スーパーのトイレを利用したり、図書館で本を読みつくしたり、センターでPCを借りたりとフリーライドしてできるだけ自分の資本を使わずに相手の資本を使っています。

個人的に土地を購入したいですが
土地を購入するという事が大変大きな壁に感じてなかなか前に進めません。なぜなら土地を購入してテント生活しているサンプルが非常に少ないからです。

寝太郎さんは、軸がしっかりしていて知識も豊富なのでテント生活がなりたっていますが、私のように中途半端なBライフを送る者にとって土地を買うまでが未知の世界すぎて手をだせません。

土地購入の話をもう少し詳しくとりあげていただけたら嬉しいです。

1ゲト #- | URL
2014/01/27 00:40 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ