寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

高額療養費制度  


いつだかコメントで教えていただいた公的医療保険における医療費の上限制度について。

ポイントは以下の5つ。

・70歳未満の独身低所得者(所得35万円まで、給与収入のみであれば収入100万円まで)は、一ヶ月の合計負担上限額35,400円。

・過去一年間のうち既に3ヶ月以上高額療養費制度を使用している場合は、上限額24,600円。単純計算で、一年間の窓口支払額はどんなに高くても327,600円を超えない。

・医療機関、薬局等での支払いを含む。

・事後申請もできる(入通院時より2年)し、予め入通院が予定されているときは、事前に所得区分の「認定証」(1年間有効)を発行してもらうことで、窓口での支払い自体を抑えられる。その場合、事後申請する必要はなくなる。

・保険診療の対象となっているものに限る(たとえば金歯や差額ベッド代は対象外)。

参照:高額療養費制度(厚生労働省)



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: お金の話

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ