寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

雪中蟄居  


暗い雪の中を、重い荷物を抱えて一歩一歩泳ぐように帰ってきたせいで、腰くらいまであったかと思っていた雪、腰が埋もれる映像すら目に浮かぶ雪は、一夜明けてみるとせいぜい膝が十二分に隠れる程度だった。

しかし、稀にみる大雪にかわりはない。一日中雪の中でバイクと格闘していたこともあり、昨晩、薪ストーブの前でじんわりと乳酸の心地良さを味わっていたが、やはり屋根の上の雪が気になる。屋根が潰れるのはもちろんこわいが、それよりありそうなのが、雪塊がずり落ちて煙突に何かしらの損傷を与え、最悪、室内に煙が充満するかもしれない。

夜遅くになってから、煙突まわりだけ何とかしようと思って脚立を持って外に出る。ふと脚立が三脚代わりになると思いついて、再び撮影にトライ。ここでこれだけの雪はもう当分見られないだろう。

P1040886.jpg

煙突まわりを綺麗にしたら、なんだかやけに力が湧いてきて、全く寒さを感じず、雪塗れの手も温かい血がドクドクと通っているのを感じ、結局、家のまわりを一周、脚立から届く範囲の雪は全部下ろしてしまった。

気温の上がらない日が続くようで雪も溶けず、相当の決心が無ければしばらくは出歩く気にならない。昨晩必死に抱えて帰ってきたものの中には諸々の食材があり、向こう数日の相棒は牡蠣鍋である。



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 小屋の日常
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


えーっと、大泉はドアの半分くらい雪で埋まって来てるんだけど・・・・

大泉原人 #aIcUnOeo | URL
2014/02/15 00:56 | edit



立石公園から諏訪湖を眺めると
山に囲まれて平地がほとんどないのがよく解るよ
http://www.city.suwa.lg.jp/www/info/detail.jsp?id=594

大泉原人 #aIcUnOeo | URL
2014/02/14 18:26 | edit



諏訪は山に囲まれ具合が半端ないからじゃね?
断層がクロスするポイントの谷だから。
湖と温泉があるから人が住み着いてるけど、平地ほとんどないよ

大泉原人 #- | URL
2014/02/14 18:16 | edit



また、雪が降っているようですね。
前回ほどではないみたいだけれど、
部屋も暖かいし無事ですよね。

甲府とか松本が積雪が多いけれど、
諏訪の辺は積雪が比較的少ない、なぜだろう?

雪は、これで最後にしてほしい。

雪だるま #- | URL
2014/02/14 16:20 | edit



そんな実も蓋も無い言い方をしなくても・・・

公的保険のことを指して言ってるのなら
HPの「Bライフ研究所」をご覧下さい。
(ブログの過去記事を追うのは面倒でしょうから)

公的年金に加入していれば障害者年金が
支給されます。

民間の保険は掛け金が高すぎます。

一月3万円の生活費から保険金を支払う余裕があるか
自明でしょう。

もっとも、TPPの影響で公的保険制度が(民間の保険業に
対する)「非関税障壁」とみなされ、改善(と言うか改悪)を
要求されると話が変わってくるでしょうが。

No Name #- | URL
2014/02/13 12:15 | edit



保険とは笑わせるw
そもそも国保で1ヶ月の治療費が35400円以上はかからないわけだし
保険の利かない差額ベッド代だのなんだのいれても10万はこえやしないん
だが。んなことより、いつ核が日本に落とされるかわからんから、核シェルター作らなくていいのか、って質問のほうがおもしろいぞ。

無無 #AIlHpmOk | URL
2014/02/12 23:22 | edit



寝太郎さんが保険に入らない理由を教えて貰えませんか?
将来けがや障害者になるリスクがあるのに入らないのはなぜでしょうか?

質問 #nVDW7.9k | URL
2014/02/12 22:38 | edit



市原悦子さんと常田富士男さんのナレーションが聞こえてくるようです

猫好きな名無しさん #- | URL
2014/02/12 17:09 | edit



一瞬

一瞬、どこかの旅館かと思った。
雪が降ると物凄く雰囲気が良いですね
ギックリ腰は再発するので少しでも腰に違和感を感じる様でしたらご自愛ください。

kokazu #ZIgbSyeQ | URL
2014/02/11 15:34 | edit



電気引いてないのに、とても明るいですね。カメラの感度かな?

モスクワ駐在 #- | URL
2014/02/10 03:28 | edit




写真家・寝太郎さんの作品ですね

No Name #- | URL
2014/02/10 01:43 | edit



屋根、大丈夫?

No Name #- | URL
2014/02/09 21:33 | edit



自分的にあとはお風呂とセックスがあればいうことないね。

タダシ #- | URL
2014/02/09 21:20 | edit



雪に埋もれた小屋、いい雰囲気ですね。

明かりの漏れる窓が結構あるんですね。

No Name #- | URL
2014/02/09 20:37 | edit



あったかい牡蠣鍋、いいなー
雪降ろしで冷えた身体も、すっかり温まりますね(^-^)

それにしても、照明なかなか明るいんですね!

ぎょうざ #- | URL
2014/02/09 19:49 | edit



ひっそりとした世界の中に、脈打つ血。
雪の中の灯り。

大変そうなんだけど、素敵と思ってしまった。

雪に塞がれてるのに色々浮かび上がってるみたい。

とちもち #- | URL
2014/02/09 18:17 | edit



雪の中にともる灯りってなんともいいね。

タダシ #- | URL
2014/02/09 18:01 | edit



雪のなかに食材突っ込んどけば簡易冷蔵庫になりますね

煮る #- | URL
2014/02/09 16:59 | edit



雪たべれば、水汲まなくてイイネ

把瑠都 #- | URL
2014/02/09 14:18 | edit



牡蠣。。。

牡蠣鍋 イイネ

太 #- | URL
2014/02/09 13:56 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ