寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

格安SIMデータ通信で、電話番号090は捨てる  


今さらだが、格安SIMで通信費(電話・ネット)を1000円に抑える。


速度制限→メールやブログの読み書きができればいい。200kbps出れば問題ない。128kbps制限がいかなるものか、既に知っている。

データ通信量→速度は遅くてもいいが、通信量の上限などは気にしたくない。定額制にする。

高速通信→一応使えるように確保しておきたい。500MB程度のLTE付きか、公衆無線LAN付きのプランにする。小屋は一応LTE圏内だが感度は未知。

LTEのオン・オフ→アプリで可能なサービスを。

メール→gmailかなにかで代用。

SMS→オプションつけてもいいが、使わない予定。

電話→音声通話は付けない。050で代用(SMARTalk)。元々ほとんど使わないし。

テザリング→必須。

緊急通報→050では110番・119番に繋がらない。最寄の警察・消防の番号を登録、あるいは、メール110・メール119を利用。

端末→スマホにする。MNPをうまく使う。

画像圧縮処理→やむをえないが、できれば強制でないものを。


昔はb-mobileだけだった気がするが、今はサービスたくさんあるのでどれにしようか迷ってる。今迷っている選択肢は、

・覚悟を決めてDTI(467円,150kbps)
・無難にBICSIM(900円,200kbps,LTE500MB,公衆無線LAN)
・妥協してdocomo純正(約1500円,128kbps,LTE3GB,090番号)

端末代のことを考えると、docomo純正と格安SIMの総費用はほとんど変わらない。いずれにしても、MNPはうまく使ったほうがいいのかなと思っている。

しかし、電話番号を放棄して本当に支障がないものかどうか、未だに不安ではある。やってみるかー。

通信費1000円になったら必要なのはいよいよ食費だけという感じだ。

※3/1修正・追記



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ネット環境整備

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ