寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

治験の収入  


治験で飲んだ薬は実際なんだったのだろう(偽薬だったのか何だったのか)と思い、問い合わせてみたが、情報は開示されないということだった。一応知識として覚えておきたいのだが、これは予想外。まあ、だいたいわかっているが。

治験では結局、薬を飲んだのは初日の朝だけで、途中離脱してほとんど何もしていないような気がするが、協力費は思ったよりもらえた。

事前検診1回 15,000円
入院4日間 85,000円
事後通院1回 10,000円
入院未遂16日分 50,000円
合計 160,000円

入院未遂というのは、病院側の都合で中止した場合、入院を予定していた日数分いくらか支払われるという規定があって、その規定分。僕の場合は、そのために予定を空けておいたわけでもなんでもないのだが、規定なのでありがたくいただいておく。

ちなみに各々の金額は公開しても問題ないということであった。また、協力費は給与ではなく雑収入扱いとなり給与所得控除が効かないので注意。

思えば、看護師さんや薬剤師さんたちのチームワークが印象的だった。そりゃあ、入念に打ち合わせと情報共有をしてるのだろうが、たぶんそれ以上の、他の人が今何やってるかわかるような、テレパシーか何か使ってるんじゃないかな。全員で一つの生き物みたいにしてぐねぐね動いてて、僕みたいにテレパシーの使えない、ひとりで作業することしかできない人間から見ると本当にすごいと思った。というか、僕は基本的に、人間のどんな活動を見てもそう思う。

P1040781.jpg

ゴールデンウィークは気分転換も兼ねて超短期でリゾートバイトへ行こうかと思っている。しかし、行くのはまだしも、探したり応募したり予定立てたりするのが面倒くさい。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 治験

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ