寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

『洞窟オジさん』  



『洞窟オジさん』、初めてまともに読んだ。

本もテレビも、ドキュメントはおもしろい。

学術書は普遍的真理を記してあるし、ドキュメントは個別的真理(一回きりだが実際にあったこと)を記してある。

物語や映画、小説がおもしろいと思わなくなったのは、自分の頭が老けたからかもしれない。


ただ生きるために必死、というのは、もちろん大変だろうけど、羨ましい側面もある。

迷いや後悔が無い。迷いや後悔と、空腹とを比べても仕方が無いが、今日生きる、今日食べるという目的と、今日の行動とが一致して、疲れ果てて寝るというのは、どこか憧れがある。

洞窟も、数ある不動産から選んで手に入れたものでもなく、家出したほうがマシだという確信の先で、気が付けば出会い与えられていたもの。与えられた環境でベストを尽くすだけ。迷う余地は無いし、おそらく後悔もしていないだろう。


Bライフとの関連で言えば、洞窟オジさんみたいに家を飛び出しても、至極まともに新たな生活ができるのが現代の日本だと思った。少し昔の日本や、現代でも発展途上国ではまだまだ、家や村から出たらまず生きていけないし、それこそサバイバル生活を覚悟しないといけない。ハイ、今日から新しい村に住みます、というわけにはいかない。

今では、アルバイトだろうがなんだろうが、一日働いて6000円ももらえば、3か月分の米が買えてしまうし、生活が各家庭内でほとんど完結しているので、地域によっては引っ越してきたこともわからないくらいだろう。

もし手ぶらで保証人もいないとなると、さすがに大変だろうけど、それでも洞窟に住んでヘビを食う必要は無い。


何日も食わなかったり、同じものだけ食べたりしてて、それでもオジさんはもう60年以上平気で生きてるわけで、栄養所要量とか結局何なんでしょうね。






このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 生き方
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


11 ■無題

同僚の近所に長らく洞窟に住んでるオジさんがいたという話を聞いたのを思い出した、賽銭ドロして捕まったらしいが

らもん #79D/WHSg | URL
2011/02/23 00:34 | edit



10 ■Re:リーマン

>ri-manさん

>1日30品目だの栄養バランスがどうだのといっている連中は、そういう事が仕事だからであって。それ以上でも以下でもないです。
>問題は有機野菜だの天然素材だのを高値で売りたい連中が消費者に誤認を与える宣伝をして私腹を肥やしていることかな。

専門家、というか実証家?の意見が聞けて嬉しいです。
悪意があって誇張しているならまだしも、悪意の無い人すら多くいるところが一番気持ちが悪いところです。
でも、栄養の話は極端な例であって、私も含めて全ての人が、日常の至る所で、自分で確認しきれない人から聞いただけの知識を頼りに生きているとは思います。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/02/07 17:45 | edit



9 ■リーマン

 何が安全か、何が危険か。
 私は化学品、農薬、医薬品の安全性を担保する試験を行う事でメシ食ってます。ネズミ、犬、ウサギが仕事相手。

 わかることは
「あるものをある量以上一生食っていて害があるかないか」(動物実験で)
 です。

 水と米と味噌があったら死なない。
 まさにその通りで。
 多分、味の素もふりかけて食ってうまいと思う量程度であれば食っても害はありません。

 1日30品目だの栄養バランスがどうだのといっている連中は、そういう事が仕事だからであって。それ以上でも以下でもないです。

 問題は有機野菜だの天然素材だのを高値で売りたい連中が消費者に誤認を与える宣伝をして私腹を肥やしていることかな。

 ちなみに味の素はケミカルに合成が可能です。わざわざ天然のものから抽出なんぞするよりそっちのほうがよっぽど安く供給できますから。

 え?化学合成のものは危険?(誰かの声)
 是非、それを証明して下さい。
 我々はお金を出してもらえばデータを取って差し上げますです。でも、純粋に科学的にねつ造の余地のない環境で試験しますのでご期待のデータはとれないと思いますが。

ri-man #79D/WHSg | URL
2011/02/07 08:14 | edit



8 ■Re:無題

>王子さん
共感します。栄養学に限らず、世の中本当に分からないことだらけで、本当に正しいかどうか確かめる時間すら与えてもらえず、すごい勢いで進んでいく。
火と水と米と味噌があったら死なない。これは確か。

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/02/03 16:33 | edit



7 ■無題

個人的に栄養学を深く勉強したことがある。
やればやるほど分からない。
最先端の研究者は、栄養学が未完成(もしかすると永遠に…)ということに薄々気付いており、非常に謙虚だ。一番質が悪い(失礼)が、栄養士、運動士?などの資格所有者だ。
彼らは、ことあるごとに1日30品以上だ、栄養バランスだ、朝食抜きはダメだ…ともっともらしいことを言う。
人類は1日2食の時代が長かったという事実を現代人は忘れているのだろう。
長文ご容赦。

王子 #79D/WHSg | URL
2011/02/03 16:17 | edit



6 ■Re:いろいろ

>またとおりすがっちゃったひとさん
未来への展望は特には無いんです。何を始めるにしても、事務所と呼べるものが一つあって損は無いと思っていたのですが、そもそも業種によっては事務所と認められない可能性もあって、思いとどまっています。
使えなかったら丸ごと物置にしちゃえばいいんですけど、製作費も5万弱かかりますし・・・

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/02/03 13:29 | edit



5 ■いろいろ

>>MMさん
使い過ぎれば、食べすぎれば、加工されてようが、自然のままだろうが、毒になります。

使う量が問題であって、抽出物はあくまで天然由来の物がほとんど。

味の素を否定しちゃうと、醤油も味噌も砂糖もNGになっちゃいますよ。

結局は使う側の人間次第だと思っとります(量という意味で)。
手軽に美味くなる物を作った人はすごいですよ。
日本の発明は、庶民と貧乏人にやさしい物ばかりです。

>>寝太郎さん
ところで、寝太郎さんの敷地見取り図にあります、事務所&物置はまだお作りにならないのでしょうか?
事務所と言う事は、何か未来への展望がおありなのですか?非常に興味があります。

今のお家に住んで何年くらいになるのか?とか、PPダンプレートの耐候性のその後も気になりますw

あまり急かすのも良くないので、気が向いたらレポートお願いします。

またとおりすがっちゃったひと #79D/WHSg | URL
2011/02/03 01:38 | edit



4 ■Re:野菜栽培

>地球人さん
>とおりすがっちゃったのねさん
>MMさん
何が毒で何が健康によいとか、結局分からないと思うんですよね。
それより、そういう事を調べたり気にしたりする時間や脳細胞がもったいないし、
有機野菜とか平飼い卵とか天然水で作った○○とかを妄信したり喧伝したりしてるケースが一番気に食わない。
今後も食べたいものを食べるでしょうね・・・

毎年寝太郎 #79D/WHSg | URL
2011/02/02 23:08 | edit



3 ■そうでしょうか

コカの葉は地元の人の生活に根ざした嗜好品で
非常に効能も穏やかで、なんら深刻な中毒などを
起こすものではありませんが、それを見つけた西洋人はその成分の一部分を抽出して、コカインという
麻薬を作り出し、世界に流通させました。

その有害性はいわずもがなでしょう

近しい天然食品から抽出したからといって、過剰でいびつな加工から得られた成分が有害でないとは言えないのではないでしょうか?

MM #79D/WHSg | URL
2011/02/02 21:50 | edit



2 ■迷信

味の素とかの、いわゆる化学調味料とか言われるものが毒とか体に悪いって言う風潮を、信じている時期も私にもありましたw

でもね、化学って言ったら、なんか石油とか、錬金術見たいに別の物から作り出している印象を受けますが、そんなのまったくの嘘だってわかっちゃったので。

色々な食材から、旨味と言うか、成分を抽出した物が味の素です。

いわゆる、ビタミン系のサプリとか、鳥ガラスープの素とか、カツオダシとか、ラーメン屋のスープの抽出と、何らかわりがありません。

それこそ、まったく関係の無い、別の物から栄養素を作り出せたら、人類の食料問題は全部解決しますよ。

とおりすがっちゃったのね #79D/WHSg | URL
2011/02/02 20:14 | edit



1 ■野菜栽培

長生きしておくんさない。

・マック(マクドナルド)
・味の素

は、まぎれもない「毒」です。

「へ?」とおもいなさるかもしれへんが、

そうです。


田舎で家を建て、次は野菜を栽培となる。

みんな、それを期待してるおますぜ。

われら邪魔はせんけに、お一人で充分研究しておまんさい。

地球人 #79D/WHSg | URL
2011/02/02 19:52 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ