寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

これはハチミツでもおいしいかもしれない  


P1050249.jpg

ゴボウの種を蒔いたのは二年前なのだが、今年もまた10本ほど、ひょっこり出てきた。ゴボウは獣に食べられない貴重な野菜のひとつ。

今のところ、ミズナ、ゴボウ、青じそ、万能ネギ、ハーブ、トウガラシなどは、猿と猪とアナグマが出ても食べられないことがわかっている。というか、そのくらいしか作れない。獣が出ると犬でも飼わない限りなんもできない。排水を畑に撒く作戦も、いい匂いがして獣に掘り返されてしまうので難しい。ミズナも鹿に見つかったらダメかもしれない。

P1050255.jpg

今日はふっくらもちもち、なかなかうまくナンが焼けた。

ナンでかはよくわからない。とにかくできたものはできた。この目で生地がプクッと膨れるところを目撃し、感動で全身が震えた。作り方の詳細はいずれ示す。今回は最適条件ではなく現象論を記述している。ノートも取ってないし、僕一人しか見てないが、とにかくできるのは確かだ。なにしろもう200回も作った。

P1050239.jpg

またぼちぼち薪の補充をしている。

P1050237.jpg

またぼちぼち松ぼっくりの補充をしている。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 小屋の日常

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ