寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

スモールハウスムーブメントを象徴する本  


この『スマートサイジング』という本、いわゆる断捨離やダウンサイズ、シンプルライフ系の本なのだが、スモールハウス(タイニーハウス)での生活を柱に書かれている。

著者のタミー・ストローベルは、僕が書いた『スモールハウス』という本の中でも出てきたディー・ウィリアムズに影響を受け、スモールハウスを建てて夫婦で生活している。

原著の発売が2012年9月11日で、ちょうど僕が『スモールハウス』を出した時と前後していて、わけあって連絡を取ったことがあって、タミーさんが書いているのは知っていたのだが、その後日本語訳が出たとは知らなかった。さっき、アマゾンの「この本を読んだ人はこの本も・・・」のところで著者名が目に入って、偶然知った。

それで、僕はこの本、まだ読んでいない。自分の市と隣の市と県立図書館と大学図書館と全て検索をかけたが、置いてなくて一旦諦めた。書評はまた後日。

読んでいないが、第六感でとても良い本だということがわかる。スモールハウスというメソッドを軸に、まっとうな幸せに向かって、まっとうな人が書いた、まっとうな本である。

Tammy.jpg
著者タミーの家 via www.rowdykittens.com/

この本が象徴しているような動き(スモールハウスムーブメント)は、時代を反映した、とても大きな、意味深い現象だと思う。

僕はまっとうな人間じゃないし、まっとうな人間のフリをするのはとても肩が凝るから、というかそんなことをするのなら何のために今の生活をしてるんだろうという話になるから、まっとうじゃない人間なりの視点でこれからも好き勝手に発信してゆきたいと思っている。

罪滅ぼしに、こういうまっとうな本を紹介してゆきたい。アーメン。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 生き方

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ