寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

ニーチェを読もう  


哲学に興味が無い人でも、ニーチェだけは読んだほうがいいです。なぜかというと、くだらないからです。くだらない本の頂点に君臨し続けているからです。くだらなさのスケールが違うからです。

人が他人と関係するときの「勝った負けた」という争いや、心の読み合いほどくだらないものはありませんが、人間であれば気になってそういう類の本のひとつでも読んでみたいと思うのも事実です。そんなくだらないことに費やす時間ももったいないとなれば、本を選ばなければなりません。

そこでニーチェです。ニーチェを読んでおけば、その他の心理分析だの「鋭い人間観察眼」が売りの小説だの、みんな読まずに済ますことができます。

 

「他人に負けたくない」という心は誰しもあるものだと思いますが、ニーチェの哲学はそういう人と人との競争心に関する洞察が入り口です。そもそも入り口がおかしい(偏っている)と思うのですが、ニーチェはその視点に生涯留まり続けます。

ニーチェいわく、他人に負けているときや、他人より劣っているとき、相手に対してルサンチマン(嫉妬)を感じます。そうしたとき、表面的に勝ったかのように見せかけたり、あるいは脳の中で自分自身すら騙して勝ったふりをするために、人は様々な概念的ツールを用います。

ニーチェが指摘しているのは、その中でも大技中の大技です。つまり、負けるような人間こそが「正義」なのだ、劣っている側が「善い」のだという、価値のひっくり返し、いわゆる「奴隷一揆」です。

一方で、本来の貴族的な意味での「善さ」、すなわち、健康、快楽、豊かさ、強さ、賢さ、美しさ、若さなどは「悪い」「後ろめたい」こととされ、「美人だからずるい」「金儲けてるから悪い」などと、まさに悪いが善いへ、善いが悪いへの大転換が為されます。「ルサンチマン」が単に「嫉妬」と訳されないのは、こうした「大転換」とセットで理解されるべき概念だからです。

ニーチェはこのルサンチマン構造こそが「道徳」だと言います。この「道徳」に侵された人々は、自分に価値が無いことを自慢しながら、羊のように暮らすことになります。

ルサンチマンは様々な形で現れます。たとえば、陰謀論と結びつきやすいです。つまり、「賢い」奴ら=「悪い」奴らが裏で操作しているんだ!仕組まれているんだ!という妄想です。「仕組んでいる」というルサンチマン的解釈によって、相手を「悪」にし、結果、「正義は我にあり」ということで「道徳的勝利」を収めようとするわけです。

ニーチェはこのルサンチマン構造の起源や発展として、キリスト教や民主主義に至るまでを糾弾していますが、そんなことはどうでもいいです。ごく身近な事実として、確かに現代に蔓延っています。

「そういう面もあるよね、そういう人もいるよね」で終わればいいものを、ニーチェはこれらの洞察をどんどん一般化していって、世界の成り立ちまでを「権力への意志」によって説明しようとします。しかし、そうして「他人に勝ちたい」という欲望が描き出す世界、主観性やパースペクティヴを突き詰めていった世界が、単にニーチェからそのように見えているだけだったのかどうか、ニーチェ自身が「権力への意志」の権化であったに過ぎないのかどうか、一般化が意味あるものなのかどうか、その肝心の説明をニーチェはあまりしません。

これが一体、どうして「哲学」と呼ばれているのか、全く謎です。哲学が何か人間の陰湿な内面の追究や、人生のお悩み相談と同一視されがちなのは、みんなニーチェが悪いんです。「哲学」という用語を穢してしまうくらい大きな存在であったということです。個人的には、ニーチェは哲学者というよりは文学者であって、自分から見えている世界への飽くなき執着は、どちらかというと芸術家気質であると思います。

生と死、主観と客観、パースペクティヴと俯瞰というのは、人間の永遠の二元論ですから、ニーチェはその一方に留まり続けていたに過ぎませんが、「神(客観性、絶対性、俯瞰的世界)は死んだ」としてもう一方を大袈裟に否定するのです。ですから、ニーチェの哲学は「生の哲学」などと呼ばれています。蔑称のようなものです。くだらなさもここまで突き詰めると神格化されます。神の復活です。

原著を読む必要はありません。ニーチェはその内容上、一般向けの解説書が最も出やすい思想家ですから、簡単に読める本が星の数ほどあります。もともと俗っぽい内容ですから、俗っぽい本で読めばいいのです。

 

偉大なるニーチェを読んで、金輪際くだらない言論のための言論から解放されましょう。毒を以って毒を制す、です。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ■書評
cm: --

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ