寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

J・アタリの予言の現実化、貧乏人の楽園はいずれ終わる  


この小屋、既にテレビアンテナは取っ払っていて、たまにスマホのワンセグでテレビを見ている。Bライフにはワンセグが合っている気がする。電力もほとんど使わないし。

昨晩も、少し寒の戻りがあった中、布団にすっぽり包まってワンセグを見ていた。

以前、「現代は所得の再分配が極大に達していて、貧乏人にとっては最初で最後の楽園なのではないか」というようなことを書いた。ジャック・アタリの予言によれば、市場の発達と共に「国家」「公共」という概念が無力化し、お金による契約社会へと変わりゆくからである。

昨日の「"独立"する富裕層 NHKクローズアップ現代」は、ジャック・アタリの筋書きの現実化が着々と進行中であることを物語っていた。要約すると、こういうことらしい。

アメリカの富裕層(の一部)は、自分たちが支払っている高額の税金が貧困層のためにばかり使われていることに不満を感じている。そこで、富裕層だけで新たな自治体(市)を作る動きが加速している。

新しい市の運営は大部分が民間に委託され、豊かで、ハイテク・ハイセキュリティな特権地区ができあがる。それはサービスをお金で買う契約社会、株式会社化された自治体である。

このような特権地区が最初にできたのは2005年である(サンディ・スプリングス市)。現在では、その数は30近くに達しようとしている。

一方で、税収が減った周辺地域は、公共サービスが削減され、治安悪化・荒廃を招いている。図書館、公園、高齢者センター、公立病院、公教育、刑務所、警察など、あらゆる公共サービスが打撃を蒙っている。

(参考:「"独立"する富裕層 NHKクローズアップ現代」

番組中では「見えないフェンス」というような言い方をされていたが、要は、周辺地域から隔離して、富裕層だけの理想郷を作ってしまうということである。

同様のコミュニティ建設は、これまで貧困層によって幾たびも繰り返され、そしていずれも失敗してきた。それは、結局は外部と繋がらなければならなかったからである。

外部と繋がらなければならないのは富裕層のコミュニティとて同じことだが、全体を「市場原理」が支配しているために難しいことではなかった。お金の力によっていとも簡単に理想郷が実現されてしまった。

しかも、ある公的な自治体の「中での」コミュニティではなく、「市の独立」という形で、行政区域単位で、もちろん合法的な手続きに則って、独立しているのである。

こういうのは、ひとつ具体例ができると、それに倣う人たちが続出し、どんどん加速してゆくのだろうと思う。また、既にできた理想郷にはさらに富裕層が流入し、格差はどんどん広がってゆく。

単なる収入格差ではない、住む場所や公共サービスにまで及ぶ富裕層と貧困層の二極化という事態。これが、より理想的な「全体としての理想郷」に至るまでの過渡期であるのか(オバマ大統領はそういうことにしたいようで、富裕層のやり方を後押しするような政策を、そしてその層を増やす方向を目指しているということだった)、それはわからない。

いずれにしても、現代日本はちょうどいいバランスで恵まれているのだと思った。しかし、いずれは・・・。

追記:その他関連文献
要塞町の人々 ~アメリカ・競争社会の勝者たち~ NHKスペシャル
ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ライフスタイル
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


こんにちは、いつも楽しく拝見しています。
東京都はいずれ富裕層しか住めなくなって、結局は仰るような自治体になるんじゃないかと思います。大雑把な見方ですが。
昨今の不動産開発や、それを加速させる東京オリンピック用開発なんかを見ると、富裕層でなければ東京に住めない構造ができつつあるように見えます。
地方との格差も相まって、20年後、30年後の日本はどうなっているか、、、
ところでチャパティおいしそうですね。私はいつも小麦粉+塩+水で練って、(余裕があれば1日休ませて)、フライパンに油をひかずに両面焼きます。油を引いてパリパリにするのもおいしそうですね、やってみます。ありがとうございました。

タカノ #- | URL
2014/04/26 22:45 | edit



山間部のまあまあ孤立した地で質素に暮らしてます。前回の内容、自分も同様にしばしば悶えます。孤独を選び今も孤独を心地よくおもいますがふと死をおもうこともしばしばです。やってみてわかる事もことのほか多くてしばしばやんなりますが、最終的に野垂れ死する方向でやってみるしかないのかな、いまのところは。そちらも達者で

無学もの #- | URL
2014/04/25 14:24 | edit



本文とは全然関係ありませんが

すきやばし次郎の寿司より寝太郎さんの大鍋カレーが食べたい春の朝です。

天下一 #b6t4Lcr6 | URL
2014/04/24 09:25 | edit



おはようごさます。
今日も気持ちのいい朝ですね(^^)/

損してばかりだと嫌になっちゃう気持ちもわかるような気がします。
ユートピアをつくる理由は大雑把に、
富裕層→損をしたくない
貧困層→得をしたい
なのかな~と思いました。
そうすると、貧困層ユートピアの中でもまた格差が生まれますよね~。

では、仕方がないのでとりあえず仕事行ってきます(^^;

おばちゃん #02S5XAik | URL
2014/04/24 08:05 | edit



いつも楽しく拝見させていただいております。
コメントしたいと思った時はいつもクローズで少し寂しい想いをしておりましたがw
クローズアップ現代私も見ました。
日本では昭和49年までは最高所得税率なんと75%と富裕層にとってはとても厳しい税制で、海外に財源を移すお金持ちも多かったと思います。その後何回かの改正で最高37%に落ち、昨年から40%、更に45%まで引き上げる予定だそうですが、飴と鞭ですね。
一般庶民2000人以上に相当するお金持ちを国内に繋ぎ止めておくには、自治領ってのはいい手なのかも知れませんが、たまたま運良くお金持ちになった人達だけでコミュ化すると福祉や社会保障の根底が覆されてしまうので匙加減が難しそうです。日本では絶対無理w

隠居 #JalddpaA | URL
2014/04/24 02:33 | edit



日本のバランスが崩れた場合はBライフの存続は難しくなるのでしょうか?
食料と治安は単独Bライフでは維持できなくなるかな。

bu #- | URL
2014/04/24 01:18 | edit



前回の、「今は今ですよ」のくだり、そいから今回のアタリの話。(昔、ノマド論読みました)
自分の今の精神にずどんと来ましたわ・・・
うまく言えませんが秘孔突かれました。

太 #- | URL
2014/04/24 00:32 | edit



アメリカのようになってほしいとも思わないですけど、日本でも自分が支払う税金の使い道をある程度自由に決められたらいいかも・・とちょっと思いました。
税金の無駄遣いも減るでしょうか?

かげひかり #JxVTtzKg | URL
2014/04/23 21:34 | edit



イギリスの貴族の義務だとか、日本の亭主は稼いで女房は家を守るとか、
常識と呼ばれるうざったいものが実は重要なものだったんですかね?

No Name #- | URL
2014/04/23 21:03 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/04/23 19:55 | edit



富裕層の気持ちは分かるけど、結局搾取する相手を常に間近で良く見ておかないと、何れ破綻しそうな気がしますけどね。

働きアリだけ集めてグループを作ると、結局また怠けるアリが同じ比率で出てくる、という有名なアリの話がありますけど、同じじゃないでしょうか?

m。 #0MXaS1o. | URL
2014/04/23 18:37 | edit



Re: タイトルなし

> 本文と全然関係ありませんが、宅建の勉強はどれくらいされましたか?

時間は覚えてません。難易度としては、民法やったことのない人間が一ヶ月ちびちび勉強して受かる感じだと思います。何の役にも立ってないですけどね・・・

寝太郎 #dUoNZXnE | URL
2014/04/23 15:44 | edit



本文と全然関係ありませんが、宅建の勉強はどれくらいされましたか?

ジュン #- | URL
2014/04/23 12:39 | edit



アメリカとは寄付の社会であり、成功者は多額の寄付をすることに寄って、自らの名誉名声とともに、遅れて来る者をサポートし、日本の公的社会保障を代替しているというのはもう過去のものになったのか。日本は良くも悪くもアメリカ追随型だからやがて日本もそうなるのか・・・・竹中平蔵先生は喜びそうだけど

( ・ω・) #GCA3nAmE | URL
2014/04/23 12:23 | edit



Re: タイトルなし

> 富裕層のユートピアについては昨年出版された
> 「(株)貧困大国アメリカ」で触れられていたので
> 正直何を今更、って感じ。
>
> ただし、奴隷によって支えられる社会は
> いずれ崩壊するのが歴史の習い。
>
> 古代ローマ帝国然り・・・

読んでみます。

寝太郎 #dUoNZXnE | URL
2014/04/23 12:07 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/04/23 11:31 | edit



富裕層のユートピアについては昨年出版された
「(株)貧困大国アメリカ」で触れられていたので
正直何を今更、って感じ。

ただし、奴隷によって支えられる社会は
いずれ崩壊するのが歴史の習い。

古代ローマ帝国然り・・・

犬 #- | URL
2014/04/23 11:20 | edit



日本は「世間様」がそれを許さない気がします。そう考えると世間様も捨てたもんじゃないですね。捨てたいけど。

ほげほげ #- | URL
2014/04/23 10:55 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ