寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

山菜飽きてきた  


長期間小屋を離れているときいつも頭に浮かんでしまうのが、ロフトの梯子の昇り降りと、ソーラーシステムのインバーターのスイッチをオン・オフする感覚と、それからロケストの音や煙の匂い。

長期でなくとも一日でもロケスト使わない日があるとなんか物足りない。「あれ今日、なんかやってない気がする」みたいな。どうもロケスト中毒らしい。

昨日一日雨でロケスト使えず、ロケストじゃないとどうもご飯を炊く気力が湧かなくて(ガス代けちってるのもあるが・・・)、水炊きの中にすいとん(小麦粉練って丸めたやつ)を投入して済ませた。

それで、今日は鬱憤を晴らした。

P1050445.jpg

タラノメはもちろんのことだが、今年はつくしのうまさ、ご飯との相性の良さを再確認できたのがよかった。ほんのうっすらアルカロイド(植物毒)が入ってるあの感じが堪らない。

P1050423.jpg

こごみはあれよあれよという間に背が伸びて、もう葉っぱの巻きもほとんど開きかけている。たくさんあるのにタイミングが一瞬だから全然食べられない。

タラノメの天ぷらも、コゴミの水炊きも、つくしの佃煮も、どれも美味しいのだが、一週間続くとさすがに飽きてきた。今食べたいのは、ビッグマックと東京チカラめし。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 山菜・野草

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ