寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

「資本主義との闘い方」より  


たまにツイッター等を拝見させてもらっているばたおさん(@BATAO_Hetare)の「資本主義との闘い方――自給自足と農的コミューンの建設」(『あじーる!』第3号、参照1参照2)という小論を(掲載誌を買いには行けなかったので個人的にお願いして)読ませてもらった。

ちなみにばたおさんのことは全く知らない。生き仏かもしれないし、極悪人かもしれない。ただ、「元エホバの証人」という経歴がとても気になる。その気になり方は「脱北者」に対する興味と似ているかもしれない。つまり「元・被洗脳者(良いものであれ悪いものであれ)かつ現・自立的思考者」に対する興味である。


以下、ダイジェスト。

第一章は「資本主義の何が悪いのか」

「商品」というものは、生産や流通過程の問題には口をつぐみ、消費者は記号と化した「モノ」が形成する「見世物的社会」―シミュラークル社会―に埋没する。その抹消された過程にこそ矛盾や問題が存在するにもかかわらず、それは外部に皺寄せされ「不可視化」される。

資本主義社会における豊かさとは、他者から奪ってくることで実現されるものだからだ。そしてそのために、矛盾をより周辺に――国内の富裕層が底辺層に、先進国が途上国に、現役世代が将来世代に――送り出し、問題を空間的にも時間的にも不可視化させるのが資本主義というシステムなのである。

第二章は「資本主義とどう闘うのか」

市場と商品への依存は、商品に頼らない生き方や楽しみ方を忘れさせ、私たちを資本主義を守らざるを得ない状況へと追い込み、結果、資本主義は再生産される。したがって、闘い方は「賃労働をやめて、自身の仕事を」に集約される。広い意味での「自給自足」であるが、著者は(たとえばガンジーのように)原理主義的にならずに、今ある便利なものは使ってゆこうというスタンスである。

第三章は「農的コミューンの建設に向けて」

未来的な理想として、自給的な農業を社会の根幹に据えた「農本主義的アナキズム」が先例の紹介と共に主張され、その礎となる自給自足に向けての著者自身の実践の第一歩について触れられている。


***

個人的な感想であるが、「資本主義が悪い」ことと「資本主義と闘う」こととは簡単には繋がらないのであって、結局どうして「闘う」のかよくわからなかった。

僕個人としては、与えられたルールの中で如何にうまく立ち回ってゆくか考えるだけである。どう生きるにしても、資本主義(というかそれによって局所的にもたらされている富)は倒すのではなく、うまく利用したほうがいいと思っている。

いずれにしても、「不服従」と一口に言っても、社会全体の流れに反するようなことを実際やるとなると、理不尽なこと、うまくいかないこと、面倒くさいこと、効率悪いことが重なって、ダークサイドに陥ることがある。ぼちぼちやっていこう。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 社会・経済
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメント


パラディズム(楽園主義)があるよ。
なんのために生きているの?みんな楽しみたいんじゃないですか?あなたの思考はどこから来ていますか?誰かが作った常識に基づいているだけではないですか?人間の創造とはそんなに貧弱ではありません。

t #- | URL
2014/06/09 22:18 | edit



資本主義の他に何がある?

資本主義が例えば人類の悪だとして、他に何があるのかといつも思う。
社会主義や共産主義はすでに失敗しているし、
かと言って資本主義が完全無欠に成功しているというわけでもない。

私達に選択できるようなものは何もなくて、日々今の環境で生きていくだけ。

そしてときどき思うのだけど、
資本主義を高度に達成するために民主主義が存在しているらしい。

かなも #NZD5K3i. | URL
2014/06/09 09:14 | edit



なるほどスモール仏壇(^^)
ご先祖様を大切にする気持ちはそのままに、仏壇は小さく。
いいですね~。

スモールハウス。
私も、将来的に住まいを小さくしていきたいと思うようになりました。
今でも、世間一般から見ると決して広い家に住んでいるとは言えないんですけどね(^^;
この世は仮住まいと考えると、それなりに安心して寝食できる空間さえあればいいかなぁと思えてきます。

おばちゃん #02S5XAik | URL
2014/06/04 06:49 | edit



自分は

自分は酒飲んでも残らないのですが、興奮して寝れなくなってしまいます。
なのでなるべく日がでてる間に飲みます。

パルム #- | URL
2014/06/03 00:05 | edit



自分自身の問題に深入りしすぎて、いちゃもんのような感じになっていたところがあるので、簡略化しました。コメントくださった方、すみません。
自分の問題は自分の問題で、また改めて記事を書こうと思います。

寝太郎 #dUoNZXnE | URL
2014/06/02 14:19 | edit



お仏壇も小型化

産経新聞に仏壇の小型化、簡素化が進んでいるという記事が出ていました。

近頃、『スモールハウス』を読んでいるもので。
こういう記事に目が行きます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140527-00000566-san-life

えみ #- | URL
2014/06/02 12:59 | edit



やりたいことを

寝太郎さんは研究したいようですね。やりたいことを集中して打ち込んだほうが良いと思いますよ。
人生なんて一瞬です。

パルム #- | URL
2014/06/02 12:51 | edit



ばたおさんの闘争が成功したら

私の千円スマホが使えなくなります。

男というものは、群れの敵と戦いたい習性があるんじゃないですか。
だから、ばたおさんは何故かわからないが資本家以外に対して強烈な連帯感を持っており
なので資本家に対して戦いたいのではと推測します。
また、バックグラウンドが元クリスチャンだそうなので弱気を助け強きを挫く
騎士道精神があんのかもしれない。
とにかく、資本主義って便利でパワフルなので上手く利用しない手はない。
皆んな!俺以外頑張れ!

iijmioman #- | URL
2014/06/02 12:10 | edit



資本主義って富める者と貧しい者の差があるから不平等だ。平たくいうとズルいってこと?

でも、資本主義と闘うっていうのは、少々威勢のいい表現なだけだと思う。
そこで、これを例えば、”大量消費社会と闘う” と置き換えて読んでみると
農耕っていうのも突飛なものでもない。文脈変わっちゃうかも? だけど。

次、楽しみにまってるよ!

No Name #- | URL
2014/06/02 07:55 | edit



おはようございます。
この記事はとくに興味深い内容なので、何度も訪れてしまいます(^^)

「結局どうして闘うのか」
エネルギーに溢れてる人は闘うのかなぁと思います。
そのエネルギーが正か負かに問わず。
私の場合ですと、今は低い水準でエネルギーが一定しており闘わなくなってしまいました。
社会問題に興味を持つこともありますが、今は自分が変わることで解消しちゃってる感じです。

そういえば、先の私のコメント、わかりにくい書き方だったかなぁと、
その点については反省してます(^^;
私は、人から理解したつもりになられたりレッテルを貼られるのは嫌なので、
人に対してもしないようにしています。
ただ、単純に寝太郎さんを理解したいという気持ちがあるだけなのでした。
あわわ。

おばちゃん #02S5XAik | URL
2014/06/02 06:19 | edit



常に新しいものを生み出す原動力とはなにか。新しいものを生み出す人間とはどんな人間か。学校で真実を探求しなさいと教えられたわけではないのになぜ人はもとめるのか。人類は常に良かれ悪かれ何かを求め変化を繰り返してきた。それらの行動は遺伝子レベルで人間にのみ与えられた能力なのだ。

t #- | URL
2014/06/02 04:01 | edit



じゃあ、完全に平等な社会ってもんが、どういうもんか、想像できるかね。
まず、個人資産の所有一切禁止、職業選択の自由一切なし、職業は
全て政府が個人にあてがう。能力によって職業が選べたり、それによって給料が高かったり安かったりは不公平だから。
まあこれが真の共産主義社会なのだが、これだと権力者サイドにいる
政府やとりまきの連中が、一番おいしい思いをするわけで、全然公平じゃないし、平等じゃない。
今の日本って、結構バランスいい社会システムじゃないですかね。
アメリカみたいに、能力ない奴は死ね!って感じでもないし、かといって
北欧みたいに、色々めんどうみたるで~、でもあんま高望みはすんなよ
ていう福祉厚すぎ社会でもなく、バランスがいい。

無無 #AIlHpmOk | URL
2014/06/01 23:34 | edit



人間は人類すべてが幸せに暮らすためのテクノロジーをとっくに手に入れてる。生産性は百年前の何倍になったのか。情報伝達のスピードは何倍になったのか。それらによって生み出される価値をこの地球上でシェアすればほとんどの問題が解決するのだ。ではそれを阻む問題は何か。政治(人類を人体にたとえたら脳に当たる司令塔)を司る立場にいる人間が知性と呼ぶに値しない人間だからだ。民主主義は一見平等なように見えるが天才にも愚かな人間も同じ一票というのはあまりに馬鹿げている。民衆のほとんどは愚かなのだ。見せかけの平等にだまされているのだ。資本主義はまだまだ原始的な方法でしかない。ビビット来た人は天才政治をググって。

t #- | URL
2014/06/01 21:55 | edit



>ぼちぼちやっていこう。

いろいろと考えることがおありでしょうが、最後の一言を見て、「それでこそ寝太郎さん」と感じました。

これからも、「ぼちぼち」の過程を注目させてもらいますね!

hnhk #- | URL
2014/06/01 21:42 | edit



いいぞ!寝太郎!反撃しろ!こっちは資本主義の意味も分からんから
しっかりたのむぞ!

ナナ #CofySn7Q | URL
2014/06/01 18:56 | edit



見当違いなコメントが多くないですかね・・・。
おばちゃんとかいう人
>おっさんレンタルというのがありましたよね。
>ああいうの、もしかしたら寝太郎さんに向いてるかも・・・
寝太郎さんは、人の役になんか立ちたくないんですよ。寝太郎さんのこと
全く理解してませんねぇ。
寝太郎さんを偉人か聖人かなんかだと思って、ここを見てる人がやたら多いのが何か歪んでいる気がする。
寝太郎さんは、ある意味で自己本位で自己中心的ですよ。だがそれとは
関係なく、惹かれるものがあるから、ここを見ている。

無無 #AIlHpmOk | URL
2014/06/01 16:08 | edit



はじめまして、寝太郎さん。

あまり難しいことは考えないので、資本主義がどうこうっていうのはちっともわかりませんが(^^;、「野菜類のみ」に限れば、自給自足はさほど難しくないと思います。スペースがあれば、都会でも可能。うちは庭のプランターと近所の空地で5坪程度の畑つくってますが、それで80代の義母、夫(50代)、わたし(40代)3人分の野菜はじゅうぶん賄えてます。義母さんの嗜好にあわせるため、お店で買うものもけっこうありますけど、夫婦2人なら「畑で採れた野菜だけ」でやっていけます。旬のものを数種類程度の食生活であれば、野菜自給のハードルは高くありません。ただし、獣よけの柵やネット、こまめな除草や虫を「手で取る」などの作業は必須です。

うちは貯金もないし、収入もカツカツで、先のことを考えると、できるだけ「健康でいる」ことが一番の財産なんですよね。だから、住環境や食べ物にはかなり気を使っています。吸い込む空気・飲み物・食べもの=身体=命ですから…。健康でいたいから、野菜を自給してます。苗代や手間隙のこと考えると、買ったほうが楽で安上がりかもしれないですが、スーパーで買って冷蔵庫で保存した野菜には栄養や生命力が感じられない。

有機・無農薬のとれたて野菜にはみずみずしいエネルギーがあふれてます。匂いをかいだだけでも、ふわぁ~っと生命力が身体にうつってくる感じ。健康を保つため、生命力を失ってない食べ物を食べ(小食)、きれいな水を飲み、太陽の光をあび(目の奥=松果体で光を受容する)、軽いストレッチ程度の運動をする。

こんくらいのことで、じゅうぶんに幸福な毎日。健康である限り、80代になっても、なにかお仕事をしてると思うです。主食・嗜好品・光熱通信費を賄うための小銭を得られるのであれば、資本主義だろうと、共産主義だろうとなんでもいいかな(笑)。現金収入労働に対するわたしの条件は「わずらわしくないこと」・「長時間働かないこと」。この2点だけかもしれません。

ぴよ #80Zg3Ros | URL
2014/06/01 14:43 | edit



現状の私とも似ている(と思った)ので、とても親しみが持てました。
以下におなじサブジェクトで感想をば。

・結局どうして闘うのか。
矛盾を抱えながらそれでも"闘い続ける"としたらそれは、"漠然とした不安感"、からでしょうかね。
ばたおさんは、"とりあえず"ムラという過去の仕組みにロールバックしてみれば、何か手がかりがあるんじゃないか、という模索に見えます、個人的には応援します。

ちなみに私の理由は、"大地をかなり壊すから"です。

・へたれであること。
いやーこればっかりは、、広く見聞を持ち、恥を捨て勉強し、鍛えましょう、はい。
自分は"自給度の高い"農家で一年住み込み勉強、"食糧"自給なら出来るといえる状態になりました。(もちろん土地環境を選びますが)
今は狩猟採取の暮らしの技術の勉強をしにアメリカに来てます。

・スタートは現社会
これも本当に辛いですね。
日本にいようが外国にいようが、
土地は買わなければですし、
税金は払わなければいけませんし、法律も守らなければ。
お金は必要で、その為の仕事も必要です。自分も住み込みのホテルバイトをしました。

私も色々思い描きますが、やれる事をやっていくしかなさそうです。

農地取得よりは、木か藪を開いて開けた土地を作り整えるのが自給に向いてると思います。
もしそれが嫌であれば、山陰を好む野菜、自然薯とか、アサツキなど、日本の野草由来のものだとかなり強く育つので、良いんじゃないかと思いました、きっかけになれば。

@nakedninjutu #VPr.CqGU | URL
2014/06/01 12:44 | edit



ばたおさんが
「批判コメばかり」というのであえて。

みなさん、資本主義を利用することばかりに目がいき
利用されることについて無頓着なのは
よく言えば楽観的、わるく言えば脳天気に過ぎると思うのは
気のせい?

現状でも財政悪化を口実に公共サービスや福祉が
縮小されているのに資本主義の恩恵が将来にわたって続くと
思うのは無理があります。

時間があるのなら堤未果さんの書いた
「貧困大国アメリカ」シリーズを熟読されることを
強くお勧めします。

その上で資本主義に幻想が抱けるのなら
もう何も言いません。

・・・ここまで書いてようやく気がつきました。
ばたおさんは現状が危険な方向に向かっていると言っているのに対し
寝太郎さんは将来どうなるかには触れずにシステムとしての
現状の資本主義が続いた方がいいと言っている。

つまり、議論がかみ合っていないということです。

No Name #- | URL
2014/06/01 11:16 | edit



なんか難しく考え過ぎ。和歌山とか、辺鄙な田舎に行けば、いくらでも安く住めるし、田舎暮らしの基本的なやり方は、周りに聞けばいい。山奥ニート(共生舎)さんの生き方が今のところ、一番気楽そう(^ω^)

へむ太郎 #- | URL
2014/06/01 09:30 | edit



大人は現実と闘う

 完全な自給自足は困難なので誰もが労働の交換を要する。労働の価値を言葉や感情や力で相互理解するのは大変なので数字に置き換える。数字の標準を決める方法の一形態として市場(せり)を中心とする資本主義がある。言葉を中心とするなら共産、力なら帝国主義だけど現実は混ざっている。日本はアメリカ向けに資本主義を名乗ってはいるけど実態は強力な官僚機構による共産主義に近い。
 活動家は極論を強調して自己保存を図るけれど、言葉遊びに付き合うほど子供でない人は現実から学び中庸を取る。日本は大人の国。

usamit02 #J.8oAjNU | URL
2014/06/01 08:55 | edit



資本主義と戦うと称して、賃労働を拒否してる人や自給自足を目指してる人は、老人になって体が動かなくなったらどうするつもりなのでしょうか?
生活保護制度を利用して、資本主義の元で一所懸命に働いてる人から奪ってくるしかないのでは?

それもありじゃね?老人になって働けなくなったら生活保護制度って
セーフティーがせっかくあるんだから利用して何が悪いの?日本人として生まれた以上誰にでも与えられた平等な権利だろ。周辺諸国から搾取して富んでるんだから国内の困窮者ぐらい救ってやれよw

No Name #- | URL
2014/06/01 07:42 | edit



おはようございます♪
今日も暑くなりそうなので、早朝から窓という窓に簾を装着しました。

代行業ですか!
私自身は、便利屋の仕事が向いてるかもしれないと思うことがあります。
(人のために何かするのは割りと好きですし、3KもなぜかOK)

おっさんレンタルというのがありましたよね。
ああいうの、もしかしたら寝太郎さんに向いてるかも・・・
もちろん、寝太郎さんはおっさんではない?のでお兄さんレンタルです(^^)

おばちゃん #02S5XAik | URL
2014/06/01 06:03 | edit



>歳を取るにつれていろいろとごまかしが効かなくなってくるのではと思うからだ。

そうですよね。
資本主義と戦うと称して、賃労働を拒否してる人や自給自足を目指してる人は、老人になって体が動かなくなったらどうするつもりなのでしょうか?
生活保護制度を利用して、資本主義の元で一所懸命に働いてる人から奪ってくるしかないのでは?

ヤマギシ会では、老人は「老蘇」と呼ばれて働かなくてよいらしいけど、老人になってからヤマギシ会に入れてくれと言ったら入れてくれるのかな? さすがに無理だろうな。

みつお #- | URL
2014/06/01 05:16 | edit



寝太郎さん体力がなくなると、

何もかも、激変するとおもう。考え方も。その程度の哲学。
所詮、その程度。

No Name #- | URL
2014/06/01 01:10 | edit



今でも原始時代と同じ暮らしをしてる原住民もいる、絶対王政のような社会
もある、社会主義、共産主義があり、資本主義は最終形態で、全て同じ
時間軸上に存在している。
生物の進化の歴史も同じだ、聖書では、牛も羊も、人のために神が作った
と言っているが、ある意味正しい。人間という動物の最終形態を生み出す過程で生まれた副産物と考えることもできる。

無無 #AIlHpmOk | URL
2014/05/31 23:44 | edit



資本主義社会ほど、誰にとっても都合の良い社会は無いと思いますがね。
公平、安全、自由、その全てが資本主義社会によって万人にもたらされた。
特に貧乏人ほど資本主義は都合がいい、お金持ちや、お金を追い求め続ける人たちが、色々便利な社会を作ってくれますからね。
現実見えてないで、上辺だけの理想論、きれいごと言ってるだけのように
思えるなあ俺は。アフガン行ってテロリストに拉致された人たちと同じにおいがする。先人たちが長い時間と多量の血を流して、やっと築き上げた社会
ですよ、法も国家も警察機構も機能してない無法地帯など現在でもいくらでも地球上には存在する、そこで生活してきれいごと言えるのなら大したものです。こんだけ平和な日本、こんだけ平和な時代に生まれた、感謝です。

無無 #AIlHpmOk | URL
2014/05/31 23:18 | edit



ブログが私塾の先がけ

このブログは私塾の先がけみたいです。
そのうちテント前で哲学の教鞭をとるようになるのかも知れません。

私は相場という資本主義社会の根源みたいなところで生きています。
なんだってそんな世界にどっぷり浸かっているのかを考えてみます。

えみ #- | URL
2014/05/31 23:01 | edit



自分の保身を図るために社会問題が好き

 社会=自分の生きる環境と捉えるのが人の性質なんではないですか? 自分を長らえる為には社会を自分にとって快適かつ他より有利になる様に願い、働きかける。ということではないかと感じます。
 寝太郎さんは保身(その前に自分という確固たる意識がない)と云う願望が薄いので社会への関心もうすいのではないでしょうか?
                                                                               敬具

勘太郎 #- | URL
2014/05/31 22:30 | edit



> 僕の「社会問題」に対する興味のほとんどは、「人はどうして社会問題に興味を抱くのか」という問題に対する興味である。そして、その一番知りたい部分、問題の焦点が構造的な問題へと変化するまさにその瞬間については、どの本にも書かれていないのだ。

例えば「リンゴとミカンのどちらが好きか」といったような、趣味や嗜好の問題のような気もします。

ばたお #- | URL
2014/05/31 20:51 | edit



僕の「社会問題」に対する興味のほとんどは、「人はどうして社会問題に興味を抱くのか」という問題に対する興味である。そして、その一番知りたい部分、問題の焦点が構造的な問題へと変化するまさにその瞬間については、どの本にも書かれていないのだ。
↑寝太郎さんが言いたいのはなぜ人は熟考するのかということだと思うんですよね。それを探求すると生命の本質やその起源にまで思考は遡ります。進化論なのか創造論なのかインテリジェントデザイン論なのか。また宇宙と生命の関係性について。寝太郎さんのブログの内容からまだそちらには意識がフォーカスしていないと感じますね。

t #- | URL
2014/05/31 20:41 | edit



この手の話題は面白いですねえ。
資本主義と戦う必要性は寝太郎さんと同じく無いと感じます。
この人類の現状レベルで最適な構造が資本主義しかなく
それ以上を求める事は不可能だとする現状は無視できない
所詮資本主義レベルで収まるレベルの低俗な人類であり
他人を搾取し利用される罪人が大半を占めていることも一員
所詮煉獄なんで
罪人はうまく利用して自分は罪人にはならず
地獄に落ちないような立ち振る舞いをしながら
うまく利用してやればいいんですよ同感ですw

No Name #- | URL
2014/05/31 19:29 | edit



こんにちは。なんと、今日は夏日になりましたね(^^;

今回の記事を読んでいて、安冨歩さんの「生きる技法」という本を思い出しました。
自立、貨幣、自由などについて書かれていて、
安冨さんはこの本の中で、「自立とは依存すること」とおっしゃられていましたね。

私の田舎の祖母は半自給自足な生活です。
(電気・ガス・水道は引いてます)
野菜をたくさん作っていて、親しい人たちと物々交換してます。
子供や孫に野菜や山菜をあげると、それが肉やビールに代わってかえってきますし(^^)

私も祖母の暮らしにあこがれたりもしますが、
私には祖母のようなネットワークを構築する能力はないので無理かな~と(^^;

私は、寝太郎さんくらいの年齢で健康オタクになりました。
粗食、運動、夜更かししない、が基本ですが、
私が一番重要視しているのは精神の安定ですね。
やはり、心配事があったりストレスがあると体調に出ますね。
とくにお肌に・・・

おばちゃん #02S5XAik | URL
2014/05/31 17:49 | edit



書き込めるということは、意見が欲しいと察します。

歳を取るにつれていろいろとごまかしが効かなくなってくる

→将来に対して不安になるのは世界の生物上「人間」だけであり、圧倒的少数派である。
→99%以上の動物は、「食」「寝」の2つを確保し「生活」している。
→人間も「食」「寝」が確保できれば最低限を確保できる。
→これは「マズローの欲求段階説」と同じ解である。
→人間が「食」「寝」以上のものを求めるのは「パンセ」に言わせれば「考える葦」であるからだ。
→それ以上を求めるのは「欲望」があるかである。
→欲望の克服が幸せへの近道であると考える
→つまりお金持ち=幸せという考えは完全に否定したい

1ゲト #mQop/nM. | URL
2014/05/31 16:06 | edit



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2014/05/31 16:04 | edit



コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

著書

カレンダー

カテゴリ