寝太郎ブログ

2月10日文庫本発売→『自作の小屋で暮らそう: Bライフの愉しみ (ちくま文庫)』

極寒のエアコンドミトリーでウィンドブレーカーを着て寝る  


はぁ、何しに来たんだろう。町歩きとか、登山とか、熱帯雨林とか、野生動物とか、先住民族とか、全然興味ない。もう「アクティヴィティー」っていう単語が既に大儀。ダイビングもなんか、面倒くさい。

まだ24時間いただけで、第一印象と先入観とメディア情報の織り交ぜでしかないのだが、ボルネオ(コタキナバル)はおそらくイスラムの影響もあってか、あんまりはっちゃけた所がなく、タイやフィリピンと比べて不健全な感じがしない。旅行者に関しても同様の印象である。遊びたい、放蕩したいって人はここには来ないだろう。

その分、落ち着いているというか、何もないというか、普通の町というか、まあ一応観光業は発達しているが、空港からバックパックを担いだ気の弱そうな日本人が一人で出てきても、客引きに取り囲まれるなんてことは一切なかった。

様子がわからないのでとりあえず、一日目の宿は必要な部分だけコピーしてきたガイドブックに載っている安全パイで。ドミトリー25RM(≒750円)で、どこもこんなものなのだが、一日750円減っていくと思うと、とても長く居ようという気にはならない。

宿の売りはドミトリーにエアコンがあることらしいのだが、効きすぎていて冷蔵庫で寝てるみたい。僕も隣のヨーロピアン女性もウィンドブレーカーを着て寝る始末。これからはエアコンドミは避けたい。

早く、一泊300円くらいで、近くにおいしい屋台が集まる場所があって、無料Wi-Fiが繋がって、静かで、山と海が見えて、町が旅行者スレしていないドミトリーを見つけて、ゆっくり沈没したい。ボルネオ島には無さそうである。


* * *

・Summer Lodge (コタキナバルのゲストハウス)

P1050649.jpg

可もなく不可もなく。

P1050662.jpg

ドミトリー(エアコンのみ):25リンギ(≒750円)
空きベッドでスタッフも寝ている。

P1050660.jpg

パンとコーヒーの朝食付き。
バター、ブルーベリージャム、ピーナッツバターがあった。


・ごはーん

P1050652.jpg

P1050654.jpg

屋台でナシチャンプル(ぶっかけご飯)、5リンギ(≒150円)~
好きなおかずを指差して、ご飯の上に乗せてもらう。




このエントリーをはてなブックマークに追加

category: マレーシア

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

プロフィール

最新記事

著書

カレンダー

カテゴリ